2009.08.14

おじいちゃんのスプーン

 先日の帰省の折、祖父母の家の掃除をしてきました。祖母が先に亡くなるまで、二人で長らく寄り添って暮らしていたところです。今はオトンとオカンが暮らしています。 
 掃除中、祖父の持ち物のスプーンが出てきたので、二人の写真とともにもらってきました。
2009815sp2
 アルミ製、どう見ても手作りっぽいのです。軍隊の支給品とは、違うのではないかと思います。柄の裏には祖父の名前がカタカナで刻まれています。
 祖父はシベリア抑留からの帰国者です。もしかしたら、シベリア生活で使っていたものかもしれない、と直感しました。ただ、もう祖父に確かめることはできないのです……。
2009815sp1
 携帯電話より長い。形が日本的じゃない、どこかアジアかアフリカ的な印象を受けるのです。普通にお金を出したら買えるスプーンにはない存在感があります。ちょっと恐いくらい。
 
 柄の部分の左側に傷が多いのは、こびりついた食べ物をはがすためにカンカンと食器に打ち付けたからでしょう。祖父の生きていた時間がそのままこのスプーンに残されている気がします。まさに祖父の形見の品をもらったのですね。

 ネットで検索してみると、やはりシベリア抑留の間にはスプーンをアルミで手作りしたという記述が見つかりました。削り出したのかと思っていたのですが、鋳造する人もいたのだとか。もしかすると、舞鶴の市立引揚記念館に同じ作り方のスプーンが展示されているかもしれません。一度行ってみたくなりました。

 明日は敗戦記念日ですね。祖父のシベリアでの経験談をずーっと聞いてきたので、私にとって太平洋戦争はとても身近なものに感じられます。

| | Comments (0)

北海道QP

北海道QP
かなり変!(good誉め言葉)
QPの鼻がちょうど大雪山系か?

琵琶湖QPはもっとシンプルに変です(good誉め言葉)

北海道でも、たくさん買ってしまったらしい子どもからのQP便りでした。

| | Comments (0)

監獄QP

網走QP
北海道限定!

すげー悪そうなQPですね〜!
口のまわりにヒゲ描いただけで、こんなにイメージが変わるなんて。

| | Comments (0)

2009.08.10

京都に帰りました

雨雲を追いかけてバスは走り、空は暗かったけれど、雨には追いつきませんでした。
京都に帰りました
太陽の塔を見ながら。
京都に帰りました
東寺の五重塔は京都のシンボル。
京都に帰りました
渋滞に巻き込まれもせず大阪を抜け、予定通りの時間に京都タワーがお出迎えしてくれました(^-^)ノ~~

旅費は節約できたけど、
ちょっとしんどい帰省でした(*´Д`)=з

| | Comments (0)

2009.08.08

気分転換に香りを

 資生堂ばら園シリーズ、今度はボディソープを買いました。300ml入り1000円です。

 香り成分とうるおい成分は、シャンプー&リンスと同じ、ティーローズ・モダンローズとローズヒップエキス。だから香りは同じハチミツのような甘い香りです。もしかすると、この甘い香りがティーの香りなのかも。

 毎日何をしても汗だくsweat01になり、ストレスdownがたまってしまいますが、お風呂spaでローズの香りに包まれると気分が晴れます。
 
 気持ちが落ち込んだ時、こんな気分転換の方法をいくつも持っておくべきだなあと改めて感じています。

 お気に入りの香りは、あとローズマリーとラベンダーかな~。柑橘系もスッキリするからいいですね。

 気分転換の方法、香りの他にはなんだろう。軽く運動して悩みを忘れるのもいいのですが、自転車bicycleもウォーキングrunも頭でいろいろ考えながらできてしまうので、あまり効果がない。必死でヒルクライムfujiする必要がありますsweat01

 あ、湖岸で一心不乱に笛を吹く。これは結構ききます。妹には「悪魔が来たりて笛を吹くじゃ」と言われましたけどweep

 甘いものcakeを食べるのは、体重が増えて後でもっと憂鬱になるから、あまりよい方法ではないですねbearing

| | Comments (0)

2009.08.07

花火まであと何時間

 昨日と同じ場所に行く用事があり、大津港に面する施設へ。
200987kaijo1
 昨日よりも、もっとあわただしくなっていました。
 仮設トイレもずらりと並び、大きな照明もまさに立てられようとするところ。
200987kaijo2
 浴衣に甚平という勝負服に身を固めた若い二人連れ、グループなども、なぎさ公園に多数出陣していました。
公園には、色とりどりのシートが敷き詰められ、早くも場所取りの人が座っていました。
 大津市内の琵琶湖側には赤いランプを点滅させて流しているパトカーや、フル装備の警備員さんの小連隊が移動するところなど、ものものしい雰囲気が漂っていました。
 膳所駅からパルコへのときめき坂には、笑顔のカップルや家族連れが。うきうきした気分があふれていました。
200987kaijo3
 少し南に行ったところの建物の2階から見た大津港沖の花火発射場所。こんなものものしい島(それとも船?)から花火を上げるんですねえ。
 
 渋滞が始まらないうちに早く、とスクーターで急ぎ帰りました。雲が湧き風もある薄暗い午後です。

| | Comments (0)

2009.08.05

新潟ゆかりの武将QP

 子どもから、またまたご当地QP便りが着きました。今度は新潟で武将QPをゲットhappy01
Image097
 天下御免の傾奇者というキャッチの前田慶次、GACKTも阿部寛も演じた上杉謙信、愛を掲げる直江兼継の3種類。

 「花の慶次」のマンガ(原作小説もあるけど)、大河ドラマ「天地人」以前は、前田慶次も直江兼継もほとんど知られてなかったし、私も全然知らなかった。
 QPになるって、ステイタスやわ……。


| | Comments (2)

2009.08.04

資生堂ばら園

 『薔薇のパルファム』を書いた人が開発に関わったという、資生堂ばら園ブランド。本を読んだらどんな香りなのか知りたくて商品が欲しくなりました。いつも行くスーパーの化粧品売り場にもあるというのを知りさっそくこれだけ購入。
200984baraen
 シャンプー&リンス、バスエッセンス、オードパルファム、石けん。
 パッケージにもバラがふんだんにあしらわれ、フツーの人だとこっぱずかしくて買いにくいかも。しかし、バラ好き乙女(私のことか?)なら買うね!このイラストのバラはモダンローズじゃない、オールドローズ系なのheart01ほかにもいろいろそろったラインナップなのですが、一度にこれだけ買うのがやっとです。しめて7500円。
 高いけど、絶対2ヶ月くらいは楽しめるから、一回あたりはそれほど高くないはず。

 シャンプーとリンスは洗髪中、ハニー系の香りが感じられまるでばら園の中にいるみたいだし、洗い上がりにバラの香りがほのかに髪に残るので大満足。それとオードパルファムも、ほんま、バラの香りです。こういう香りがするバラ、実際にあるんですよ。うっとりしちゃいますheart04
 上品で、大人の色気を感じる香り。ちょっぴり甘さも隠れていて……。複雑というか厚みのある香りです。

インナービューティースペシャリスト(すごい肩書きだ!)の友野なおさんも、
「ローズは心や体に働きかけてくれるので、リラックス効果はもちろん、ホルモンバランスを整え女性らしさを高めてくれる嬉しい効果が期待できます。」と「ローズの美容効果」と題した記事を書いていらっしゃいます。ばら園の香りにも、こんな効果を期待しちゃう、あひるなのでした。


 石けんとバスエッセンスはもったいなくて未開封です。いつ使おう?

| | Comments (0)

2009.08.03

夏バテのきざし

 昨日、お昼ご飯に前日作っておいた納豆汁を食べたらその後気分が悪くなり……。
 納豆が傷みかけていたみたいです。

 それにしても、胃の調子がよくない。
 原因として考えられるのは、冷たいものの飲み過ぎです。
 
 やっぱり夏でも燗のほうが体によいようですね。


 

| | Comments (2)

2009.08.02

完全休養の土曜日

 昨日はあっという間に終わった土曜日でした。

 朝寝して夕寝するまで昼寝して、時々起きて居眠りをする

 というような……coldsweats01

 もともとよく寝る質なもので、疲れるとこのような休日の過ごし方をします。持病と折り合いをつけるには、本当に何もしない休養日を作る必要がある時期もあるんですよね。

 
 最近覚えたのは、アニメ。リアルタイムに見られないアニメも見られる動画サイトを教えてもらったので興味のあるタイトルをぽつぽつチェックしています。
 最初は「東のエデン」。次は「精霊の守り人」。どちらもよく作り込まれ、アニメならではの動きなど描き込みがすばらしい。「涼宮ハルヒの憂鬱」もね~。
 
 そんなアニメを見てたらすぐに日付を跨いでしまいます。

 お酒とは別に個人的なテーマを追うための本も読んでいます。意識しなければ素通りするかもしれないけれど、一旦注目すると、知らない世界は広大で深淵なことに気付きます。いくら本で読んでも単なる情報でしかないのですが。変革が必要なのに。
 どうやったら自分の実生活に生かすことができるか。それも大きな課題です。

 エビスビールをロックでbeerそんな雨降りの夜です。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2009年の目標へ歩き出す | 2009年スクワットと笛 | 「酒と語りと醸しと私」2011 | 「酒と語りと醸しと私」2012 | うちごはん | うちごはん2 | うちごはん3 | うちごはん4 | おいしいもん | おいしいもん2 | おいしいもん3 | おいしいもん4 | おすすめサイト | お店 | お店2 | お店3 | お弁当 | これからのイベント情報 | ちくわ笛奏者への道 | びぃめ~る企画室 | よいかも会 | アニメ・コミック | イタチ科 | イベント | グリーンコレクション2007 | グルメ・クッキング | トリさん | バラの魅力 | ビール | ランチ | 上原酒造2006年山廃モト | | 子ども | 岡山 | 旅行・地域 | 日本酒全般 | 日記1 | 日記2 | 日記3 | 日記4 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 本日の体組成 | 東日本大震災 | 池本酒造 米から酒まで2007 | 滋賀の地酒 | 滋賀の地酒【中部】 | 滋賀の地酒【湖北】 | 滋賀の地酒【湖南】 | 滋賀の地酒【湖東】 | 滋賀の地酒【湖西】 | 滋賀の地酒【甲賀】 | 滋賀の日本酒BOOKへの道 | 滋賀産ふんどし | 琵琶湖 | 甘いもん | 生き物 | 田んぼと畑 | 盆踊りプロジェクト | 看板 | 県外の地酒 | 着ぐるみを作る | 空日記 | 縫い物 | 能管 | 自転車 | 草花 | 調味料 | 酒と肴の相性 | 酒と語りと醸しと私2013 | 酒肴日記  | 音楽 | 顔出し看板BOOKへの道