『平家物語』の義仲の最期で、主役の座を奪うかのように壮絶な最期を遂げてみせた武士。それが今井兼平です。粟津も、義仲寺も一駅、近い場所です。

大津市の石山駅のすぐ近くに、兼平の墓が子孫の手できれいに整備されています。

初めて、訪ねてみて驚きました。諏訪の子孫の方がここに「兼平庵」まで作っておられるのです。

あの物語が語り継がれる限り、兼平の武勇伝も消えることはありません。