この場所の空気が澄んでいるように見えました。

源頼朝が通りかかったとき、鞭で神社をさしたとかで、この名前がついたそうです。八幡様です。