« June 2003 | Main | August 2003 »

2003.07.31

日本酒を好きになってもらえるにはどうしたらいいのだろう?


 いろんな立場の人が真剣に考えておられます。
 どうしたら日本酒離れを少しでも食い止められて
 新しいファンを増やすことができるだろう?と。

 「好き」って感情は
 とてもあいまいなものだから
 こうすれば絶対好きになる、という方法は
 ないように思います。

 でも、好きになりそうな資質を持っている人に
 「こんなんもあるよ」と
 教える人が、たまたまいたら、
 その人は好きになる、
 そのままはまり込む可能性はありますよね。

 出会いなんですよねー。

 取り持つ人とか、
 出会いの場面があって
 好きになっちゃう。

 いえいえ、男女の出会いの話ではなく、
 日本酒との出会いですよ。
 でも似てるかもっ。
 
 とにかく、
 酔っ払うのが目的のお酒とか、
 ウサ晴らしのためのお酒とかは別。
 それは1人で迷惑かけずに飲むことにして。

 人と飲むなら楽しく笑って熱く語る。
 心の壁を薄くするツールとして
 飲まれるお酒が増えるといいですね。

 自戒もこめまして。(笑)
 

| | Comments (0)

2003.07.30

腰が…

 ぎくっときて
 ゆうべはそんなに痛くないやん、と

 たかをくくってました。

 ところが、朝になってみると、
 とほほ。
 腰ってきっつ~。

 
 朝は まるで、ナマケモノのように
 超スローペースでしか動けなかったのですが、
 その後、夕方になってかなり動けるようになりました。
 この調子なら明日には
 普通に動けるようになりそうです。
 

| | Comments (0)

2003.07.29

ギクッときた!

 「はい、ご飯」と子どもに渡そうと
 中腰気味になったとたん
 ギクッときました。

 これってぎっくり腰ってやつでしょうか。

 やっぱり運動不足だ~。


 竹内酒造「Sparkling Nihonsyu」
 300ml入り。
 アルコール度13~14。
 
 ちょっぴり炭酸味。

| | Comments (0)

2003.07.28

好きなもの並べ


 反省だけならサルでもできる!

 ってなわけで
 気分を変えて好きなもの並べ。


 花柄の木綿シャツ、
 光るガラスのついた小さなペンダント、
 ビーズの指輪。

 単気筒のバイクの音、
 山に風が吹くとごーって鳴る葉づれ、
 水琴窟のしずく。

 ええ干し加減のうるめを焼いたん、
 あぶってくるりんと回った熱々スルメを細く裂いたやつ、
 夏野菜の浅漬けにミョウガ千切り天盛り、ちょいと醤油かけて。

 夏の稲の蛍光グリーン。
 ノカンゾウ。
 晴天の琵琶湖の色。
 
 冬毛のキテン。
 タヌキ顔のフェレット。
 『冒険者たち』のノロイと手下イタチのイラスト。

 ブラッドベリの短編集。
 京都書院の文庫の日本の色の本。
 佐藤さとる『だれも知らない小さな国』。

 お茶を煎っているお店の前を通る時。
 ローズマリーの枝をさわった手。
 フレッシュレモンバームやレモングラスたっぷりのお茶。


 なんだか気分がさわやか~になってきました(笑)。

| | Comments (0)

一期一会を生かすかどうか


 チーズと日本酒の会も、プレゼンも終わり。
 そして残ったのは反省ばかり。

 今日、今この時は、二度と来ない。
 この人との出会いは今しかない。
 「一期一会」

 それを得た、チャンスを頂いたというのに
 全力で生かせていません。
 
 「一期一会」
 この言葉をかみしめる夜です。


 ★公開プレゼンのようす、
 プロジェクトXコーナーに
 upしました。

 ★チーズと日本酒の会
 画像も少しだけ追加しておきました。
 ご覧ください。
 

| | Comments (0)

2003.07.27

昨日の会&今日はプレゼン当日 


 昨日は、日本酒とチーズ&オーボエコンサートの会。
 チーズの4種類、「竹生嶋」の6種類、
 それぞれあわせてみると
 意外なおいしさが発見できました。

 吉田専務のお酒の話がメインで
 和泉さんのチーズの説明もあり、
 勉強になりました。

 チーズだけでなく、松の実、
 ドライフルーツ入りパンも添えられ、
 クリームチーズは、木の芽田楽味噌に
 1日漬け込んだもの!
 そしてトッピングに西京味噌と赤味噌。
 うーん、さすがプロ。
 

 コンサートも
 ピアノ、オーボエコンビで、
 オペラの「もう飛ぶまいぞこのチョウチョ」とか。
 
 でも、やはり会場が一番
 盛り上がったのは、アンコールの
 「世界に一つだけの花」でしょう。
 オーボエが歌うような音色で
 おなじみのメロディーをたどると
 SMAPが歌うのとまた違う印象。
 しみじみ、心にしみこむ音でした。

 受付も手作りで
 すてきな飾りつけ、
 コンサートのパンフレットも
 一つ一つひもで結ばれた水色の紙に
 包まれています。

 「結びし水のコンサート」という名に
 ふさわしい、手作りの暖かさが伝わるものでした。


 さて、今日は午後からプレゼンです。
 今OHP資料を作っているという……。
 大丈夫なのか!?
 

| | Comments (0)

2003.07.26

チーズと日本酒とフルートの会!

 いよいよ明日(あ、今日だ)になりました!
 布施さんも、吉田さんも、気合十分、
 すてきな会になりそうです。
 明日は受付係をお手伝い。


 ★久々、プロジェクトXに追加。
 
 なかなか、進められないのはなぜだろう……。
 

| | Comments (0)

2003.07.25

昨日は「喜楽長」、今日は「楽膳」


 ゆうべ、蔵元の会の300ml「喜楽長」飲みました。
 意外と酸がきいているように感じました。
 
 今夜は発泡酒の「楽膳」というのを試し飲み。
 お腹がすっきり、とか。
 飲んでみて、そんなに「ホントだ!」とも思わない、
 どうなんでしょうね。
 普通のビールと比較しなければ分からないようです。


 最近の朝食は、サンドイッチONLYです。
 トーストに具を山ほど載せて二つ折り。
 豪快にかぶりつきます。

 具は、トマト輪切り・キュウリの薄切り、
 レタス、そして肉か卵。
 肉は、ハムでもベーコンでもいいですが、
 その日によって、
 豚肉スライスを塩ふってチン!したものや、
 ミンチに塩・黒コショウし、つくね状にして焼いたもの
 など、さまざま。

 マヨネーズとケチャップをお好みで。
 ミルクたっぷりのコーヒーといっしょに。
 あ、あれば粒マスタードも。

 我流のクラブハウスサンド、
 ああ、たまりません!

 ★酒川柳

 百人一首のもじりにチャレンジ。
 って「川柳」やん!>自分
 

| | Comments (0)

2003.07.23

朝から雨 「開運!なんでも鑑定団」で酒の自動販売機

 ラジオからは大滝詠一の『レイン(そんな歌ある?)』が流れ、
 窓の外は、梅雨空です。

 いつものように目覚ましのコーヒーを飲みますが、
 ちょっとピリッとしません。

 そこで、この前メルマガで読んだ目覚まし法
 「ビックリした顔をする」を実行。
 ハッと息をのみ、口も目もまん丸に。
 気分は「なんでだろう」のテツ&トモ。(笑)

 少し目が覚めたかな。


 さて、公開プレゼンの準備ですが、
 まだ進んでいません。
 県の文化課に電話で問合せをしてみたりはしましたが。
 今日、さっさとやってしまおうと思います。

  
 ゆうべ、「開運!なんでも鑑定団」で社長特集。
 岩手県の日本酒「南部美人」の若き蔵元久慈さんがご出演。

 すごく古いお酒の自動販売機を出しておられました。
 お金の単位が「銭」……。
 自動販売機の歴史になくてはならないモノだそう。
 でも、実際には、お客さんにソッポ向かれて
 すぐに使われなくなったとか。 
 30万円でした~!

| | Comments (0)

2003.07.22

「烋酒館 吟醸生」橘酒造


 ゆうべ、飲み過ぎました。
 「烋酒館 吟醸生」橘酒造です。
 夕食の味噌煮込みうどんを食べて、
 ひとしきり汗をかいてから飲むと、
 おいし~。

 香りは、ご飯を炊いたときみたいな。
 味は生だし、いわゆるフレッシュ&フルーティってやつですね。
 

 というわけで、ちょっぴり二日酔いで
 休み明けが開始です。とほほ。


 ★9000アクセスありがとうございます!

| | Comments (0)

2003.07.21

踊る大走査線?←捜査線

 今日は気力がなく
 テレビを見ていました。

 先週終わったばかりの「踊る大捜査線」の再放送。
 スペシャルがあって、これは豪華でした。
 異常な凶悪犯が、SMAPの吾郎ちゃん。
 そして夜、スマスマでも青島刑事が3人出てました。

 ほかに、注目のドラマ「STAND UP!!」の監督が
 「池袋ウエストゲートパーク」の堤さんだと分かったし。
 青春ドラマなんだけど、
 なんか登場人物みな、一筋縄ではいかない
 存在感がある人ばかり。
 特に、主人公たち以外の大人がいいです。
 商店街も元気そうに描かれているとこがいいです。

| | Comments (0)

2003.07.20

甲賀忍者って滋賀県人


 甲南町と甲賀町の忍者屋敷に行きました。
 顔出し看板を撮りにという、
 とほほな任務のため。

 すると、蔵を改造した、
 烋酒館(きゅうしゅかん)というレストランが
 できててびっくりでした。
 甲南町の忍者屋敷に行ったのは、
 たぶん5年以上前のことでしたから。
 平成13年に烋酒館ができたそうです。

 
 甲賀町の忍術村とかいうとこに行きました。
 なんか、ある意味すごい施設で
 どきどきでした。

 コースは、1号線で甲西町の三雲西まで行き、
 そこから県道4号で水口町。
 そのまま甲南町、甲賀町です。

 甲南町の道路標識には、かわいい忍者。
 甲賀町の飛び出し小僧も、忍者。

 もう、私の頭の中では
 「○○うじ、~でござるよ、ニンニン!」状態。

 甲南町の橘酒店さんに
 国道307号で信楽経由が早いと聞いて、
 その道で帰りました。
 信楽の牧から、大津市上田上経由です。
 途中、高速道路の工事をしていました。


 山田風太郎の小説にも出てくる忍者の里、
 今静かな山郷にしか見えません。
 昔に思いをはせた一日でござった!

| | Comments (0)

2003.07.19

最高のシフォンケーキ



 子どもが作ったシフォンケーキ、
 今回最高の出来だったので、
 記念に写真を撮りました。

 水分を多めにしたとのことで、
 本当に柔らかくきめも細かく、
 ほわっとした甘さが絶品。

 『絶対失敗しないシフォンケーキ』(笑)という
 本を買ってそのレシピ通りにしても
 やはり何度も失敗してましたから、
 練習のたまものでしょうね。

| | Comments (0)

2003.07.18

BBCにて「We Love BIWAKO」の会議


 BBCといっても、
 イギリスの放送局じゃありません。
 滋賀県民なら知ってるTV局
 びわ湖放送のことです。
 局は大津市の膳所駅の山の手にあります。
 
 2年ほど前、
 琵琶湖の環境を考えるのに、
 もっと広く気軽に市民が参加できないか、
 遊びの要素を取り入れたらどうか?
 ということで集まりが持たれていました。
 事務局がBBCで、会場もここだったのです。

 民間企業・行政・NPOと、さまざまな団体の代表の中に、
 びぃめ~る企画室も呼んで頂き、
 意見を言ってました。

 今日は、びぃめ~る企画室の代表が
 紙面編集の追い込みのため欠席、ご近所の私が
 出席したというわけです。
 以前から、2人で参加してたし。

 今回2年半ぶりの再開でした。 
 この活動も、参加者が増えたら
 おもしろいことができそうですよ。
 
 
 ←黄色いのは何でしょう?
  BBCの正面玄関に飾られている
  キャラクターのびびちゃん。
  アニメやCGでオンエアされてて
  子どもに受けてるんですよ。

| | Comments (0)

時間


 日本酒で、10年経ったものを呑みました。
 吉田酒造の「鬱金(うこん)」です。
 20度以下の常温熟成。
 味は、新酒とは全く違うものになります。
 コクがあって、まろやかで深みのある、
 時間が育てる味なんですね。


 「一番呑みたいお酒は?」
 って聞かれた時、答えたのは
 「今から半年先のお酒」でした。

 新酒で買ってすごくおいしかったので、
 もう1本同じものを冷蔵庫で寝かせています。
 半年経ったら飲もうと思っています。
 どう、成熟しているでしょう?
 いくらお金出しても、未来の味は飲めません。
 時間が醸す味は……。

| | Comments (0)

2003.07.17

手作りカレーパン


 日本製粉の「40分で焼きたてパンミックス」というのを
 買ってきました。
 ロールパン6個分のドライイーストや、
 配合粉と、レシピが付いて、ちょっとお買い得品の178円だったので。

 発酵は、レンジで30秒を2回だけ!!
 信じられません。
 寝かし時間が15分、それでも早い!


 すると、今日 突然子どもが、
 このパンミックスでつくった生地の中に
 カレーの残りを冷凍していたのを具にして入れて
 揚げてカレーパンに!

 周囲には食パンをおろして作った生パン粉もついて、
 こんがり、熱々、さくさく、
 めちゃめちゃおいしい!!

 これはカレーが残った時の最高の使い方だね、と
 言いながら1人で3個も。
 夕食、それと牛乳だけでおなか一杯になってしまいました。


 と、大満足で、今、袋の後ろの注意書きを読んでいたら 
 「カレーパンなどの揚げ物には使わないでください」
 ですって。
 
 あらら……。

| | Comments (0)

2003.07.16

長野県知事との観光懇談会 案内が来ました!

 ついに知らせが来ました。
 往復ハガキを手にドキドキしてしまいました。
 夏の終わりに大阪で開催されるそうです。

 もちろん、交通費は出ません。
 でも、大阪なら行けます。


 ただ、いっしょに旅行した3名の方と
 同席できるものと思い込んでいたのですが、
 本人のみ、とのこと。
 ガックリ。

 これが旅の本当の終わりのイベントになると
 思ってたのに。

| | Comments (0)

2003.07.15

浪乃音酒造 蔵見学画像と、ウナギ屋さん情報up


 浪乃音酒造さんの画像をやっと掲載しました。
 蔵元直営、1日限定20食で予約のみという
 ウナギ屋さん。

 既に行った人によると、
 かなりイイそうです。
 「早く行くべし!」とまで言われています。

 ←お座敷からのながめです。

 今度、大阪の知り合いの方から
 滋賀の小旅行をコーディネートして、と
 頼まれているので、
 この「余花朗(よかろう)」へお連れしようと思っています。

 それまでお預けかも~。

| | Comments (0)

2003.07.14

滋賀県きき酒王にオレはなる!

 ★新着!日本酒ニュースコーナー,要チェキ。

 今年も、きき酒選手権の滋賀県予選の
 参加者募集開始されました~!

 これって、コツがあるみたいですが
 よく分かりません。
 まあ、一度はトライしてみましょー!!
 昨年は大治郎さんにほめてもらって
 超うれしかった~。(笑)

 
 冨田酒造の綾子ちゃんとも会えたし、
 終わってからのパーティでは
 姉御といっしょに、いろんな方と盛り上がってました!

 参加料3000円で、
 楽しめるきき酒ゲーム体験して、
 蔵元さんともお話できて。
 お得なイベントですよー!

 
 「きき酒王にオレはなる!」
 というのは、「海賊王にオレはなる!」という
 ルフィーの口癖をもじってみました。
正気ではとても言えない……。
 でも、酔っ払うと、口走ることがあります(笑)。
 

| | Comments (0)

美酒宴遊会 奥琵琶湖マキノプリンスホテル

 ★日本酒ニュース「美酒宴遊会」

  期日:7月21日(月)
  問合:奥琵琶湖マキノプリンスホテル
          TEL0740-28-1111

 大津だけでなく、ほかのプリンスでも
 地酒の会を、と始まったそうです。
 詳しくは、表紙から日本酒ニュースコーナーへ。

 吉田酒造のお酒メイン、
 吉田酒造のページで、詳しい料理お品書きまで分かります。
 見てると行きたくなること請け合い。

 料理がすばらしいのに、
 それにあわせる酒の情けない味にガックリくることが
 結構多いので、
 こんな催しがどんどん増えてほしいですね!

 そうすれば、お酒が料理に合っていると
 相乗効果でどんなにおいしくなるか、
 体験する人が増えてきて、
 普通の営業でも、お店側に注文する人が増えるでしょう。

 わざわざイベントをしなくても
 お店が気を配って
 おいしいお酒が出るようになるのが
 理想ですよね。

| | Comments (0)

2003.07.13

桃到着 「里山 風の舞 吟醸無ろ過生酒」「不老泉 純米吟醸中汲み生原酒」


 実家の岡山より、
 今年初の桃到着!

 父が仕事をリタイアしてから
 始めた桃の栽培ですが、数年後から
 毎年「お中元」として、
 親戚やらお世話になった方やらへ
 送って好評です。

 箱もちゃんと専用の「岡山の桃」ってやつで、
 1個1個紙に包んでネット状のクッションも付けてあります。
 手間がかかってるんですよね。

 どうしても、もぎたてよりは
 痛んでいますが、
 それでも箱いっぱいの桃。
 汁ぼたぼた落としてかぶりつく、
 この幸せは桃の産地・岡山出身ならでは!(笑)
 父ちゃんありがとー!
 
 ←桃のイラストがなかったので、祭り寿司。


 上原酒造「里山 風の舞 吟醸無ろ過生酒」
 「不老泉 純米吟醸中汲み生原酒」、
 300mlのが少し残っていたので、飲んでます。

 「不老泉 純米吟醸中汲み生原酒」、
 このお酒、酸味がきいてて甘くて、
 味濃くて、おいしいです。
 中身に、うまみがぎゅっと入ってて、
 単純な味じゃないんですよね。
 しかも中汲みだから、ええとこどり。
 あーあ、飲んじゃった。

 つまみは、
 最近マイブームの、塩昆布浅漬け。
 薄切りの夏野菜に塩昆布をまぜて軽くもんだだけの
 あっさり漬けですが、
 結構ぱりぱりと癖になるうまさなんですよー。
 

| | Comments (0)

「七本鎗 低温熟成 純米生原酒」「梅花泉 特別純米生原酒」「鈴正宗 純米吟醸」


 最近、お酒は軽めのほうがおいしく感じています。
 運動不足のせいかもしれません。

 今夜は 上原酒造「梅花泉 特別純米生原酒」
 矢尾酒造「鈴正宗 純米吟醸」
 冨田酒造「七本鎗 低温熟成 純米生原酒」
 の順で軽く感じました。


 「梅花泉」香りが、なんか独特でした。
 甘い、っていうよりも糀の香りのような。
  
 「七本鎗」は、すっごくコクあり。
 香りはずっしり、熟成した香り。

 「鈴正宗」は、いつもの味と香り、
 軽い香りとクリアな味で好みです。


 はしもとや酒店さんより「ほろ酔い便り」7月号到着!
 今回は、手作り肴レシピ特集(笑)。
 おいしそうです。
 また、4コママンガの投稿もあって、
 楽しさ倍増。
 いいなあ、お客さんとの交流。

| | Comments (0)

2003.07.12

パソコンの神様、ありがとうございます!


 立ちあがりました!
 うちのメインパソコン。
 ううう、よかった~。(泣)
 
 やっぱ、テレビドラマ「STAND UP!」を
 見たのが吉と出たか?
 
 思わず、感謝のお祈りを捧げました。
 「01010101……」


 県民文化チャレンジ企画補助金公開プレゼン、
 もう一つ、ええとこ探検隊でも出していた、
 「顔出し看板」の企画も通っていました。
 あちらは、副隊長がメインでがんばってくれるのですが、
 準備のお手伝いはしなくては。


 夕食は、焼きうどん。
 青海苔と紅ショウガがポイント。
 味付けは、お好みソースとショウユのブレンド味。
 子どもの力作でした。
 おいしかったですよ。

| | Comments (0)

2003.07.11

県民文化チャレンジ企画補助金1次審査結果

 通過してしまいました。
 おどろき~!

 もちろん通過を目指して出したので
 うれしいです。

 今度は7/27(日)に2次審査として
 公開プレゼンテーションがあります。
 よっし、こうなったら2次も突破だあ~!

 酔醸会のブレーン、NさんIさんとともに
 作戦を練らなくては!!
 持ち時間は15分、
 全部で6時間の日程だとのことです。
 ってことは、24組がプレゼンするってことでしょうか。

 公開なので、見学OKですよん。
 大津市のピアザ淡海で10~17時。


 ところで
 今日、雷が遠くで鳴っているな、と思っていると
 一瞬の停電がありました。
 パソコンをつけていたのですが、
 消えたきり、立ち上がらなくなってしまったのです!

 また~(涙)。
 メールチェックは子どものパソコンから可能です。
 しかしデータが~。

| | Comments (0)

『もの食う人びと』辺見庸 角川文庫

 94年に講談社ノンフィクション賞をもらったそうです。
 そういえば、すごく話題になってた記憶があります。

 今回岡山に行く電車で読む本にしました。

 世界のいろいろな場所で食べた
 現地の食事。
 世界中の現実の中に分け入ってそこにあるものを食べる。
 チェルノブイリの森のきのことか
 ソマリアとか。

 もし、私だったら、食べられるかどうか。
 それでも、やむにやまれぬ気持ちで行ったのだろうな、
 と思います。

 でも仕事でこういう経験ができるなんて
 うらやましい面もあります。

| | Comments (0)

2003.07.10

姫路を通ればおかめがまねく


 姫路の駅弁は、以前から
 まねき食品の「おかめ弁当」が大好き!
 もう十数年前のことでしたが、
 今回も姫路駅でほぼ、そのままのスタイルで
 売られてるのを発見!
 すごい!!

 いろーんな具が載せてあって
 食べるのも楽しい、五目寿司みたいな
 祭り寿司の姫路版という感じです。

 でも、今回はミーハーにも
 「武蔵弁当」を選んでしまいました!!
 おいおい>自分

 左の写真がそうですが、
 お弁当箱は竹の皮を編んで作ってあり、
 中身も素朴な感じが剣豪っぽい!?(笑)

 おにぎり2個、
 カボチャ煮物、あぶり焼き鶏肉、
 ゆで卵半分、大きな梅干ふっくら煮、
 ゴボウ煮物、サツマイモ煮物、あとは覚えてませんが、
 メザシ2匹というところが
 2刀流なんでしょうね。

 おいしゅうございました。
 900円

| | Comments (0)

2003.07.09

新快速で岡山へ


 昨日、新快速で姫路まで、
 姫路から新幹線で岡山へ行き、今日帰ってきました。

 姫路駅では、顔出し看板発見!
 岡山駅で「いかにも」というポスト発見!
 
 
 ただ、新快速で途中事故が。
 動揺した車掌さんのアナウンス、
 「確認を安全でき次第、発車いたします」
 に笑う人はいませんでした。


 

| | Comments (0)

2003.07.08

琵琶湖ホテルのラウンジから


 表紙の写真と、
 ←の写真は、琵琶湖ホテルのラウンジの
 大きな窓から撮りました。

 比叡の山は雨雲にけぶっています。
 左の建物は、「アーカス」で、
 映画館・ボーリング場・レストラン・ゲーセン・
 書店などが集合するビルです。


 チーズと日本酒の会の打ち合わせで
 行ってきたのです。
 チーズのお話も少し聞けました。
 
 このイベント、第一部お酒の会のほうは、
 既に定員いっぱい。
 第二部のコンサートはまだ募集中です。
 ラウンジで気楽にオーボエライブをどうぞ。
 →詳しくは表紙からアクセスを
 

| | Comments (0)

2003.07.07

富士山の思い出

 ビール好きな方が、富士山で富士山ビールを、
 という企画を考えておられます。

 富士山には、学生のときに5合目から登りました。
 前日、滝の白糸というとこで、
 自転車でハデに顔からこけた私は、
 怪談に出てくるような、お岩さんのような
 顔で上りました。

 いくとこ、いくとこで、
 同情され、
 赤チンキを塗ってもらったり、
 いろいろお世話してもらいました。
 ありがたかったなあ。

 顔の半分、動かせないで、
 半分だけ笑うというワザで
 同行者を不気味がらせたっけ……。


 下山して数日後に、
 富士山で大滑落があり、犠牲者が出た惨事がありました。

 あの下山道で?と
 ぞっとしたのでした。
 
 同級生は、同じ日に行ってて
 数時間くらいの差だったそうです。

| | Comments (0)

2003.07.06

大津市 凛々亭(りんりんてい)さんへ


 昨日、午前中は
 すごく久々に、凛々亭さんに伺いました。
 ご自宅の2Fを町家風に改造された
 リサイクル古道具ショップです。

 入り口の階段には、
 ノウゼンカズラが生い茂り、
 オレンジ色の花を美しく咲かせています。

 窓も、覆われつつありました。
 それを内側からながめると
 すごく涼しげ。

 店内も、合板でなく、
 本物の木を使ってあって、
 心底ほっとできる場所になっています。

 1人で来ても退屈しないお店、というのが
 キャッチフレーズなんです。

 確かに古い道具だけでなく、
 手作りクラフトの一品ものもあって
 ながめるだけでも楽しい。
 ビーズアクセや
 ミニミニ絵本なんて、かわいかったな。

 そして、
 カウンターに座ってオーガニックコーヒーでほっこり。
 環境や食の安全にもこだわりのあるお店なんです。


 ★7月中は、半額セール中!!※委託品・喫茶など除外品もあり
 凛々亭(りんりんてい)
 ●大津市本宮2-8-25
 ●077-524-5487
 ●営業 11:00(木曜のみ13:00)~17:00
 ●定休日 日曜~水曜
 

| | Comments (0)

2003.07.05

未来塾の集まり


 大津市の唐橋の中の島にある施設で
 集まりました。

 みな、志を持ってそれぞれの場で
 既に動いている方たちなので、
 その話を聞くだけでも
 おもしろく、
 また、力をもらえます。

 この集まり、混沌の中から
 なにか生まれるかもしれない、
 そんな気持ちになります。

 表紙の写真は、その集まりのとき
 窓の外のようすが
 あまりにきれいだったので撮りました。

 すると、ある方から
 「あ、また日記の材料にするんやろ?」と。
 図星(笑)。
 「ぼくはいつも日記で
 和ませてもらってるわ」

 ありがたいお言葉でした。

| | Comments (0)

2003.07.04

探偵!ナイトスクープな夜


 朝日放送の「探偵!ナイトスクープ」の
 収録見学に行ってきました。

 会場には、たくさんの人が押しかけ、
 生局長、生Wタロウ、生まりちゃん、そして
 生小枝ちゃんを体験してきました。

 収録は長いのかと思っていたら、
 あの番組とほぼ同じ進行で、
 それほど時間はかかりませんでした。

 2回同時に収録していたのですが
 最初は葉加瀬太郎さん、2回目はキダタローさんという
 音楽顧問のBIG2を見られて大満足。


 番組と同じように、VTRが流れて、
 次第にテレビ見ているような気分になってきました。

 お隣に座ってたのが、依頼者のご家族だったりして、
 すごく楽しめました。
 

 ナイトスクープのステッカーももらえたし、
 10年来の希望が叶いました~(涙)。
 メチャメチャおもしろかった!!

 ←朝日放送の鉄塔

| | Comments (0)

2003.07.03

夏のギフトシーズン!


 蔵元さん、酒店さんから、
 次々とギフト商品のお知らせが届いています。

 藤居本家さんは、ハガキをはがすタイプ。
 涼しげなボトルの「大吟醸 夏」。
 送料消費税込みのセットです。
 
 吉田酒造さんはカラーできれいなチラシ。
 専務自らデザインされるってとこがまた。
 セットだと送料込みってとこがお得です。

 そして、酒店さんからは
 よしのさんからカラーの地酒ギフトチラシ。
 ここの地酒も、好きな銘柄ばかり。

 はしもとやさんのチラシには
 実際買って飲んだお客さんの声が。
 これ説得力あるんですよね。


 上原酒造さんは、「絶品!生酒セット」という
 生原酒300mlを5種類詰め合わせたもの。
 えへへ、これは「数量限定」という
 キャッチに釣られて自分用に注文しちゃいました。

 今日、それが届いてさっそく味見。
 なんだか今日はよく味が分かりません。
 悔しいぞ。

 肴は、冷奴の上をスプーンでくりぬいて
 生卵の黄身だけ落とし、
 納豆、シラス、細ネギ小口切りをてんこ盛り。
 しょうゆをかけていただきます。
 子どもに受けてました。

 これは、「菊水」のメルマガ「いける肴通信」vol-4に
 掲載されていたお客さん投稿のレシピです。
 「菊水」って缶入りの、とろりとした
 生酒でおいしいお酒です。

| | Comments (0)

2003.07.02

小川酒店サイトリニューアル


 うちのサイトからもリンクしている
 大津市の小川酒店さんのサイトが
 全面リニューアル!

 アクセスしてみてくださいね。

 →酒肴リンクへGO!
 
 

| | Comments (0)

飲み過ぎ食べ過ぎで感謝

 ゆうべは、酒友Nさんつながりの
 酔醸会(よいかもかい)会員Mさんご夫婦のお招きで
 ご自宅を訪問しました。

 さすが、ご夫婦ともに食と酒にはうるさいだけあって
 おいしいものばかり。
 
 お酒も「大治郎」「浪乃音」「飛呂喜」と、
 似たタイプ。
 どれもおいしくて、
 コストパフォーマンスの高いお酒という面が。

 ハモのしゃぶしゃぶというのを
 頂いたのですが、
 このハモのおいしいこと!

 私は、飲み過ぎ食べ過ぎで、
 お腹がポンポンになってしまいました。

 それにしても、奥様ダンナ様が交代で
 ささっとテーブルを片付けては
 台所に立って、
 お酒もサービスしてくださって。
 おいしさって、気持ちなんですよね。

 ゆうべは、帰ったらバッタリ倒れこんで
 とても日記を書ける状態ではありませんでした。

| | Comments (0)

2003.07.01

こんな夜中にアメリカンドック


 「スマスマ」の料理を見てから
 やけにお腹がグー!と鳴ります。

 こんな夜中になって、
 イキナリ子どもが アメリカンドックを
 揚げだしました。

 太るぞ、もたれるぞ、と思いつつ
 やめられません~。(泣)

 夕食に、なめこおろしうどんなんて
 あっさりしたものを食べたから。
 

| | Comments (0)

« June 2003 | Main | August 2003 »