2021.05.18

5月の浜大津こだわり朝市ありがとうございました!

Img_2260Img_2272Img_2279Img_2274Img_2263Img_2262

5月16日(日)浜大津こだわり朝市は雨の中の開催となりました。終始風が強く肌寒いくらいでしたが、たくさんのお客様がおいでくださいました。

今回は 「多賀」と 「富鶴」の2種類。
どちらも素晴らしいお酒でした。
 

|

2021.05.04

5/16は浜大津こだわり朝市!

Img_1959

またまた、時間が経過してしまいました。Twitterばかりまめに発信してしまい、こちらがお留守ですみません。

 

3月も4月も浜大津こだわり朝市は無事開催され、盛況でした。ありがとうございました!

 

残念ながら、仕事や体調の関係であひるは欠席しましたが、5月は参加したいと思っています。

 

先日、5月のお酒選びが行われました。(あひる欠席でした(^_^;)
その様子は、小川酒店のブログにてどうぞ!今回は2蔵元さんです!

 

 

①「富鶴」中村酒造さん
https://ogawa-sakeshop.hateblo.jp/entry/2021/05/01/000000

 

②お酒選びの様子
https://ogawa-sakeshop.hateblo.jp/entry/2021/05/02/000000

 

③「多賀」多賀さん

https://ogawa-sakeshop.hateblo.jp/entry/2021/05/02/000000_1

 

多賀さんでのお酒選びの様子の記事は、まだのようです。

ぜひ、チェックしてください!

 

写真は4月下旬の彦根市、佐和山の写真です。輝く緑でした。

 

|

2021.03.20

明日3/21は浜大津こだわり朝市です!

Img_1156

桜もほころび始めた、明日3/21は
浜大津こだわり朝市

前回、笑四季酒造さん「笑四季」も大好評でありがとうございました!

今回は、北島酒造 さんです!

4種類のお酒の紹介は、小川酒店ブログでチェック!

#京阪びわ湖浜大津駅 そばで朝8時〜正午

居酒屋辻一さんが、「北島」との相性のよいお料理を販売してくださいます。それもお楽しみに♡

小川酒店ブログ↓

https://ogawa-sakeshop.hateblo.jp/entry/2021/03/20/080240


|

2021.03.08

『蚕のおくりもの』『漬物大明神』

Img_0754Img_0757

先日、岡山の実家に帰って来ました。

お墓参りも済ませて、福渡でランチして向かったのは画家、佐藤定先生のギャラリーでした。

うちの亡き父は、職場の同僚であった佐藤定先生と親しく、よく個展にも行っていました。

仕事を辞めて画家一本で、と決められた時に父は佐藤先生から一枚の絵を購入し、玄関に飾りました。私の物心ついた時には既にあったと思うくらい、長く飾ってあり、実家を取り壊すまで、家族やお客様を迎えてくれていました。今は新しい応接間に飾ってあります。

父も亡くなった今、私たちと佐藤先生のご縁は薄くなってしまったかに思われました。ところが、私のきょうだいが通う美容室で、美容師さんから佐藤先生の作品集を見せてもらい、その冊子を作られたのが佐藤先生の娘さんだと判明し、連絡を取ることとなったのです。

きょうだいは佐藤先生のことをよく覚えており、また実家の絵のことが好きだったので、私も一緒にギャラリーを訪問させてもらえることになりました。

私は佐藤定先生の作品を、実家の絵以外に見たことがなかったので、壁一面ほどもある大きな備中神楽の絵にはびっくりしました。ロシアに行った時の絵などもありました。

そして、絵本や紙芝居の絵もありました。そんな中に娘さんとの合作である『蚕のおくりもの』があったのです。


これは実際に娘さんのお子さんたちが育てた蚕のことをもとにした絵本で、文章は娘さん、絵は佐藤定先生というもの。うらやましい限りです。

千も二千もの蚕に与えるため、桑の葉を探して県内を走り回り、昔養蚕農家だった方に教えを乞いながら育てて、遂に蚕は繭を作ります。その繭から生糸を取り、糸を織ってマフラーにしたのだそう。

その間、二人の子どもさんの心の動きなどもエピソードを紹介されていました。生糸を取ることは、つまり命をもらうこと。卵から大切に育ててきたけれど、生糸を取るところで自らの手で殺さなければならない。

お子さんたちにとっては、生きることや命について深く考えたのではないでしょうか。

お祖父さんである、佐藤定先生の絵も、あたたかいタッチです。

思わず買わせていただきました。ちゃっかりサインもいただき!

そして、娘さんである小暮夕紀子さんの絵本をもう一冊。第十四回グリム童話賞大賞受賞作品『漬物大明神』は、絶賛発売中です。

こちらの絵は、まんさくさんの絵です。味わい深い筆遣いが素敵ですね。

主人公のおばあさんは、村1番の漬物名人。ストーリーは複雑ではありませんが、最後まで謎を明かさず、真実は闇の中なのです。なんとなーく、そうだったのかな?という終わり方なので、読み終えてからじわじわ可笑しくなりました。

ふくろう出版のオンライン書店で買えます。

同じく小暮さんの作品でかる、第4回林芙美子文学賞受賞作である『タイガー理髪店心中』にも、もしかしたら通じるテイストかもしれません。きょうだいか読んで、そう言ってました。

『タイガー理髪店心中』小暮夕紀子さん
朝日新聞出版

この本の装丁には、お父様の備中神楽の絵が使われています。それもまた魅力的。

実家に帰った目的は、昨年亡くなった母のお墓参りとアルバム整理でした。佐藤定先生も、父母も亡くなってしまいましたが、次の世代でも不思議なご縁で再び繋がりました。ありがたいです。


iPhoneから送信

|

2021.01.21

1月の朝市ありがとうございました!

Img_9764Img_9765

1月17日の浜大津こだわり朝市は、高島市の福井弥平商店さんのお酒を4種扱わせていただきました。

寒さも、覚悟していたよりはゆるく、お客様は途切れることなくおいでくださり、3種類が完売しました!

本当にありがとうございました!

来月は2月21日日曜日、「笑四季」の予定です。ご期待ください!

詳しい情報は、大津市の小川酒店さんにお問い合わせください。

|

2020.12.31

今年もお世話になりありがとうございました

Img_9594

今日は12/31、2020年最後の日。

よいことも悪いことも、いろんなことがあった一年でした。

たくさんの方にお世話になりました。本当にありがとうございました!

どうぞ、お元気でまたお会いしましょう。

喪中につき、新年のご挨拶は失礼いたします。

|

2020.12.22

喜楽長 朝市ありがとうございました!

Img_9538Img_9540Img_9551

今年最後の浜大津こだわり朝市、「喜楽長」の回は寒さほどほどの好天に恵まれて開催されました。

助っ人として喜多酒造さんからは喜多社長さん、麻優子専務さん、四家杜氏さん、営業浅見さんの4人が!総力戦か?という体制でしたが、有難いことにお酒が飛ぶように売れ、朝市スタッフも一緒にフル回転となりました。

4種のうち、2種がほぼ完売!
Inugaoさんの掛け声も

皆様、本当にありがとうございました!

どうぞよいお年をお迎えください。

来年1月17日日曜日は、高島市の福井弥平商店さんの「萩乃露」の予定です。どうぞお楽しみに!

|

2020.12.19

明日12/20は、浜大津こだわり朝市「喜楽長」

Img_9419Img_9424Img_9425Img_9426

明日の浜大津こだわり朝市は、喜多酒造「喜楽長」です。

恒例の活性にごりあり、市販はされてないらしい3年熟成斗瓶取り大吟醸あり、燗して美味しい渡船あり、希少な「六方」別誂えあり。

クリスマスや年末年始のために美味しいお酒を仕入れてくださいね!

喜多社長さん、四家杜氏さんも応援に来てくださるそうです。お楽しみに!

朝8時から正午まで、京阪びわ湖浜大津駅そばでお待ちしています!


|

2020.12.07

国友鉄砲の里資料館へ行きました

Img_9280_20201207174101Img_9281_20201207174101Img_9285Img_9356Img_9357Img_9359_20201207174101Img_9361Img_9360Img_9362Img_9363

お久しぶりにブログをアップします。

12/6の日曜日は、朝日とともに出発し、長浜市へ出張しました。

仕事はお昼前に終わり、それから歩いて国友鉄砲の里資料館へと向かいました。

岡山の父が元気だった頃に、この資料館に研修旅行で行ったそうで、それを急に思い出したのです。

父は社会科の教師でした。火縄銃を一丁持っていて、鉄砲伝来のことを教える時は学校に持参して子ども達に見せていたのです。

そんなことで、小さい頃から実家に火縄銃があるという、あまりない環境で育ったので、国友には以前から興味がありました。でも、行くのは初めてです。ずーっと昔に、滋賀第一酒造さんに取材に伺ったことはあります。近かったのです。

折しも大河ドラマ「麒麟がくる」で、光秀が国友村に行き、鉄砲を手に入れようとするシーンもありました。

そのせいか、えらく光秀を取り上げていて関連年表まで作られていました。

大筒、中筒、火縄銃がいろいろ展示してあり、実物を持つこともできました。

持ったら重い!とても軽々とは持てません。撃つのも力が必要ですね。

30分も見たら、もう外へ出て町をふらふら歩きました。

「星を見つめる少年」という像の本物を見ることができ、ちょっとうれしい。

それからバスで長浜駅まで帰りました。

一万五千歩は歩いて、くたくた。

ちょっとした県内旅行を楽しめました。

|

2020.11.01

10000人で乾杯達成と朝市完売の報告

Img_8418

今日から11月。先月のことを振り返ってみます。

10/10の10000人で乾杯プロジェクトは、見事初の10000人達成!

関係者の皆様、本当におめでとうございました!よかったー!今年は気持ちだけ関係者みたいになっていたので、心底ホッとしました。

たまたま、当日は大津駅前の直さんで、琵琶湖さかずき主催の3人で打ち上げをしながら乾杯プロジェクトに参加しました。本部からのライブ中継を見ながら、zoomでの画面をのぞいたりして。

テーブルで乾杯している写真を撮影されたのですが、翌朝の新聞記事になっていました。

そして、10/18日曜日は「不老泉」の朝市。お酒選びも朝市も、体調がイマイチだったのでお休みさせてもらったのですが、見事にほぼ完売だったとのこと。「不老泉の時はお客様が違う!」と小川酒店おーちゃんもうなっていました。

10000人で乾杯プロジェクトと浜大津こだわり朝市、どちらもご参加くださったお客様に御礼を申し上げます。本当にありがとうございます!

11月の朝市は、15日、初めての竹内酒造さんです!ご期待ください!

|

«10/18日曜日は、浜大津こだわり朝市 「不老泉」です!