八日市は万葉の「茜さす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る」の歌の地です。

その歌を現す壁画が駅にありました。