« February 2003 | Main | April 2003 »

2003.03.31

eまち滋賀「びわ湖かもかも亭」閉店


 ハンドルネーム「ミコ」で出ておりました、
 電子市民会議室「びわ湖かもかも亭」、
 本日をもって閉店いたします。

 7月にオープン?
 それから半年くらい、よく続いたものです。
 結構別キャラになって楽しんでました。(笑)

 日本酒について、
 いろんな情報を普通の人に見てもらいたい、
 話題提供したい、
 という思いでがんばってきました。

 日本酒好きな方でなくても、
 お酒を楽しめるってことを伝えたかったし、
 いろんなイベントも行われてることが
 あまりに知られてないこともあったし。

 少しは日本酒について広報できたでしょうか。
 あと数十分で終わりです。

| | Comments (0)

2003.03.30

もうすぐ桜が!


 ぽっかぽかの日曜日の午後。
 「びぃめ~る」31号の配布に走りました。
 市内の桜は今しもほころびようとする
 薄いピンク色。
 
 なーんか、わくわくしてしまいますね。

 同じ市内なのに、ちょっと坂の上になる
 県立図書館あたりの桜は、
 まだ固いんですよ。

 文化ゾーンは家族連れでにぎわっていました。
 遊ぶ人の多い芝生のふちに植えられている
 ボケの赤い花とアセビの白い花が
 隣り合わせに咲いていました。

| | Comments (0)

2003.03.29

ちょこっと模様替え

 自己紹介、酒川柳、日本酒メモに
 少し画像を入れて見やすくしました。

 酒川柳のコーナーは、かわいくなったかも~。
 自画自賛(笑)。


 今日は、知酒聞酒の会。
 すご~く行きたかったけど金欠病です。
 
 仕事しなくては~。

| | Comments (0)

おうむ亭 花の宴 おいしかった

 京都のおうむ亭で ワンポイント料理教室&お酒の会。
 テーマは花です。

 さすが、マスターのお料理は
 バランスがよくて味がビシッ!と
 決まっています。
 見た目も美しいし、大満足。

 そして、滋賀の花のお酒としては
 川島酒造「花のある郷(さと)」吟醸
 増本酒造「薄桜 純米」
 美冨久酒造「初咲き」本醸造
 池本酒造「花見酒」純米
 吉田酒造「花嵐」「雪花 吟醸純米 にごり酒」
 
 県外:
 出羽桜酒造「出羽桜 出羽燦々誕生記念本生」純米吟醸

 「花嵐」と「出羽桜」は吉田酒造さんとおうむ亭のママさんより
 ご寄付いただきました。
 どちらも、おいしいスペシャルなお酒でした。
 ありがとうございます!

 そして、今回ある意味目玉になったのが
 鳥取の諏訪酒造「花酵母造り」たんぽぽ、ばら、あざみ。
 花からの酵母でもお酒が造れる、
 すごい実証ですよね。
 本格酒飲みにはあまり受けない味ですが、
 雰囲気は華やかでいいし、日本酒嫌いの人向けかも。

 ということで今度は6月です。
 お楽しみに!
 

| | Comments (0)

2003.03.28

ツーリング気分で買出し


 昨日は、お天気もよさそうだったので
 バイクで買出しに。
 琵琶湖大橋を渡り、161号線をひたすら北上。

 高島町「萩乃露」さんの並びの
 「びれっじ」にある「シャムロック・カフェ」でランチ。
 しゃけのムニエル、サラダ、ご飯、
 一口寒天、デミタスコーヒーがついて780円。

 それから旧道を走って安曇川町、新旭町を通過。
 蔵のような立派な家並み。
 「松の花」さんへ寄りたかったのに。

 今津町で「琵琶乃長寿」さんへ。
 お目当ての季節商品をGET。
 
 それからマキノ町の海津まで。
 今津浜のそばを通ったら、
 さすがに湖の冷気をまともに感じて寒い。

 「竹生嶋」も大吟醸まで新酒が出揃っていました。
 奥様とひとしきりイタチ話で盛り上がっていると
 専務さんが「お花見クルーズ」のチラシ。
 6000円でお得!

 写真は、海津大崎のようすです。
 まだまだ桜は咲きそうにない雰囲気。

 帰り道、今度は違う道を通ると、
 無事に「松の花」の川島酒造さんに到着。
 すぐに見学を申し込むと、
 一人だけにも関わらず、
 気持ちよく案内してくださいました。
 
 あとは南下するのみ。
 車の流れに乗れば早い早い、でも途中で必ず道路工事。

 琵琶湖大橋を渡ると、空気は暖かいのですが
 春一番を思わせる強風。
 とても湖岸道路は通れず、さざなみ街道へ。
 
 うちに帰って顔を拭いたら真っ黒。

 さて、昨日私は何種類のお酒を買ったでしょう?

| | Comments (0)

2003.03.26

バイクはつらいよ


 午後から、能登川町めざしてバイクで出発。
 ちょっと春めいた風の中、順調にすべりだしたものの、
 道路工事とダンプの多いこと!
 国道の車の脇をすり抜けるのが
 しだいに苦痛になってきました。

 8号線に入って「まだ先は長い・・」と思ったとたんに
 自動的にハンドルを切って 
 サイゼリアに入ってしまいました。
 
 熱々カプチーノと焼きたて生ハムフォカチオで
 ティーブレイク。ふぅ。

 日差しは春めいていても
 まだ風は冷たくて、骨身に染みるんですね。
 つい薄着をして走り出したものだから。
 店を出たらUターン。

 ということで、「薄桜」は、うちから
 電話で注文したのでした。とほほ。

| | Comments (0)

2003.03.25

USJで絶叫ダイエット? CATV下見でぐったり


 話のネタに、と遅まきながら初めてUSJへ。
 アトラクション5つ回ってパレード見て
 楽しめました。

 ウォーキングものべ3時間くらいは歩いたような。
 プラス「ジュラシックパーク」で絶叫したから
 ダイエットになったかも。
 (なれへん、なれへん)

 始めた時を0として、体重は-0.2kgです。
 微妙~?


 関西のケーブルテレビ(CATV)のあるコーナーで
 うちのHPを紹介してもらえることになりました。
 
 「やった、これでアクセス増えるわ~(ニヤリ)」
 と喜んで受けた自分が浅はかでした。
 下見(往復時間が結構かかる)と
 ロケで1日半かかり、オンエアは15分!
 (もちろん、テレビで15分は「かなり長い」んですけど)

 そのうえ、うちの家でもロケするので、
 大掃除せねば~。おっとその前に、ダイエットだ!(泣)

 昨日、岡村本家さんでのロケの下見で
 製作スタッフさんが来られました。
 みなさん、お若い!
 しかし、蔵元さんにもこんなに長時間つきあって
 頂くことになろうとは思わなかったので、恐縮。

 テレビって、ほんとにたいへんだ~。

| | Comments (0)

2003.03.24

『酒蔵の四季 東京・小山酒造の暮らし』小山織

 東京区内で現在も唯一がんばっている
 造り酒屋さん、小山酒造。
 この3代目蔵元の長女として生まれた筆者が
 つづる、懐かしい、昔の蔵の1年間と蔵の歴史。

 赤羽、東十条。
 以前浦和に住んでいたので
 東京に行ったり帰ってきたりする時、
 京浜東北線や埼京線に乗ってました。
 あんな町の中で!?
 ちょっと驚いてしまいます。

 読んでいるととてもよい水が湧く、
 酒造りに適していた地であり、
 また、酒造研究所も近いことが分かります。

 淡々と描かれる酒造りのようす、
 蔵人さん、蔵元さん、新人さん、
 一人一人の姿が光っています。
 
 
 植え込みの「八重桜や夏椿、木蓮、蝋梅、山茶花、金柑・・・」
 前栽の名前を並べる順番、その細やかさだけで
 全体の雰囲気まで分かろうというもの。
 実家の庭に咲く木々を思い出し、
 しばしほっこりしました。

 『酒蔵の四季 東京・小山酒造の暮らし』小山織
 東京書籍

| | Comments (0)

2003.03.23

「日親会」黒門市場近くの「お好みハウスマンボウ」にて

 久しぶりに、白雨さんの「日本酒に親しむ会」に
 参加できました。
 今回は、酒造りの時歌われていた歌を
 ビデオに撮っていらっしゃる方からその記録を
 見せて頂けるというもので、
 興味深々。

 「石鳥谷」と染め抜いた蔵人さんたちが
 唄っておられました。これは南部の杜氏さんの故郷。
 また、他の蔵の方も
 お米を洗うときの手ぶりをしながら
 唄っておられました。

 私が知っている蔵の様子では、
 歌う場面は全くありませんでした。
 こんな歌を歌いながら行われていた時代を
 思うとなんかじーんとしてしまいました。

 
 お酒もおいしく、座ったテーブルで知ってる顔と
 盛り上がる盛り上がる!

 きき酒選手権大阪代表になった方の
 お祝いのみならず、なんとこの会で知り合ったカップルが
 ご結婚されたという報告まで!

 もー、うれしいじゃありませんか!
 これこそ、お酒の取り持つ縁。
 私、じーんとしてしまいました。

 きき酒代表のKさん、ファイトですー。応援してますよ。
 そして、新婚のIさん、Jさん、 
 あたしゃ、うれしいよっ!(ちょっとよっぱです)(笑)
 末永くお幸せに!

| | Comments (0)

2003.03.22

水口町 美冨久酒造さん見学

 前々から行ってみたいと思っていた
 美冨久さんについに行くことができました。

 うー、ほんとおいしいお酒です!

 今日はここまでとさせていただきます。
 UPをお楽しみにー。

| | Comments (0)

水フェア終了


 資料の数を間違えていたため、
 追加印刷をしなくてはならず、
 そのうえ、会場についてから用紙やら全部
 家に置き忘れが判明。
 行ったり来たり。

 その間、強力な助っ人、NさんちのYちゃんが
 がんばってくれて無事に進行。
 また、O酒店のFさんも駆けつけてくださって
 ほんと、助かりました。

 それから全5回、
 利き水利き酒体験を行ったら、
 えらい盛況で、
 立ち見まで出るといううれしい悲鳴。

 わざわざ来てくださった
 酔醸会のKさん、守山のワイン&ダインのオーナー、
 笑四季の社長さん、
 書ききれないたくさんの皆様、
 ありがとうございました。


 打ち上げに出るつもりで
 一度家に荷物を置きに帰ったら、
 そのまま居眠りしてしまって欠席。
 ああ、体力不足です。

| | Comments (0)

2003.03.21

今日が最終日! 水フェア

 昨日は、仕事を午前中に終えて、
 会場に着いたのはぎりぎり。
 すでにNさんが、Iさんとともに準備をしてくださってました。
 今日はうちの子が手伝い。

 ところが着いたそうそう真っ青な顔して
 「お腹痛い」。
 ということで、全く戦力になりませんでした。

 二日目のお客さまの入りも順調。
 夢~舞めんとの事務局の方が強引に
 参加者を引っ張り込んでくださったおかげかも。(笑)

 今回はイタリアからの環境のえらい先生、
 舞台で踊ってきた子どもたち、
 親子連れ、
 お酒好きご夫婦など、
 いろんな方が参加してくださいました。

 終わってから、話がはずむことも多々あり、
 それがまた楽しい。
  
 宮水が現在あまり出てこなくなっていることを
 教えてくださった方もおられましたし、
 「日本酒はあまり飲まない」という若い男性がおられ
 「ぜひ、これをきかっけに飲んでみてください!」と
 アピールしたり。

 で、夜はeまち滋賀のNPO寿司の会議室のオフ。
 大津百町館にて宴会でした。
 おいしいAさんの手作りサラダやタコぬた。
 驚き!
 Sさん、Eさんのおでんや、きんぴら、
 遠くからのTさんのいかなごの手作り釘煮。
 
 最高でした。
 お酒も多種多様。
 桑酒は初めて。

 いや、飲みすぎて食べ過ぎて
 帰ってから倒れて眠ってしまいました。
 さあ、今日が最終日。
 これから出かけてきまーす。

| | Comments (0)

2003.03.19

利き水 当てた?


 風が吹く、うす曇の朝。
 平井商店さんへお酒を取りに行き、
 水フェア会場へ。

 Nさんは親子で上原酒造さんまで
 酒と水を取りに行ってから来てくださいました。

 会場に、杉玉を飾り、グラスを洗って
 パネルを設置、水を注いで
 スタンバイOK!

 第一回目、15名の定員が全部うまり、
 中には知事の一行も。
 (左の写真、右側に座っておられるのが知事)
 2回、3回も、満員御礼状態でした!
 
 並べて飲むと、水の味の違いが分かりやすい。
 子どもがちゃんと当ててました。
 
 会場のほかのブースも、体験コーナーが多く、
 平日にもかかわらず子ども連れを含む
 大勢のお客さんでにぎわっていました。
 ワラで遊べたり、ヨシのペンで絵を書いたり。
 何度も打合せして大変だったけど、
 これは成功。よかった。

 水遊館の入り口からすぐ、世界のレストラン。
 酒造組合の蔵元さんが来ておられて
 200円で試飲させてもらえます。
 向かいは えび豆や小鮎の佃煮が試食コーナー。
 最高!
 Nさんと私とで、大喜びで何度もお代わりしました。

 Nさんちの子どもさんMくん、大活躍で感謝感謝!
 明日はうちの子が来る予定。
 Mくんくらい働いてくれないと困る。

 ウォーキングはついに初パス。とほほー。

| | Comments (0)

2003.03.18

水フェア準備で大阪駅へ

 Nさんといっしょに水フェア会場へ下見。
 資料印刷など、準備。
 解散後は大阪の水道水を汲みに。

 しかし大阪駅に着いたのはいいけど、
 どこで水を汲めるだろう?
 トイレはイヤだし。だいだい蛇口が低くて汲めません。
 交番ならきっと親切に汲ませてくれる!
 と思って訪ねてみると「パトロール中」。

 うろうろしてたどりついたデパ地下で
 惣菜を買った時に
 ジューススタンド発見!
 カウンターの裏のシンクで
 コップ洗ってはる!

 「すみません、
 滋賀から水道水を汲みに来たんですが
 どこも無理で」と
 泣き付いてしまいました。

 若い女性の店員さんは、
 思い切り不審顔で
 それでも親切に
 2リットルのペットボトルに3本、
 水を入れてくれました。
 満面の笑で「ありがとうございました」と
 心からお礼を言いました。
 
 これからは私もちょっとくらい変な人だと思っても
 親切にしよう、と思いつつ帰りの電車に乗る。

 ウォーキングだいたい50分。
 しかも帰りは水6キロ背負って。(笑)
 片道約1000円、高い水道水です。

 夜中、英勲「やどりぎ」純米吟醸 180cc。

| | Comments (0)

2003.03.17

英語説明書完成! ウォーキング3日目

 Nさんが、利き水・利き酒体験の資料を
 英訳してくださいました。
 これで海外からの方がみえてもOK!

 私にはさっぱりわからないんですが、
 英語が並んでるだけでクールに見える~。
 Nさんってすごい!

 
 ウォーキング3日目、またスーパーに買い物往復45分。
 日常生活そのまんまのコースは、
 なんかつまんないですね。

 でも、風が耳たぶに鋭くない、
 春めいてるのを実感。

 お酒は「浪花正宗 純米」を120ccくらい。
 夕食は、ブタバラ肉のチャーシュー風チンゲンサイ添え。
 お腹をさすりさすり。
 食事は今のところふだんと変えてないです。

| | Comments (0)

2003.03.16

ダイエット2日目 コミュニティ・ビジネスフォーラム参加

 
 午後からは南草津で行われた
 財団法人滋賀県産業支援プラザ主催の
 コミュニティ・ビジネスフォーラムへ。
 びぃめ~る企画室のPRブースをもらったのです。

 会場は満席状態。

 リタイア後の男性が集まって
 プロの技術を生かすNPO法人を立ち上げたい、と
 おっしゃる方も。
 
 中でも山東町の町長さんのお話が面白かったです。
 「住民が一番元気をなくすのは
 行政が補助金を出しすぎること」
 「行政が手取り足取りの時代は終わった」
 
 
 今日は雨。
 こういう時はウォーキングを選んだのを
 ちょっと後悔します。
 夜中の10時過ぎになって、やっと歩きはじめました。

 いったん歩き出すと、
 どこかの庭から
 かすかに香るジンチョウゲ。
 はるかかなたから聞こえる鳥の声。
 小雨にしっとりとして風情があります。
 
 明日はどんなコースを歩いてみようかな、
 ちょっと楽しみ。

| | Comments (0)

2003.03.15

ダイエット一日目

 お腹周りをメジャーで測る。
 う、この数字マジ?
 体重を久しぶりに量る。
 こんなに重いのは出産以来だぁ。

 で、一つ遠いスーパーまで約40分くらい
 歩きました。
 
 こんなんで、減るとは思えないんですが、
 それでもやるのとやらないのでは無限の差!
 お酒の量も記録しておかねば。

| | Comments (0)

大吟醸粕到着 「浪花正宗 純米」


 大吟醸の粕2キロゲット!
 大阪の南に位置する浪花酒造さんの粕です。
 やっぱりふうわふわ!
 早く食べたいな。

 「浪花正宗」の純米酒も、
 おいしいです。

 で、今日はメジャーを買ってきました。
 明日からいよいよダイエットチャレンジ隊。
 任務開始!

| | Comments (0)

2003.03.13

ダイエットは明日から~(笑)


 家鴨でっす!
 えーっと、「忘憂」飲んでます!

 ダイエット~?
 明日からにしまっす!(笑)
 だってメジャーないんだもーん。

| | Comments (0)

ダイエットチャレンジ隊に入隊

 「びぃめ~る」の次の次の号は
 ダイエット特集です。
 「スタッフは身をもって
 さまざまなダイエット法にチャレンジせよ」
 と特集チーフによるお達しが出ました。

 元の体重は明かさなくてもいいから、
 どれだけ減ったか、その数値を出す。

 また、お腹周り÷身長の指数を出して、
 どれだけ効果があったか示す。

 
 うっひゃー、これは厳しい。
 しかしこの厳しさに あえて身を投じることが
 少しは「ウエスト」を取り戻す最短距離だっ。

 ということで、明日からチャレンジ開始します!
 お酒のカロリーとか計算したほうがよくねー?
 うーん、そうですね。

| | Comments (0)

2003.03.12

ぼちぼちいこう

 ニフティのオススメから外れたら
 アクセス数が元に戻りました。
 まあ、ぼちぼちですね。


 大吟醸の粕、大阪の蔵元さんが
 ホームページで売ってみたけど、
 売れないのだそうです。
 それで業者に売る、というのを聞いて
 さっそく2キロくらい買うことに。


 だって、吟醸粕は今年のマイブーム。
 お酒の化粧水より即効で美肌効果あります。
 おいしいし、500グラムくらいあっというまに
 食べちゃいます。
 肌が白く、しっとりしてます。

 板粕でも、ぺったんこのより
 木槽で搾った粕だとお米の粒が残ってます。
 味が違います。食感も違います。
 

 ここんとこ、酔っ払うために飲んでるかも。
 それじゃ、お酒に悪いですね。
 飲んで幸せにならなきゃ、ダメ。

| | Comments (0)

2003.03.10

「鈴正宗 純米吟醸 生」3年目

 今夜はお鍋、
 水菜と豚肉とニラとモヤシの味噌鍋。
 お酒は「鈴正宗 純米吟醸 生」3年目。
 おいしーい!
 まったくひねてない、このフレッシュな味わい、
 ちょうどいい具合に深まっている旨みがたまりません。

 キムチのタル、久しぶりに開けたら、
 なんか表面に白いちりめんジワ。
 味はすっぱく発酵してます。
 でも、鍋に入れるとキムチチゲ風でおいしい!
 お腹にもよさそうです。

 
 今夜、鍋を食べてたら
 突然遠くの知人から電話。
 「おうみNET」を見たよ!と言われてびっくり。
 彼女も地元の未来塾みたいなのに参加してて、
 阿部さんとも交流があり、おうみNETを送ってもらってるんだそう。
 私は、編集ボランティアで、時々取材協力してるんです。

 7年前の、NHKのある番組専用の
 BBSの仲間がまだ交流続けてるので、
 彼女ともこの前初めて会ったのですが。
 強烈な個性で圧倒されたのでした。
 
 ご縁があったんだ~(笑)。 

| | Comments (0)

2003.03.09

『ピンポン』松本大洋

 『ピンポン』全部1冊にした本を売ってました。
 買って読みました。

 う、うまい!おもしろい。
 一回目、どんどんスピードが増してきて
 あっという間に読んでしまいました。
 
 二回目、じっくりひとコマひとコマ読みました。
 すると深い。
 一人一人の人生が深いんです。
 
 ペコという天才の物語であると同時に
 スマイルという、
 人とうまく接することのできない男の子の
 成長物語でもあります。
 
 また、周囲の人々、バタフライジョーの、アクマの、オババの。
 読んでて、涙出ました(ちょっとだけ)。

| | Comments (0)

おうみ未来塾3期生卒塾発表 

 去年の今頃は私たちが発表してたのに、
 もう1年経ってしまったんですね。
 でも、すごく前のことのようで遠い記憶になりつつあります。

 味噌汁の研究をして、オリジナル味噌汁を
 皆さんに試食してもらいました。

 味噌汁が2次発酵して日本酒になっちゃいました、と
 同期のNさんと笑いつつ。
 交流会では1期から4期までの塾生と運営委員の先生方が。
 知事も今年は最後まで参加されました。

  
 1期生は、何もかもが手探りで、
 私たち2期生はその後をたどればよく
 少し楽だったかも。
 でも、3期生はコミュニティビジネスへと
 発展させる方向や既に実践を始めているグループも。

 おもしろい、パワフル、個性的な
 人の集まり おうみ未来塾、
 ただ今5期生の募集中。

| | Comments (0)

2003.03.07

キリン生搾りサーバ 「鈴正宗 大吟醸 美鈴 生」

 キリンのサーバ、器具だけ買っていたけど、
 今日初めてビールを買ってきました。

 組み立ててるうちに、
 あれよあれよと皿のギョウザがなくなっていく・・・。
 出来上がって、一口飲むと、
 「うまーい!」
 ギョウサと合うわ~。
 子どもが、われ先におかわりを
 注ぎたがります。(笑)
 
 確かにお店で飲む生ビールの味、
 こりゃいけるぅ!でもちょっと割高だ。


 1500ミリリットル缶ですから
 途中でやめておきまして、
 「鈴正宗 大吟醸 生」を開けることに。
 びびっとくるクリアな味。甘くて酸っぱい、好みのお酒です。
 ラベルには李白の漢詩が。
 「酔」「酒」という文字が見えます。
 李白は酒が大好きな詩人ですもんね。


 山田錦、40%精米、日本酒度+5、アルコール度17.2
 粕歩合55%、酸度1.3、協会酵母9号、青木行雄杜氏。

 こんなん書いてると、
 「マニアックな奴」って思われるかもしれませんが、
 裏のラベルに書いてあることを写してるだけで
 書いてない銘柄は書いてません。

 だって、地元の人ならまだしも、
 遠くの人には情報を得る手段がないのですから、
 手に入る情報はここから発信しようと思って。

| | Comments (0)

2003.03.06

祝!4000アクセス 「薄桜 生」

 今日一日だけ、ニフティのオススメサイトのコーナーに
 紹介をしてもらってます。
 うれしいなっ。

 ってことで、
 今夜のお酒は「薄桜 生」です。
 
 「鈴正宗 しぼりたて 生」と比べてみました。
 「薄桜」のほうが ちょっと重いかな?
 「鈴正宗」は、ゆうべは甘くて酸っぱいと思ってたのに
 今日は辛く感じます。不思議です。
 「薄桜」も、甘酸っぱいのですが、
 少し味がどっしりしてる気がします。
 
 どちらもフレッシュでおいしい。(笑)
 
 今夜の肴は、チーズを電子レンジで、カリッと
 おせんべいにしたもの。
 ちょっぴり焦げ色がついたくらいの
 レース模様みたいなおせんべいになっています。
 カロリーは高そうだけど、
 香ばしくて好き。
 日本酒にもいいですよ。

| | Comments (0)

2003.03.05

1通のメールでめっさうれしくなる


 1通のメールが来たら
 とたんに午後の光がキラキラして見えました。


 プロバイダのホームページに
 「こんなん作りました~」と
 自分のサイトを申請していたのですが
 「オススメに選びましたよ」
 ってメールだったんです。

 たったそれだけのことですが、
 うひょひょ・・・と喜んでしまう単純な私。

 もうすぐ4000アクセスだし、
 今夜は、「鈴正宗 しぼりたて 生」で
 このささやかな幸せに乾杯しよっと。

| | Comments (0)

2003.03.04

吹雪の琵琶湖博物館 『夏田冬蔵(なつたふゆぞう) 新米杜氏の酒造り日記』

 今日は、朝からNさんと琵琶湖博物館で
 「びわ湖 水フェア」の打ち合わせの予定。
 図書室だけの利用なら、入館料は不要なのです。


 ところが、朝カーテンを開けると、一面の銀世界!
 すぐに止むだろうと
 見切り発車のバイクは、ちと無謀だった・・・。
 草津の広大な田んぼの中の道で
 後悔しました。

 吹雪いて、視界が狭く、
 知っているはずの道なのに
 どこを走っているか分からないのです。
 「このまま遭難?」

 でも顔に当たる雪が痛くなってきた頃、
 やっと博物館への看板を発見し
 危うく遭難をまぬがれました。(笑)


 冬は常時スタッドレスタイヤのNさんと無事落ち合って、
 地質の資料を見つつ、細かい点を決めました。
 ちょっと変更することも出てきました。

 硬水と軟水で仕込む酒の味比べ、
 おもしろいですよ。

 Nさんの人脈で、専門的なアドバイスもして頂けそう。
 さすが頼れる!!

 

 『夏田冬蔵(なつたふゆぞう) 新米杜氏の酒造り日記』
 森谷康市 無明舎出版 1800円 1995年初版

 読了。
 この本のおもしろさは、何やろ?。
 森谷さんの筆力はもちろん、
 蔵自体の魅力も大きいようです。
 酒造りに関わる人たちの魅力も。

| | Comments (0)

「鈴正宗 しぼりたて」

 「いつもふたりで」と「スマスマ」見ながら
 「鈴正宗 しぼりたて」をちびちび。
 甘くて酸っぱい、香りはかすかな木の香り?
 疲れた体においしいです。

 もう3月も3日を過ぎた~。
 早いですねえ。

 『夏田冬蔵』を読みかけです。
 すごく面白いのはなぜ?

 「天の戸」を醸す、古くからのやり方でお酒を造る蔵に、
 何気なく入った人が、
 「金賞」受賞する杜氏に。

 気負わない文章、
 でも一生懸命、だけどナチュラル。

 効率よりも味わいをとるから?
 まだまだ分かりません。
 しかし吟醸酒を造るって簡単じゃないって
 よく分かりました。

 吟醸酒の華やかな香りは酵母のため息って、
 比喩うまい。
 
 
 松瀬酒造さん、UPしてまーす。
 それと、水フェアの利き水・利き酒体験、
 無料になりました!!

| | Comments (0)

2003.03.03

大津市日吉大社 お輿あげ


 「坂本あるき隊」の例会で
 日吉大社のお輿あげを見てきました。

 1.5トンもあるお神輿、
 男神さま女神さまの2基を
 小山の上にあるお宮にかつぎあげるのですが、
 すごい迫力です。

 地元の高校の野球部の男の子たちが
 先導の綱を引き、
 男衆がかつぎあげ、後押しし
 約1時間半くらいで到着です。

 茶髪だったり、ピアスしてたりする若い衆も
 もうベテランの男衆も、
 めっちゃかっこいい!

 お神輿は山の上に一ヶ月くらいお見合いし。
 4月12日に山を降りて結婚式だそうです。
 すごいパワー。
 連綿と続く神事の現場に居合わせる
 幸せを感じてきました。

 もちろん、「あるき隊」の隊長がお神酒を
 奉納してくださったそうです。
 隊員で割って。神事に日本酒は欠かせません!

 写真は 志賀院 門の 穴太(あのう)の石組です。

| | Comments (0)

2003.03.02

メルマガ発行 新しい名刺

 「滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅」
 メルマガ3月号を発行しました。
 2月号以降に掲載した蔵を並べてみると、
 結構あります。
 もうちょっと、回りたい!

 びぃめ~るのデザイナーFさんに頼んでおいた
 新しい名刺ができあがりました。

 ヨシ紙をつかって落ち着いた地色に
 前と同じカモ鍋の版画です。
 ちょっと暖かい色にしてもらって気に入ってます。
 

 次号「びぃめ~る」紙面に 
 知人から教室の広告を頂いてデザイン中。
 どんなものになるか、次号の紙面に乞う!ご期待。

| | Comments (0)

2003.03.01

今日から3月弥生

 早いですね!
 今日から3月です。

 ああ確定申告。
 
 長浜市の酒店さんからお店のフリーペーパー
 「はしもとや新聞」が届きました。
 お店のご主人の人柄、雰囲気、
 また、滋賀の蔵元さんの想いが、伝わってきます。

 WEBで世界中の情報が
 簡単に得られる時代だからこそ郵便で届く新聞が
 うれしいですね。

| | Comments (0)

« February 2003 | Main | April 2003 »