2019.01.15

ミート キッチン ナツ でランチ

#神社酒場 に出展されていたお店は全部すごいクオリティだったので、一度行ってみたかった
#稲枝駅 下車して #ミートキッチンナツ で #ランチ デビュー!
私はハンバーグ、下にマッシュポテト。連れの方はグリルチキン。
サラダ、フォカチオ、ドリンク付で確か1600円、スープは別注で200円
メインのお肉料理はもちろん、サラダがまた美味しい!地元野菜を使っているそう。レンズ豆やら、キヌワやら。サラミもあるし、前菜代わりになりました。お休みの日なので、グラスワインも飲みました。

あー、大満足(*´∇`*)

ミート キッチン ナツ 
住所
















iPhoneから送信

|

お休みの日の八幡掘

#滋賀県 #近江八幡市 #八幡掘
いつもは仕事なので観光できない近江八幡市、おやすみの日にやって来ました。
新しくできたという #TwoRabbits   ブリュワリーへ行ってみたら開いてないΣ(゚д゚lll)
そこで、酒屋さんで #長濱浪漫ビール を買って #八幡掘 でコロッケ買って食べました!
絵になるー!










iPhoneから送信

|

2019.01.14

松吉で新年会

松吉で新年会
松吉で新年会
松吉で新年会
松吉で新年会
松吉で新年会

先日は仕事先での新年会で
#草津駅前 #松吉 さんの飲み放題付プランだったのですが、

#日本酒 ラインナップが #滋賀酒 オンリーで感激!

#松の司 純米造り
#浅茅生 特別純米
#福のしずく 純米吟醸
#一博 純米
#笑四季 特別純米(センセーション黒 生うすにごり)

#草津駅前 #松吉 さんでの新年会、

ボスが #笑四季 #センセーション黒 生 うすにごり を気に入って、ずっと飲んでくれた!

いつも焼酎一点張りなのに。

うれしい!

|

2019.01.10

夕鶴で新年会

初仕事は、理事会で、その後は移動して、守山駅から近い夕鶴さんで新年会でした。
2018年滋賀県きき酒選手権優勝された大将のお料理は、美味しくてお酒が進みます!
さすがです!見てもキレイ、食べたらお酒を呑みたくなる!
滋賀酒は、 #唯々 #七本鎗 #初桜 などいただきました( ^ω^ )
秘蔵品 #松の司 前杜氏瀬戸さんのお酒に感激!
大将の山本さん、お母様、本当にありがとうございました!

















iPhoneから送信

|

2019.01.09

朝市のお酒選び 多賀へ

朝市のお酒選び 多賀へ
朝市のお酒選び 多賀へ
朝市のお酒選び 多賀へ
朝市のお酒選び 多賀へ
朝市のお酒選び 多賀へ
朝市のお酒選び 多賀へ
日曜日は、浜大津こだわり朝市のお酒選びのために多賀さんへ。

彦根から近江鉄道で多賀大社前まで行き、そこから多賀の中川さんにツアーコンダクターのようにご案内いただきました。

蔵に着くまでは、自然観察会的なお話や歴史の説明などをしていただいて、盛りだくさん!

そして蔵の内部も機械も見せていただいて、銀色にそびえる巨大なタンクにも十数何ぶりに登らせていただきました!

それから試飲して、大人気の「お多賀さん」活性にごり、「多賀しぼりたて」「多賀秋の詩」、そして古酒「大老」に決定しました。

にごりは、しつこくない上品な甘さがあり、舌ざわりはシルキー。香りはライチのようで、ヤバいです!

私はお約束、飲み過ぎましたよ!

お酒を決めた後は門前町で鍋焼きうどんを食べ、多賀大社にお参りして、恋みくじをひき、お酒を買って帰りました。

中川さんには、ずっと多賀ツアーの案内をしていただいて、すごく楽しかったです!ありがとうございました!

浜大津こだわり朝市は、1/20(日) 8:00-12:00、京阪びわ湖浜大津駅そばで開催です。

試飲販売しますので、温かい服装で朝酒を楽しみに遊びに来てください!

お問合せは、大津市小川酒店へ

|

2019.01.03

からり で焼き鳥

からり で焼き鳥
からり で焼き鳥
からり で焼き鳥
からり で焼き鳥
からり で焼き鳥
お正月、東京の神楽坂にある、からりさんで焼き鳥を。

こちらの日本酒ラインナップも半端ないんです。

下敷きくらいのクリアファイル1枚、表裏に並んでいます。

初めての「而今」「花陽浴」。
どちらも今年の新酒らしく、また、無ろ過生原酒でした。

予想よりもがっつり甘いし、キレイ過ぎない飲みごたえあり。

ただ、滋賀酒がないのが残念でした(;ω;)

|

雨垂れ石を穿つ デビュー

2018年も押し詰まって、東京の日本酒バー 雨垂れ石を穿つ さんに伺いました。前からツイッターで交流があり、一度伺いたいと思っていたので、うれしかったです。

なにしろ、滋賀県高島市の福井弥平商店さんの酒「雨垂れ石を穿つ」と同じ店名なのですから気になりますよね。

日本酒は嫌いだったというマスターは、今はもちろん日本酒推し。

酒のメニューは無くて、お客さまにヒアリングして好みのお酒を出すスタイル!そんな、結構難易度高い(店側にとって)……。

私はお任せで出していただきました。

お酒は、ワイングラス、ショットグラスで量を選べます。

私はショットグラスで少しずつだったので、たくさんの種類を飲むことができました。

お通しは、黄身漬け、他におでん、ペッパーポテト、締めに禁断のカルボナーラライス!こんなカロリーが高いもの、あかんやん?

と言いながら全て食べてしまいました😅

後を引く味!

雨垂れ石を穿つ 日本酒BAR
http://www.tabinowa.com/shoku_tokyo/13037_nihonshubar_001.html




















|

初めての にほん酒や

2018年も押し詰まって、前から伺いたかった東京の、にほん酒やさんデビューできました!

東京の飲み友達にお付き合いいただき、楽しい時間を過ごすことができました。

まず、器のステキなこと。盃台なんて初めて使いましたよ!盃をテーブルに直接置くとちょっと取りにくい。台の上に置いていると使いやすいのです。そんな文化もいまや廃れていますよね。

陶器のお皿には金継ぎが施してあり、風情があります。

箸置きやお盆は塗り物。

お酒もそのまま冷やして美味しい新酒から燗酒にして美味しいお酒、熟成酒まで。

お燗温度も良かったです!

お料理の野菜が美味しいし、ダシが美味しいからダシで飲める!

ありがとうございました!

た!

にほん酒や
吉祥寺北口吉祥寺第一ホテル奥路地










































|

2019.01.02

年越しのご馳走と 滋賀酒

年越しのご馳走と 滋賀酒
年越しのご馳走と 滋賀酒
年越しのご馳走と 滋賀酒
年越しのご馳走と 滋賀酒
年越しのご馳走と 滋賀酒
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!

今年も親戚の皆さまと、心尽しの年越しのご馳走と滋賀酒をいただきました!

#不老泉 備前雄町、山廃純米原酒、赤ラベル
#エレメンツオブライフ イチゴ花酵母 苺と一緒に♡

いつもありがとうございます!

2018を振り返って

というお題でお酒を選ぶのは諦め、出来事を思い出してみると

感謝の言葉を尽くしても、まだ足りないことばかりでした!

皆さまありがとうございました!

そして、楽しかった!美味しかった!

振り返りは、これで終わるわー^ ^

出版お祝いイベントも、何度も開いていただきました。

ツイッター上では、日本酒ラバーの皆さんとの新しい出会いがありました。

今年も滋賀酒応援の活動と情報発信と、自分自身楽しんで参ります。
また、別記事にて。

|

2018年、もうひとつのハイライト

2018年を振り返ってみて、『滋賀酒』本の出版ともう一つ、個人的ハイライトは、
#清算人 になって #解散 手続きを行ったこと。
理事してたNPO法人びぃめ〜る企画室は、数年間実質動いていませんでした。法的手続きができてなかったから、きっちり解散させました。
もともと解散するつもりだったけど、色々あり手続きが進まず放置されてて、
このままだと県から認証取消される危機!
代表理事と事務局長と3人協力して、総会を開いてみんなで解散を決議、私が清算人に就任。
それが7月。
年内に法務局に登記、税務署と県に届けも済みました。
あー、スッキリ!

ものすごく気持ちいいです。
びぃめ〜る企画室の活動は、今の私の基礎。日本酒にはまったのも、もとはびぃめ〜るの仕事で行った米原で、たまたま出会ったイベントに滋賀県酒造組合のブースが出ていたから!
ライター仕事も、びぃめ〜るの記事を書くことから始まりました。
みんなで力を合わせたら、子育て中の主婦でもいろんなことができるんだ!ということを実感しました。誇りを持って活動していました。
だから、びぃめ〜るが法人格を県から認証取り消しされるなんて、耐えられないことでした。
そこで清算人をかって出て、現在の勤め先の上司(飲み友達)に有料相談しながら解散の法的手続きを行ったんです。
官報の広告とかも、初めて。2018年のうちに完了できて、ホッとしています!今や、びぃめ〜るのみんなはそれぞれの道を歩んでいます。時々会って話したいな!

写真は猫と、東京のどこかの駅で見た猫です。





iPhoneから送信

|

2018.12.28

馬肉料理のホースマンでプチ忘年会

馬肉料理のホースマンでプチ忘年会
馬肉料理のホースマンでプチ忘年会
馬肉料理のホースマンでプチ忘年会
馬肉料理のホースマンでプチ忘年会
夕べは職場の上司と2人でプチ忘年会でした。会場に選んだのは、草津駅そばのエルティ932地下、ばんから横丁にある、ホースマンというお店。

最近出来たらしく、まさか馬肉料理のお店とは知らずにすぐに前を通り過ぎていました。

とにかく、馬刺しの階段盛りというメニューの写真に心をわしづかみされ、一番に注文!

霜降り、ロース、赤身など普通の部位はもちろんですが、右上の白い白子や、ハツ、馬レバーなど初めて食べる部位にびっくりしました。

白子は延髄。シルキーな舌触りと弾力性のある食感は癖になりそうです。レバーはコリコリとしてて甘い。

馬肉美味しいですね!

その上、滋賀酒もたくさん揃っているので、私達は大満足でした。上司(飲み友達)は、「金亀」白80があることで、特にうれしそう。

それから、「大治郎」山廃、「一博」「道灌」滋賀渡船6号など。熱燗もつけてくれるので更にうれしい!

野菜も卵、チーズも滋賀産だそうです。他のお料理も美味しかったです。

カウンターもあるし、駅前だし、ちょっと乗り換え時間にでも、使えそう。

幸せな忘年会でした。今日は仕事納め。頑張ってきます!

|

2018.12.27

事務所で忘年会

事務所で忘年会
事務所で忘年会
事務所で忘年会
そうそう、忘年会の報告をしてなかったです。14日の金曜日、仕事を終えてから事務所で忘年会を開催しました。

御近所のお寿司屋さん、ひさご寿司さんから仕出しを注文しておき、滋賀酒と。

一人前2000円プラス税で、伊勢海老、う巻きまで付いてて良かったですよ!

楽しかったなー!

|

2018.12.26

おゞ杉で鰻しゃぶしゃぶ忘年会

おゞ杉で鰻しゃぶしゃぶ忘年会

おゞ杉で鰻しゃぶしゃぶ忘年会

おゞ杉で鰻しゃぶしゃぶ忘年会

おゞ杉で鰻しゃぶしゃぶ忘年会

おゞ杉で鰻しゃぶしゃぶ忘年会

おゞ杉で鰻しゃぶしゃぶ忘年会

おゞ杉で鰻しゃぶしゃぶ忘年会

おゞ杉で鰻しゃぶしゃぶ忘年会

おゞ杉で鰻しゃぶしゃぶ忘年会
祝日の月曜日、夜は大津市のおゞ杉さんで忘年会でした。浜大津こだわり朝市の小川酒店とゆかいな仲間たちで。

メインは鰻しゃぶしゃぶ!これがどんだけ美味しかったか!

しかも、その前には鴨の鉄板焼きですよ。

1年間の締めくくりに相応しい内容でした。というか、感謝しかありまません。

また、来年もがんばろう!

おゞ杉(おおすぎ)
滋賀県大津市中央3-4-30
077-526-3824
定休日:日祝

|

2018.12.24

酔inで忘年会でした

酔inで忘年会でした

酔inで忘年会でした

酔inで忘年会でした

酔inで忘年会でした

酔inで忘年会でした
三連休の2日目、夜は石山駅近くの日本酒バー酔inさんの忘年会に参加しました!

席に座れるのは10人くらい。あとはスタンディングです。

私は前回の句会で寝坊したので、開始前に行き、無事着席できました。

それぞれ、お弁当を作ってくださっていたので、安心。美味しかったわー。

テンペの甘辛煮をおむすびに付けてあるのも、おいしい。

それと、ホルモンとコンニャクの白味噌煮も絶品。見事に熱燗が欲しくなる攻撃です。

お酒は年に一度のオール「広戸川」。どれも美味しかったー!時々燗酒ももらいつつ堪能しました。

お客さんはたぶん私より全員年下。若い日本酒ファンを育てるお店なんです。

酔inの皆さま、来年もよろしくお願いします!

|

2018.12.23

あひる父の酒武勇伝

今日はクリスマスイブイブ(って言うのか?)、岡山の実家の父の誕生日です。亡くなってから何年経つでしょうか。そうそう、あれは「酒と語りと醸しと私」イベントの第2回の年でしたから2011年だと思います。


とにかく父は酒好きでした。とにかく楽しくなりたいから飲む、酔いたいから飲むという感じで、味わう、嗜むというような上品な愛し方ではありませんでした。

そんな父の酒武勇伝を振り返ります。


(1)からみ酒

仕事から帰って来る時、かなり酔っ払っていたことも多く、帰宅すると子どもに「全員集合」命令が出されました。正座させられ、ねちねちとからまれて泣くまで許してくれませんでした。

そんな父のことを小学生の私は、担任の先生に提出する日記にこう綴ったことを覚えています。

「お父さんはとてもやさしいけど、お酒を飲むと鬼のようになります」。

って、ちょっとー、これ完全にあかんやつ!!

気を取り直して……。


(2)友達酒

とにかく父は普段は陽気で明るく、外面がよかったそうです。母は「お父さんは、会う人合う人『ワシの親友じゃ!』いうて、どんだけ親友が多いんじゃ?」と言っていたくらいです。

私が実家で部活動の同窓会をした時には、無関係なのに父が乱入してきて上機嫌で私の同級生たちと飲みまくったあげく

「今日はワシのために集まってくれてありがとう!!」と退場していきました。

いや、誰もお父さんのために集まってないから!


とにかく「今日は一緒に飲んでくれてありがとう!」「うれしいのう!」と繰り返す、誰とでも友達になる酒でした。


少し挽回!


(3)詩人酒

私がまだ中学生だった頃。

父は居間で一人で飲んで盛り上がっていました。

と、突然そばにあった硯に墨汁を注いだかと思うと、筆にたっぷりとふくませて襖に黒々と文字を書き始めたのです!

あっけにとられる家族一同。


漢詩もどきの七五調の文字が襖一面に書きつけられ、最後に「子らへの遺言」と締めくくられました。


それを見て母激怒。

「遺言なんて縁起の悪い!やめんさい!」

そこで父はあわてて文字を付け加え「子らへ遺す言葉」としました。


翌朝、起きてきた父は居間の襖を見て真っ青に。

「これはワシが書いたんか?」


そうです、父は自分が得意げに「遺言」を書きつけたことを忘れていたのでした。

この時の襖は、父の酔った時のしわざを戒めるため、古ぼけるまでずーーっと居間でそのまま使われていました。最初は圧迫感がありましたが、すぐに慣れて気にならなくなりました。その後、岡山を離れていると、いつの間にか新しいものに替わっていて残念なことに写真は残っていません。


まあ、こういうのはネタにもなるし許せる酒ですね。

|

«今年最後のホワイトボード・ミーティング 練習会