2019.10.10

酒ディプロマ二次試験終了

Img_8937Img_8938Img_8939

昨日はお仕事を休んで、京都に。酒ディプロマの二次試験を受けてきました。

結果はまだ先の発表ですが、敗北感に包まれて帰宅し、すぐに夕食と晩酌開始。早い時間から寝ました。

山を張っていたところが全部外れ、筆記試験は散々。テイスティングは、簡単な問題と思われるお酒を、考え過ぎて大外し。

勉強してなかった自業自得の結果です。

来年はまじめに勉強して合格したいです。

写真は、試験会場前の二条城の門。

|

2019.10.07

銀杏堂 「不老泉」を楽しむ会 終了!

Img_8858Img_8861Img_8862Img_8865Img_8857Img_8854

土曜日は、東京の銀杏堂で「不老泉」を楽しむ会でした。

 

一部二部とも、ちょうど定員くらいで、蔵元の上原社長さんとしっかりお話できる贅沢な時間を過ごしてくださいました。

 

初めてのこととあって、店長はお料理を作り過ぎ、一部も二部もめっちゃタップリ! ※ここに載せているお料理の写真は、終わってからのお疲れ様時のものです。

 

こんな会は、きっともうできないでしょう (^_^;)

 

さすが「不老泉」ファンの皆様、ガンガン生酒でもお燗つけましたし、ロックで飲む方も。

 

「亀亀覇」生は、20年くらい冷蔵庫の後ろの方にあって、ついこの間冷蔵庫が壊れて見つかったもの。驚くほど熟成香を感じない、メイラード反応もほとんどない!美魔女的なお酒でした。

 

ご参加くださいました皆様、滋賀からおいでくださった上原社長様、本当にありがとうございました!

 

今後とも、「不老泉」と銀杏堂をよろしくお願いします!

 

 ▼酒肴 銀杏堂

|

2019.09.30

秋の句会

Img_8599Img_8602Img_8604Img_8606Img_8607Img_8610

昨日の夜は、浪乃音酒造社長中井汰浪先生と句会でした。

この夏からの渾身の五句を持って臨みましたが、ほとんど取ってもらえず、ちょっとがっかり。

でも、そんな句の話などしながらの「浪乃音」純米大吟醸、ひやおろしと「忍者」ひやおろしは最高に美味しい!

会場は膳所のノミビョウタンさんで、お料理も最高!

次回、吟行と忘年会の予定も決めて、ご機嫌で帰りました。

汰浪先生、ご参加の皆様、ありがとうございました!

|

2019.09.29

秋の景色

Img_8551Img_8550Img_8548Img_8567Img_8578

彼岸花、サツマイモプリン・アラモード、比叡山の夕焼け。

すっかり秋になりました!

|

2019.09.25

小蔵元の会 「浴衣で日本酒」

Img_8283Img_8286Img_8289Img_8288Img_8294Img_8301Img_8304Img_8280

土曜日の午後は、大津駅カレンダーさんで、「浴衣で日本酒」に参加しました!

 

主催は、小蔵元の会。甲賀市の安井酒造場さん、長浜市の山路酒造さん、草津市の古川酒造さん、大津市の平井商店さん、という四蔵元合同の試飲会なのです。

 

カレンダーさんのおつまみ、洋食ですが、日本酒にも合う!

 

特に、生チョコレートっぽいお菓子が、古川酒造さんの「天井川」純米吟醸、大吟醸にナイスなペアリングでしたー?

 

いつもの日本酒女子と一緒に、お酒とおつまみと蔵元さんとのお話を楽しみました!

 

小蔵元の皆様、お疲れ様でした。お酒も美味しかったです☺️

 

|

2019.09.19

湖北出張

Img_8246Img_8248Img_8252Img_8257Img_8260Img_8262Img_8267Img_8268Img_8269Img_8273

先日、滋賀県の北のほうに位置する長浜市の山の中に出張しました。

森林や湿地の環境保全活動の取材でした。お天気もよく、緑に囲まれてとっても気持ちのよい場所でした。

取材が終わったら昼食を食べに、道の駅あじかまの里に連れて行っていただき、焼きサバ寿司定食をチョイス。

お土産売り場を見ていると、ビワマスの天日干し!半身で900円。やったー!買って帰りました。

電車は1時間に一本。長浜駅まで車で乗せてくださる途中、山路酒造さんにも寄ってくださいました。

「北國街道」生酒300CCを購入しました。

午後は出勤して仕事をしてから帰宅。すぐにビワマスを焼き、「北國街道」を飲みますと、やっぱり美味しい!

ビワマスは鮎の子どもを食べるのだったか?いや、川エビだったか。とにかく、美味しいものを食べているので、身が に脂がのって美味しくなるんですよね。

食べ過ぎてしまいました。ビワマスは、半年くらい食べなくていいかも。まあ、もう禁漁期間に入っているんですが。

|

浜大津こだわり朝市「浅茅生」ありがとうございました!

Img_8123Img_8124Img_8125Img_8126Img_8127Img_8129

9月15日日曜日は、浜大津こだわり朝市でした。

翌日が東京での滋賀地酒の祭典なので、テーブルで朝酒を楽しむ常連の皆様の姿が少ない、ちょっと寂しい感じでした。

でも、たくさんのお客様がおいでになり、蔵元杜氏の平井弘子さんがつけてくださったお燗を喜んでくださいました。

9月13日は、鶺鴒鳴。こんなに早く新酒ができるなんて!

また、原酒は少し加水したものと味を比べていただいて、とても面白い!とおっしゃる方も。有り難いことです。

皆さま次々お買い上げ!

次第に酒造シーズンが近づいてきました。ますます日本酒が美味しい季節の到来ですね。

来月も浜大津こだわり朝市をお楽しみに!

|

2019.09.14

9/15は、浜大津こだわり朝市 「浅茅生」です

Img_7967Img_7970

明日日曜日は、浜大津こだわり朝市!

お酒は「浅茅生」平井商店さんです!

酒米違いの3種類
#みずかがみ 活性濁り 30BY
#滋賀渡船六号 特別純米 火入原酒 30BY
#吟吹雪 #無圧搾り 29BY

そして、みんな気になる 1BY #鶺鴒鳴 も、試飲のみできます

搾って間もない新酒なので、ぴちぴちの若さが楽しめます!

お酒の名前は、セキレイ鳴く。七十二侯という季節の節目、ちょうど9/13が当たるそう。

昨日、電車をホームで待っていたら、隣に立ったお客さんが、ハイセキレイ先輩。まさにシッポを振りながら「チチチチー!」だか、艶っぽい美しい声で鳴いたかと思うと電車には乗らず飛び去って行きました。

「ほんまに鶺鴒鳴くじゃんねー!」(いだてん、まーちゃん風に)と、一人でニヤニヤしていましたよ。昨日がぴったりだった訳で。

iPhoneから送信

|

2019.09.13

ホテルニューオウミ 伊ぶきでランチ

Img_8039Img_8016Img_8017Img_8020Img_8021Img_8023Img_8030Img_8031Img_8033Img_8035

仕事場の仲間女子と、ちょっと豪華なステーキランチに行きました。

場所は、近江八幡駅から歩いてすぐのホテルニューオウミ。高い階なので、眺めもご馳走です。

まず、バナナの冷製スープとサラダ。バナナの風味と甘さがあり、でもコーンスープみたいでもある。サラダのドレッシングが、エッジが効いている。

それから、サーモンのクリームチーズとイクラソース添え。生に見えるけどサーモンには、火が通っていて、柔らかくほぐれる。塩味もついていて燻製みたいな香り?

ソースと合わせると、お酒がワインが飲みたくなる。

ここで鉄板が熱せられ、シェフ登場。

付け合せ野菜を目の前で焼いてくれます。パンケーキ的な山芋、カボチャ、ズッキーニ、そして近江八幡らしい赤コンニャク。

ナイフとフォークで魔法のように手綱にされました。

次にメインイベント。牛肉が焼かれます。焼き具合を聞かれ、鮮やかな手つきで焼き、フランベ!
派手にフランベ!

盛り上がったら、一口大に切ってくれてお皿に盛ってくれました。

そう言えば、手元にはお箸だけ。ナイフ不要な状態にしてから盛り付けてくださっているのでした。

肉は醤油ベースのタレか、赤ワイン塩で、とのこと。

一切れを、ちょうど一口で食べました。噛んでいるうちに自然に食べてしまい、あっという間に3切れ終了です。

それから写真はありませんが、白御飯と味噌汁と漬物。

デザートはピンクグレープフルーツとパプリカプリン、そしてコーヒー。

はー、満足しました。
3500円

|

2019.09.10

ふくら 再び

Img_7929Img_7931Img_7933Img_7937Img_7938Img_7942Img_7948Img_7951Img_7953Img_7959Img_7961Img_7963

土曜日の夜は、京都のふくらさんへ「滋賀酒」本の配達に!

お店で販売してくださるのです。ありがとうございます!張り切ってサインしました。

その後は予約しておいたコース料理をいただきます。

4500円で、先付二品、刺身3種類、茄子と身欠き鰊と湯葉の炊いたん。

ここまででビールとお酒も飲んでいたのに、いきなり旬のもの盛込み!
普通は、最初に出てくるような肴がいっぱい!

また、お酒を注文しなきゃならなくなった……。

最後の一品は3種類から選べます。私は近江牛スジ肉のハリハリ鍋をチョイス。出汁がまた旨味たっぷり。

「七本鎗」無有のお燗

まさえさんは、燗にする前に、お猪口で冷や状態で出してから、お燗を出してくれます。この細やかな気配り、酒飲みの心をよーく知ってはる!

最初は私一人でしたが、すぐにほぼ満席に。大将の華麗なる調理の舞をしっかりと見せていただきました!

「滋賀酒」本、まだお持ちでない方はお食事がてらお買い求めくださいね?

お料理とお酒 ふくら
京都府京都市上京区上生洲町220-1 クリスタルハイツ 1F


iPhoneから送信

|

«お酒cafe petit * petit さんで二次試験対策