2019.12.08

土曜日の昼は 崇仁新町にて

Img_1052Img_1045Img_1043Img_1042Img_1040Img_1038Img_1037Img_1034Img_1033Img_1032Img_1027Img_1026Img_1024Img_1023

今年始まった、ツイッターの日本酒オフ会、あたらナイトの忘年会が夕方からあるので、一時に崇仁新町の屋台村に集合して0次会!

まずは、ばかぼんさんというお店の藁炙り寒鰤と牡蠣!日本酒は、にいだしぜんしゅ!

他の皆さんも、大ジョッキやクラフトビール、ちょぼ焼き5種(コンプリート)、唐揚げ、タイ風焼きそばとかを買ってきて乾杯!

屋台の前にビニールで囲われた机と椅子があり、ストーブも燃えている、とても野趣あふれる場所。屋台も、別に本店を構えるところも多く本格派のつまみや料理が出されています。

お酒もいい感じ!

ただ、残念ながら来年8月までの営業で、跡は大学になるんだそう。

京都駅から徒歩数分。乗換え待ちの時間を利用して一杯楽しんでください!

|

2019.12.06

今月の浜大津こだわり朝市は「北島」です!

Img_0856Img_0871

日曜日の午前中は、浜大津こだわり朝市のお酒選びで、湖南市の北島酒造さんに伺いました。

もちろん酒造シーズン真っ最中。蔵の中も見せていただきました。

タンクの中で、フツフツとわいているお酒のもろみ。、玉栄・吟吹雪・みずかがみ、3種類ある中から、朝市の日に一番よい状態のものを北島社長さんに選んで、活性にごりとして特別に出していただきます!

そして、残り2種類は、滋賀県では珍しい酒米「愛山」のきもと 70%精米歩合 生 30BY

そして、きもと 杉山 #玉栄 50%精米歩合 瓶一回火入、こちらは29BY

生酒と火入れ、どちらの魅力も楽しんでいただけます!

今月の浜大津こだわり朝市は、12/15(日)朝8時から12時まで、京阪びわ湖浜大津駅すぐのスカイサーカスにて!

詳しくは、大津市の小川酒店までお問合せください。


iPhoneから送信

|

2019.12.02

酔in俳句酒会 浮御堂吟行

Img_0903Img_0905Img_0910Img_0914Img_0916Img_0919Img_0923Img_0928Img_0934Img_0936Img_0944Img_0948Img_0952Img_0954Img_0959Img_0962Img_0969Img_0964Img_0972Img_0973

日曜日の午後からは、浪乃音酒造社長の中井社長さんが先生で、石山の日本酒バー酔inさんが主催の、酔in俳句酒会で吟行に参加しました。

 

浪乃音酒造町営の鰻屋さん、余花朗(よかろう)に集合して、裏手の門から琵琶湖湖岸へ出て、歩いて浮御堂まで。

 

とてもうららかな日で、寒さも厳しくなく、日向ぼっこしながら句を詠みました。

 

風はあるものの、浪も穏やか。水鳥が数多く浮かんで鳴き交わしていました。

 

今回は七句を投句。頭を抱えながらなんとかひねり出しました^_^;

 

↓これは中井先生に選んでいただけた句です
裏木戸を潜りて鳰の湖に出る 亜陽留

 

余花朗の裏手の門を出ると、昔はすぐに琵琶湖だった、と聞いて、昔の堅田の街を思い浮かべて詠みました。

 

集中して選句し、句会が終わると既に日はとっぷりと暮れていて、みんなで「浪乃音」を手に手に、浮御堂側の魚清楼さんまで歩いて行きました。

 

こちら、昭和の料理旅館といった、趣のある建物。しかもお料理は中居さんが付いて調理してくれます。

 

今まで逗留した俳人のお話や、部屋からの眺めなど教えてくださいました。

 

鴨は、真っ赤で、鉄分豊富な味。お肉が、まるでレバーのようでした。

 

鍋は、芹とネギが中心で、白菜は入りません。出汁の味は、醤油をあまり感じませんでした。

 

「浪乃音」荒走りとにごりが、無敵!

 

美味しかったーー!

 

中井先生、酔inのこまっちゃん、ありがとうございました!

 

次回は、大津市の蘆花浅水荘(ろかせんすいそう)に行こう!と盛り上がりました。楽しみです!

 

|

2019.11.27

早くチュールをくれなのだ!

Img_0682Img_0687

いきなり肌寒くなって、連続クシャミと喉の痛みを感じる今日この頃。

やはり温かい猫をもふもふしたいものですね。でも、猫は、そう都合よく近寄ってきてくれません。

そんな時、頼りになるのはチュール!

ほら、こんなに見つめてくれます!

ほれほれ!

|

2019.11.25

『近江の能』琵琶湖クルーズ報告

Img_0529Img_0534Img_0535Img_0538Img_0544Img_0554Img_0558Img_0574Img_0578Img_0587Img_0592Img_0600Img_0614Img_0618Img_0624Img_0626

昨日の午後は、大津港からmegumi号で白髭神社沖まで行き、帰って来るクルーズに。

船中では、『近江の能』の著者井上百合子さんによるお話、写真を担当された辻村さんのお話を拝聴しました。そして更に井上さんによる白拍子の舞を、笙の演奏とともに拝見しました。

白髭神社は湖上に鳥居があり、ちょうど夕暮れ時のタイミングで、舞の背景で金色からオレンジ、そして灰色、黒と変化する空と湖面を見ることができました。

天気予報では雨と言われていたのに、何という絶妙なタイミングでしょうか。

白髭神社の神様に祝福されていることを感じる時間でした。

その後は、お弁当と滋賀酒で交流。私の仕事は『近江の能』に因んだ滋賀酒を選び、皆さんにお酒のお話をすることでした。

まあ、乾杯の後でしたからあまり皆さんお聞きくださってない感じでしたが(^^;)

大津港に帰港した時にはとっぷりと日も暮れて、花噴水がキレイでした。

|

2019.11.19

朝市「不老泉」完売御礼!

Img_0341Img_0342

この前の浜大津こだわり朝市は、「不老泉」四種を扱わせていただきました。

 

朝早くからファンの皆さまが詰めかけ、黒いオリ酒をお買い上げ!

 

その後もお客様は途切れず、11時半には、試飲分も売り切ってしまいました!

 

お忙しい中、上原社長さんもおいでくださり、ファンと熱く語り合ってくださいました!

 

皆さまご来場、お買い上げ、ありがとうございました!

 

来月は、北島酒造さん、来年1月は笑四季酒造さんです!ご期待ください!

 

|

2019.11.16

明日の朝市は、上原酒造「不老泉」!

Img_0175Img_0183Img_0171Img_0165

2019/11/17日曜日は、浜大津こだわり朝市!

今回は、上原酒造「不老泉」です。
いうものように美味しいお酒をばかり!

績社長さんも応援においでくださいます!

山根杜氏の真っ黒なオリは、なかなか出ません。これをピッチピチの新酒に数的落として、ブレンドするなんてお楽しみはいかがでしょう?

雄町の酒はありませんが、お待ちしています!

是非

|

近江の地酒を味わう船旅のお誘い

75237537_3105540106187894_15566249111899

秋なのでイベント目白押し!

 

でも、滋賀県ならでは文化の香りとお酒の味わいがてんこ盛りな船旅は、これだけ!

 

実は、あひるも乗り込んで、滋賀酒をご紹介することになりましてん。

 

今回のテーマは「能」!『近江の能』や、ほかの能にちなんだ滋賀酒を選んで味わっていただきますよ!

 

なにしろ、能のことは井上由里子先生に直接お聞きできますから、いつもとは違う、文化の香りが濃厚なお酒の味わいになりそう!!

『滋賀酒』本の写真をご担当いただいた、カメラマンの辻村さんもご登場!

ご一緒に、湖から白鬚神社の鳥居を眺め、白拍子の舞を堪能!と、空前絶後のロケーション&シチュエーションなのです。

 

 

近江の地酒を楽しむ船旅「白鬚神社沖で舞う白拍子と著者トークショー with 和風弁当・和菓子」

FAXもしくはE-mailでお申し込みください。
FAX:0749-23-7720 E-mail:info@sunrise-pub.co.jp

Img_0328

 

 

 

|

2019.11.05

アキサイ

Img_0041Img_0059

日曜日は、大津駅前でアキサイでした。飲食店ブースと滋賀酒ブース、ステージでは歌や踊りで大にぎわい!

人気者のお姉様の場内レポもあり、蔵元様たちがドキドキでインタビューされてました(^ ^)

ご来場の皆さま本当にありがとうございました!

お忙しい中おいでくださった蔵元の皆様、お疲れ様でした!

今年度も美味しいお酒をよろしくお願いします!

|

2019.11.04

小谷城歴史博物館へ

Img_9987Img_0001Img_0004Img_0006Img_0010Img_0011Img_0013Img_0016Img_0019Img_0026Img_0028Img_0029

土曜日は休日出張で、長浜市へ。そこで近くにある小谷城歴史博物館に行ってきました。

小谷城は、先日NHKBSでやってた歴史番組で紹介されていたところです。山全体が要塞だった、難攻不落の城。城主は浅井長政。でも、敵対する織田信長が向かいの山田山に城を築いて攻め落とした、とのことでした。

険しい小谷城に登城するつもりもなく、そのふもとにいるだけで充分でした。熊が出没するとお聞きしたし。

秋晴れの空は怖いくらい青でした。

博物館からのバスはなく、最寄りの河毛駅まで歩いて行くと、駅前には長政とお市の方の銅像が、小谷城の山を背に座っていました。

|

«秋の山に出張