« September 2003 | Main | November 2003 »

2003.10.31

野菜の味

 先日お伺いした、
 びわ湖ベジタブルロードの方に頂いた、
 サニーレタスを食べました。

 洗って
 ただの生味噌をつけて
 ほおばると、
 ふわっと鼻に抜ける菜っ葉の香り。

 一瞬、子どものころ岡山の実家を思い出しました。
 貧しいながらも、旬の畑の食べ物は
 周囲からいただくので、山盛りです。

 セロリを自分で筋を取りながら
 塩をつけただけで
 バリバリ食べたっけ。
 父が「うまいのお!」を連発していました。
 
 筍の季節には、
 朝から晩まで煮付け筍が山盛り。

 手の込んだ加工をするわけでなく
 素材そのまま、煮物など
 丸かじりするなど素朴に食べていました。

 そんな、実家の食卓が一瞬浮かんで消えました。
 幼いころの
 食べ物体験って本当に大切なんですね…。


 夜中、小腹がすいたので
 パート先から頂いたスティック春菊の
 茎を油いためして石垣島の塩で味付けし、
 かじってみました、
 これがまたうまい!
 野菜のうまみって、しみじみしますね。

| | Comments (0)

2003.10.30

手作り焼きギョウザ


 焼きたてをはふはふ言いながら
 食べるとジューシーで
 いくらでも食べられます。

 タレは、3年醸造丸中しょうゆと、
 京都北野の玉姫酢をブレンドしたもの。
 ただそれだけでおいしい。

 それと、大根葉と湯葉の味噌汁。
 白ご飯が進む~!

 
 まだ、やらなあかんことが
 残っているので、晩酌はお預け!
 がんばらなくっちゃ。

| | Comments (0)

2003.10.29

独自ドメイン取得?

 突然夫が自分でサーバーを立ち上げました。
 私にも独自ドメイン取ったら?とすすめてくれたので
 いろいろ検討の結果 iegamo.comとなりました。
 もう取得したみたいです。

 そのうち、このサイトもお引越ししなくては。
 メールアドレスはどうしようかな。
 なんてちょっとウキウキな私です。

 しかし、しくみについてはイマイチわかんないまま。
 

| | Comments (0)

2003.10.28

NPO法人びわ湖ベジタブルロード訪問


 パート先の上司といっしょに
 愛知川町の農家に伺いました。

 その方は、びわ湖ベジタブルロードというNPO法人の
 代表をされています。

 すぐに、そこに育っているパセリをちぎって
 食べさせていただきました。
 パセリの香りが濃厚です。

 小カブも、丸かじりさせてもらうと、
 程よい辛味に、カブ自体のうまみがあり、
 そのまま何もつけないで
 ばりばりと一個食べてしまいました。

 それと、ナス。
 枝からもぎとってかじると、
 まったくえぐみがありません。

 普通のナスって、空気に触れると真っ黒く変色します。
 それだけ、アクがあるわけですが、
 ここのナスは、時間がたっても変色しにくいんです。
 しかも香りがかすかにナシかリンゴのよう。

 不思議な体験でした。
 ここの方針は土造りは野菜作りということで
 廃棄食材と米ヌカを発酵させた堆肥、
 有機肥料、炭、塩といろんなものを畑に入れています。

 おいしい野菜をつくるには、
 土にもおいしいご馳走を食べさせる必要があるんだと
 実感しました。

 また、次にこんなことをしたいと考えている、
 というお話を伺いましたが、
 それが分子レベルの話。
 農業ってまるで科学実験のような面があるんですね。

 で、帰宅後飲んだのは
 「上喜元」です。 
 やっぱ、これはひやのほうがうまい。

| | Comments (0)

お燗実験その3「枡一スクエア・ワン」

 ちょっぴり、お燗してみました。
 やっぱり、もっとたっぷり入れてから
 燗したほうがよさそうです。

 どうも、アルコールがピリピリきます。
 今日は、あまり飲みたくないので、
 これでおしまいにしておき、 
 明日にでもまたチャレンジですね。


 今夜の夕食は
 ハゲなべ。
 ほんとはキモと刺身をからめて
 もみじおろしにポン酢でいただくと最高なんですが。
 夕方のスーパーで150円引きサービスの鍋用だと、
 キモは無しでした。
 
 でも、身離れもいいし、おいしい!

 あ、ハゲってウマズラハギでした。

| | Comments (0)

2003.10.27

お燗実験その2「琵琶乃長寿」純米吟醸 無農薬栽培米使用

 お燗、今度はお酒を滋賀の「琵琶乃長寿」にしてみます。
 それと、お湯の温度も、沸騰直前にしました。

 お燗が温まっている間に、
 常温での味をみます。

 結構、こってり重めの、
 うまみがギューっとタイプです。

 それをお燗とっくりで温めて飲んでみると
 温度は、わりあい昨日よりも低め。
 だからでしょうか、味もまろやかに酸味が少し勝ってきて
 いい感じになっていました。

 ただ、セットのおちょこは、
 どうも違和感があり、お酒がおいしく飲めないように
 思えてなりません。

 そこで、FさんとNさんからいただいた、
 萩焼きのぐい飲みに交換。
 
 う、うまくなる!
 やはりいい器です。
 口当たりと持ったときの手の重みが
 心地よいのです。
 お酒も、おいしくなりますね!
 うれしいな!ありがたいな!

 さーて、明日は何にしようかな♪

 あ、そうそう、
 山形名物玉こんにゃく、
 近所のスーパーにありました!
 やっぱり300円くらい。

| | Comments (0)

2003.10.26

お燗どっくり「とっくりやろう」到着


 来た~!
 山形県の酒屋、銘酒館木川屋さんから
 お燗どっくりが着きました。

 今回は、「上喜元 生モト吟醸」をセットで
 注文したので、これでまずはお燗のぐあいを
 試すつもりです。

 山形県酒田市の酒田酒造のお酒です。
 10年以上前に、東北をキャンプ旅行したことがあり、
 酒田にも行きました。
 山居倉庫という米倉にも行ったのです。
 この倉庫で熟成させたお酒も企画されており、
 欲しいなあ、と思っていますが
 まだ入手してません。

 それと、玉こんにゃくも。(笑)
 丸いこんにゃくを煮込んで味付けしたもの300円。
 山形名物らしいです。
 うちの子どもが、現地の露店で買ったこの玉こんにゃくを
 ずーっと口に入れたまま食べずに
 しゃぶっていて驚いたことを思い出します。
 食べるのがもったいなかったそうです。
 
 お燗どっくり「とっくりやろう」、
 お銚子には200ミリリットル入ります。
 お燗容器に沸騰したお湯を半分くらい入れて、
 お銚子にお酒を入れて、つけます。

 しばらく時間をおいて、
 味をみてみると。

 最初、常温で味わった「上喜元」と、
 全然味が違います!
 酸味がでて、舌全体にきつく感じます。
 ちょっと、早く温まった感じかなあ。

 と、後ろのラベルを読んでみると
 「冷やしてお飲みください」……。
 ああっ、選択ミスか~。
 これは、極ぬる燗でなければいけないようです。
 ちょっと熱めにしてしまったせいか、
 イマイチ、味わいが……。

 お酒の選択ミスは痛かったですが、 
 ちゃんとお燗ができて、確かにさめにくい。
 これはいいかも。

 今回の山形お燗セット(あひるチョイス)は、
 「とっくりやろう」1500円
 「上喜元 生モト吟醸」4合 1270円
 「山形名物 味付 玉こんにゃく」300円
 送料850円、合計4231円でした。※消費税・箱代も入ってます。
 
 

| | Comments (0)

2003.10.25

「美の川」のお酒

 新潟の長岡のお酒。「美の川」4種類飲みました。
 
 酒米の違う「無農薬栽培の飯米」、
 「五百万石」「雄町」で造ったものと
 「荒澤岳」本醸造、
 これら4種類のお酒を飲ませてもらったのですが、
 どれもおいしかったです。

 無農薬栽培の飯米のお酒は、
 アルコールも14度と低くしてあって
 一口飲んでみて「軽い!」と驚きます。
 米は東北のものだそうです。

 4種類、どれも「きれいな味」という印象でした。
 でも、特に無農薬米のお酒などは頼りないかなあと
 思っていたのに、
 食事が進むとともに、
 お酒の味が強く感じられてきました。

 単にきれいな酒、ではなくて、
 実は味がありました。
 香りがきつくなくて、
 きっとお燗したらおいしくなるだろうな、
 という「ひやおろし」でした。

 材料の酒米「雄町(おまち)」は
 もう、15年くらい地元栽培しているということです。
 最初は丈が1.6メートルくらいまで育って困ったとか。
  
 もともと岡山原産の、古いタイプの稲だから
 寒い長岡での栽培は難しいだろうなあ。

 今では、もっと丈を短めに栽培して
 軌道に乗っているということでした。
 この米を使った「ひやおろし」が一番好みでした。
 ※秋季限定発売 雄町純米吟醸酒 「菊日和(きくびより)」

| | Comments (0)

2003.10.23

おいしい総会


 NPO法人びぃめ~る企画室の総会が
 本日行われました。
 その後は、次号特集のため
 ケーキの大試食会です。

 滋賀県内の北から南から、
 当日欠席スタッフの手をリレーされて
 会場に到着したケーキもあります。

 通販ですごい人気があり
 なかなか手に入らないシフォンがあります。

 これをブラインドテイストで
 評価します。

 店名を隠して味見すると
 そのケーキ自体の実力が問われます。
 お酒もそうですよね。


 しかし、1店あたり5点くらいのケーキを
 15店くらい味見するため、一口づつとはいえ、
 かなりハード。

 お酒と違って、必ず食べます(笑)。
 だから、だんだんときつくなります。
 そんなときには、
 「漬物コーナー」で舌をリセット。
 またケーキのほうに戻っていきます。


 はっと気が付くと
 漬物コーナーに集まっていたのは
 左党ばかりで、
 お互い顔を見合わせて笑ってしまいました。
 

 この試食の結果は、
 「びぃめ~る」12月1日発行の紙面で発表。
 お楽しみに~!

| | Comments (0)

2003.10.22

蔵では仕込み準備開始&松茸


 蔵元さんでは、
 杜氏さんたちが到着するまでに
 タンクを空にしておかなければなりません。

 今、どこの蔵でも、
 タンクのお酒をビンに詰める作業が
 お忙しいようです。

 朝夕の空気も冷たくなってきました。
 お米も新米が出揃ってくるころでしょう。
 
 うちの冷蔵庫の「ひやおろし」も
 ずいぶん片付きました(笑)。
 新酒を仕入れる準備完了です。(って、はやっ)


 昨日、テレビのニュースで
 岡山では松茸が大豊作と報道していました。
 収穫高は前年比20倍…。
 しかも、実家の隣町の出荷組合です。

 これは、実家でも松茸が豊富に……?
 と今夜電話をしてみると、
 「そんなん、一部の山だけじゃ。
 うちの近所はだーれも山へ行っとらんぞ。
 もう送ってくるかと思うたんか、
 うちじゃあ、今年はちっとも食べとらんがな」

 あらら。がっかり。

| | Comments (0)

2003.10.21

夢を現実にすること


 パートで行っている事務所は
 今、食べ物屋さんをオープンする準備真っ最中です。
 
  
 夢を現実にすることはなまやさしくはありません。
 でも、信じていることだから、耐えられる。
 そして厳しいハードルを飛び越えることによって
 人は鍛えられていく。

 それを私は目の当たりにしています。
 まだまだ、自分は甘いと感じつつ。

| | Comments (0)

事務所にお客様&お燗とっくり?


 草津の事務所で壁に向かって
 キーボードたたいてたら
 午前中は、でじまむワーカーズ社長さん。
 午後は商店街のN酒店の奥様。

 うれしいですね。
 お客様が
 訪ねてきてくださるのは。

 コーヒーをいれておもてなしでっす。


 ところで、帰宅後、今日来たメルマガを
 チェックしてたら、お燗酒用品の案内が。

 以前、お燗用の専用道具というのがあって
 すごーーーくいい、と書いてあったのですが、
 お値段が1万円台だったんです。
 素材がいいものだとかで。

 ところが今回のメルマガの商品値段は1500円。
 ケタが違うのでは?と思ってよくよく見ても
 やっぱり1500円でした。

 しくみはシンプル。
 とっくりより一回り大き目の筒状の入れ物の中に、
 お湯を入れ、そこへ酒を入れたとっくりをつけます。
 おちょこでフタをしておけば、
 なかなかさめないお燗とっくり、というわけ。

 全部同じ焼き物でできている3点セットです。
 
 これは試してみてもいいな、と
 さっそく注文しました。
 実際使ってみての報告をお楽しみに♪
 

| | Comments (0)

2003.10.19

浜大津朝市、盛況!

 ついに初朝市。
 朝きつくて起きられず、
 小川酒店さんに着いたのは7時半でした。

 それから、お酒を運んで
 レイアウトして、あっという間に
 鏡開きでオープンしました。

 お天気もよく、暖かい日だったので、
 人出もまずまず。

 出品されているのが
 さすがに「こだわり」のものばかりで、
 どれを買っても損はありません。

 しかも、おもしろい鮒寿司のふりかけやら
 栃餅やら、珍しいものもありました。

 かたぎさんのお茶は、
 食べてもおいしいし。
 ツェルマットのパンは、本当に手作りでおいしい。

 小鮎のてんぷらは揚げたてのアツアツ。
 日本酒のアテとして使わせてもらいました(笑)。
 だって、ほんまに滋賀の酒と琵琶湖の幸は
 合うんですもん。
 試していただけば分かります!

 画像は表紙をごらんください。

 次回も、11月の第3日曜日。
 浜大津のOPA、ガス灯広場で開催です。

| | Comments (0)

2003.10.18

おうみ未来塾3期生の集まり

 栗東の山奥に、
 ご自分の土地を里山を体験するスペースとしておられる方が
 未来塾の3期生なのです。

 今日は、その里山の秋を楽しむ会。
 私も行くつもりだったけど、
 まだ仕事が片付かず、キャンセル…。うう。残念。

 その代わり、事務所上司のAさんと、
 Aさんの子どもさんとともに、
 うちの子どもだけが参加しました。
 
 朝9時半に車で拾ってもらい、
 帰ってきたのは5時ごろ。
 なんだか顔が生き生きとしていました。
 スキヤキを食べたり、
 腹話術を見せてもらったり、
 皿回しにチャレンジしたりと、
 楽しかったようです。

 よかったー!
 私も、なんとか仕事が形になりました。
 さあ、明日は朝市ー!

| | Comments (0)

2003.10.17

「花嵐 うすにごり 斗びんどり」

 この前の「ひやおろしを楽しむ会」で
 福引でもらってきました。

 一升瓶に何合か残っています。

 これは開栓のときに
 炭酸がどんどん湧いてきて
 シャンパンのようでした。

 以前見た、「ナイトスクープ」の日本酒のようです。
 「るみ子の酒」の蔵元さんの
 新酒が、ものすごい勢いで噴出すので、
 ほとんど残らない。
 ちゃんと飲んでみたいという依頼でした。

 その時のように、
 ちょっとづつ、ちょっとづつ開けて、
 ガスを抜いていくと、噴かずに済みました。


 まだ、ちょっぴり炭酸の残りがあって
 舌にぴりっとした感覚があります。
 にごりの大吟醸、生ですー。
 ほのかにええ香り。

 すこーし苦味もあって
 ほんわかしたかすかな甘さ。
 なんか新酒のころの初々しさがそのまんまって感じです。

 春からずっと、冷蔵庫で眠ってた「花嵐」、
 モミジが赤くなる前に目覚めさせてしまいました。

| | Comments (0)

星野監督が!?


 引退ですか?
 なんか夢うつつでニュースを聞いてました。
 ほんまなんかなあ。

 

| | Comments (0)

イタチの道切り


 道端にイタチが死んでいました。
 仕事であった人も、
 イタチが10匹くらい死んでいたとおっしゃってました。
 この時期は、イタチが行動する時期なのかもしれません。

 イタチが道を横切ると
 縁起が悪いとされていました。
 特に漁師さんは。

 でも、私にとってはイタチが道を横切ったら
 すっごくらっきー。(笑)


 イタチたち、車に負けるなあーーー。
 ←アニメはオコジョさんです。

| | Comments (0)

2003.10.15

こんなお店に行ってみた


 「いらっしゃい!」

 この店に来ると、
 なんかほっとするんです。
 照明が明るすぎず、暗すぎず、
 お店の人たちも、愛想よすぎず
 かと言ってそっけなくもない。

 一人でふらりと行っても
 カウンターの隅に座ると落ち着いて飲めます。

 「今日、何か面白いのある?」
 「そーですね、余呉からの鮒寿司がありますが」
 「珍しいね、それと合うお酒のお勧めは?」
 「木之本の七本鎗純米がいいと思います」
 「じゃ、ぬる燗でお願いします」
 「はい」

 お通しに出るのは、
 琵琶湖のごりの佃煮と、日野菜漬け。
 これをつまむだけでもお酒が進みます。

 お酒のあとには、
 お釜で炊いたご飯のオニギリと、シジミの味噌汁。
 それにお漬物。

 なんてことない食べ物、
 ありふれたものなんだけど、
 噛みしめて食べるうちに、元気になるんです。
 のれんをくぐって帰る時、
 なんとなく、幸せな気分になっています。
 
 ……

 こんなお店に行く夢をみました。
 ちょっと現実逃避(笑)。

| | Comments (0)

メルマガで勉強


 誰かのメールの中にあったアドレス。
 それをクリックしたら
 興味あるサイトが。

 そこから発行されている日刊メルマガを
 即座に配信登録。

 そのメルマガは
 毎日、筆者が代わって、
 その人ごとに自分の専門の知識を惜しげもなく
 掲載されていることに驚いてしまいました。

 
 いえ、お酒業界のメルマガではありません。
 WEBとSOHOのメルマガです。

 独立して仕事をしてきた人たちばかりなので、
 それぞれ説得力があります。
 
 無料で刺激になって勉強できて
 いうことありません。

 日刊「WEBのツボ!」
 http://www.soho-union.com/

| | Comments (0)

2003.10.14

好きなもの並べ その2

 各地の駅弁、
 宮崎の地鶏の炭火焼、
 沖縄のラフテー
 (脂肪分がゼラチンになってる)。

 秋茄子とキュウリとミョウガの塩もみ、
 松茸の土瓶蒸し、
 栗おこわ。

 ひやおろし、
 それも水から温めたぬるめのお燗。
 お気に入りのおちょこで。


 独酌でもいいけど、できたら
 気の置けない仲間(家族)とゆったり酌み交わす。


 これで笑顔回復、ですね。
 

| | Comments (0)

杣(そま)の道で定食しみじみ


 小雨降る大津市葛川(かつらがわ)。
 「杣の道」へ久しぶりに行って定食を頂きました。
  
 インゲン豆の胡桃味噌あえ、
 プチトマト、鶏の炭火串焼き、
 ミョウガとカツオかけプチ冷奴、
 魚の煮付け(ハゲ)、
 ナスとオクラの煮物、
 古代米入りご飯、
 漬物2種とエビの佃煮、
 麩とシイタケとネギの味噌汁。

 これで1200円。ご飯お代わり可。

 ああー、しみじみおいしい。
 噛めば噛むだけ、味が出るような鶏肉。
 それも、注文してから炭火で焼いてくれるので
 とっても香ばしい。

 お漬物もすっぱいキュウリ、
 しょっぱい青菜、どちらも滋味あふれるもの。

 ぜんぶ食べながら
 「おいしい!」を繰り返していました。

 ここのお酒はオリジナルの「杣の道」です。
 造りは、新旭町の上原酒造です。
 お米は地元高島だったかな、
 地元にこだわったお酒。

 コップになみなみと注がれて、
 「不老泉」の焼印の押されたマスに
 塩を盛って出されてきました。

 うすにごりの「杣の道」は、
 一口目は軽いかな、と思うれど
 舌でころがすと、味の厚みを感じてきます。
 やさしい甘みと、酸味があって
 みずみずしいお酒になっています。

 2年目の「杣の道」もありました。
 色は今年のものと比べるとやや黄色くなっています。
 味はより熟成されていますが
 香りが老(ひ)ねていません。
 味が濃く、重みが出ていました。
 どちらも、おいしーい!
 
 大津市葛川、平バス停すぐ。
 途中トンネルを抜け、坂をくだったところです。
 古い民家で、囲炉裏端の席もあります。

 自然食品も売ってたり、
 ギャラリーとして個展をやっていたり
 ミニコンサートを開いたりと
 ユニークなスポットでもあるんですよ。
 
 ただし、定食は、土日祝日のみだと思いますので、
 ご確認を。 077-599-2524
 でも平日も、そばや、鯖寿しなどがあります。

| | Comments (0)

2003.10.13

総会終了


 今日は、よいお天気だし、
 よい総会でした。

 お忙しい中、蔵元さんも
 笑四季酒造さんから社長さんと娘さんが。
 北島専務さん、畑大治郎さん。

 しかも、みなさんお酒をご寄贈いただき、
 本当においしかったです。

 総会では、ちょっと普通と違って
 お酒の知識を持って帰っていただくというよりも、
 酔醸会のこれからとか、
 日本酒のファン拡大のためには
 どうしたらいいのか?という話題でお話していただきました。

 それも蔵元さんの立場から、
 酒屋さんの立場から、
 そして消費者の立場から、
 さまざまな意見が出されました。

 さあ、来年の総会では、どんなテーマで
 話すことになるでしょうか。
 明るい話題になりますように!!

 あ、そうそう
 笑四季酒造の娘さんも、造りに参加されるそうです。
 冨田さんのお姉さんもですが
 女性が蔵でがんばっていると、
 ついつい応援したくなるんですよね。
 
 最後になりましたが、
 酔醸会の皆さん、会に参加してくださった皆さん、
 また、さまざまな形で応援してくださった
 蔵元さん、酒屋さんの皆さん、
 本当にありがとうございます。
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 Nさん、Fさん、
 かわいいブーケと萩焼のぐい飲み、ありがとうございます!
 これ、かなり飲めそう!(笑)
 マイおちょこ作戦、これで実行かな。

| | Comments (0)

2003.10.12

もう、総会当日


 あっという間に、総会の当日。
 まだ準備できてないよー。

 昨日、今日は、大津祭の宵山と当日です。
 初めて見ました。

 ええ祭りやなあー。

 うちの実家の秋祭りは、
 おとんがずうーっと「青年部」なくらい高齢化が進んでいて
 棒使いという剣劇みたいな舞がありましたが
 舞い手がいないので
 なくなってしまいました。

 お面をつけた男性が、棒の試合をする舞で、
 子ども心に「かっこいいなー」って思ってたのになあ。
 

| | Comments (0)

2003.10.11

「湖国と文化」VOL.102 平成15年1月1日 「えび豆が刺さる」


 今年のお正月号を引っ張り出してみました。

 特集は「近江の銘酒と肴」お屠蘇とお節

 おせちと日本酒、おいしーい組み合わせですね、
 この号には、喜多酒造の喜多さんが寄稿しておられます。
 テーマは「近江の銘酒の今」、顔写真付です!
 

 「湖北と湖南のえび豆はどちらが口の中に多く刺さるか」
 これは私の心の中のテーマ(笑)。
 湖北のえび豆は、えびの鼻先?が尖っていて
 食べていると口の中に、どうしても何回か刺さる。
 別に、歯が悪いわけでもないので、
 いいんですが、ちょっと警戒してしまいます。

 ところが、湖南のFさんのお母様の手作りのえび豆は、 
 刺さらないんです!
 なぜ!?

 注:滋賀以外の地域の皆様へ。えび豆とは、
   湖産のカワエビ(だったと思います)と   
   大豆を甘辛く炊いた煮物です。
   県内のポピュラーな伝統食といえるでしょう。 


 「不老泉 山廃本醸造 ひやおろし」、
 今夜の私には、ちと濃い……。

 写真の花はコスモス。秋ののどかな日、らしいでしょ。

 滋賀県では、
 稲刈り泥棒のニュース。
 心の中まで秋の風が吹き込みますよねえ。
 あーあ。

| | Comments (0)

2003.10.10

ちょっとアクセス数が多いと思ったら


 「フルルKansai」という女性向けサイトで
 ご紹介して頂きました。

 恥ずかしいので、アクセスせんとってください(笑)。


 女性、それも、仕事や家庭を持ってる世代の人たちが
 「日本酒がうまい」っても、
 どれだけアピールできているんだろう?

 取材してくださった女性ライターさんは
 えらく反応してくださいました。
 うれしかったです。

 

| | Comments (0)

2003.10.08

お酒が増えました


 今度の日曜日は総会です。
 お酒の手配してたら、
 思いがけずいろんなご寄付を頂くことになりました。

 なんか、すごい飲み比べができそう!
 ※表紙参照


 まだ、余裕ありますので、
 ご参加くださいませ。

 

| | Comments (0)

ゆうべは ケンチン汁

 うちの実家では「けんちゃん」といいます。
 なんで?


 サトイモ、にんじん、ネギ、豆腐、ブタミンチ(鶏のほうがよかった)。
 塩としょうゆ。
 もちろん、酒もね。
 ほくほくの芋に、炒った豆腐のコクが
 ほかの根菜類となんともいえないハーモニーです。

 吉田酒造「ひやおろし」終了。
 おいしいなあ。

 今度は、上原酒造の「ひやおろし」山廃特別純米。
 これがまた、さっぱりした酸味と、
 のどの奥に広がるうっすらとした甘みが
 なんとも言えず。
 でも、薄っぺらくないこの味わい。

 鼻に抜ける香りがちょっぴり熟成したような
 セメダインのイメージです。(って何?)
 いや、ほんとにおいしいんだあ。

 肴は、この前マキノで買った魚治さんの
 小鮎の佃煮。
 ううう、これもうまい!


 今、こんなメールが舞い込みました。
 「踊るリッツの夜」うーん、行きたい!


 =大阪府酒造組合主催=
   @女性客限定@
「大阪地酒と料理を楽しむ夕べ」のご案内です。

日  時  :11月8日(土)
       PM6:00~8:00
場  所  :リッツ・カールトン大阪 4階
       北区梅田2丁目5番25
       06-6343-7000
会  費  :8000円
募集人数  :100名(女性のみ)
トークショー:島田律子さん
      (日本酒の効能、飲み方、楽しみ方など
       女性の立場からおもしろくわかりやすく
       お話してくださいます。)
申し込み方法:ハガキに住所、氏名、電話番号をご記入の上
       大阪府酒造組合まで・・・

| | Comments (0)

2003.10.06

「ロッカーのハナコさん」が帰ってきた!

 なぜか子どもがハマッてしまった
 ドラマ「ロッカーのハナコさん」。 
 お付き合いで再放送を全部見てしまいました。
 いや、おもしろかったからかも。

 見てて、すぐに漫画が原作だなーって
 分かるくらい、登場人物のキャラがくっきり。
 でも、それだけに子どもにとっても
 ストーリーが分かりやすいんですね。

 それに、ハナコさんの
 鮮やかな問題解決のお手並みは気分爽快。
 何よりもオシャレーなお部屋とファッションは
 見て楽しい!

 ともさかりえ、
 この人以外ハナコさんは考えられません。
 見るたびに「最高のキャストだ」と思ってしまいます。
 


 なんと、今夜からパート2の
 「帰ってきたロッカーのハナコさん」として
 リニューアル。

 あ、もうすぐ始まるぞー。

| | Comments (0)

吉田酒造の会を表紙にUP & ふと振り返る夜

 表紙に、画像を載せて報告をUPしました。
 吉田酒造のこだわりの地元産の酒米見てください。


 今日は、いろいろ用事済ませたらこんな時間。
 「竹生嶋 ひやおろし」を常温でちびちびやってます。

 ふと、
 「なんで私は今ここでこうして日本酒を飲んでいるんだろう?」
 不思議な気持ちになりました。

 大津には親戚も友人もいない
 縁もゆかりもない土地でした。
 でも、夫がたまたま家を見つけて一家で住み着いた。

 そして図書館で「びぃめ~る」準備号を手に取った瞬間
 ビビビ(当時既に死語)ときて「びぃめ~る」の仲間に入れてもらって。
 おうみ未来塾も「びぃめ~る」してなかったら知らなかった。
 ってことは、酒友Nさんとも出会えてないでしょう。
 当然「e~まち滋賀」にも参加してない。

 それから数年後日本酒にとりつかれて。(笑)
 今夜、おいし~い「竹生嶋」を飲みながら陶然と
 「酒肴日記」を書いている。
 なんでだろう?


 数え切れない偶然が重なって、
 ここに居るんだなあ、きっと。

 思えば、米原で滋賀県酒造組合のイベントに出会わなかったら、
 日本酒のおいしさを一生知らなかったかもしれないし。
 
 すると、酒仲間のFさん、Sさん、酔醸会の皆さん、
 蔵元さん・蔵人さんたちとも出会わないままだったでしょう。
 パートで、コミュニティビジネス事業の事務所に
 働きに行くこともなかったでしょう。


 そして日記を読んでくださるあなたとも
 出会うことはなかったわけです。

 
 ほんとうに不思議です。
 ふだん忘れがちですが
 出会いは一期一会なんですよね。
 

| | Comments (0)

2003.10.05

市民活動屋台村


 今日は淡海ネットワークセンター(大津市)で開催された
 市民活動屋台村に行きました。

 未来塾の卒業後の仲間の活動発表と、
 塾の途中で海外青年協力隊に出発された方の
 お話を聞かせて頂きました。

 写真を見ながら説明していただくと、
 すごくよくわかる。
 かなり貧富の差が激しい国のようですが、
 スポーツを楽しむ子どもの笑顔は
 世界共通。
 ほっとします。



 その後、「e~まち滋賀」の1周年記念フォーラムへ。
 三重県の電子会議室「eデモクラシー」というとこの
 担当の方のお話を聞き、その後質疑応答。

 写真はその会場のようすです。

| | Comments (0)

2003.10.04

吉田酒造の「ひやおろしを楽しむ会」


 空気の澄んだ秋晴れの日、
 うきうきするような土曜日となりました。

 今日はマキノ町の吉田酒造の「ひやおろしを楽しむ会」。
 駅前に集合、小型バスと乗用車に分乗して 
 山田錦の田んぼと、
 吟吹雪の田んぼへ。

 マキノの知内川沿いに広がる田園地帯は
 ススキがきらきらして、きれい。
 夏には蛍がたくさん飛び交うそうです。

 
 その後、ピックランドのメタセコイアの並木道を抜けて
 蔵へ。

 きき酒の種類が多くて、
 市販されてないものもいっぱい!
 大吟醸4年、それぞれの年の味を比べると
 またそれぞれ違う味で
 好みが分かれるところ。

 10年ものの吟醸、
 バニラアイスにたっぷりかけたら
 おいしい!
 
 「栄とこ」のお弁当も、本当に見事でした。
 さばのへしこなんて、ちびちび飲むにはぴったり!
 モミジのてんぷら、栗ご飯は、秋らしい味。

 吉田酒造さんには、何から何まで
 ありがとうございました。
 明日からは、東京の純米酒フェスティバルだとか。
 しっかりアピールして来てくださいね! 

 
 写真は、電車の窓から撮った比良山系のようす。

| | Comments (0)

2003.10.03

今日は出勤2日目

 
 今日が出勤する2日目となります。
 パートだから、毎日行かないし、
 朝は10時から夕方5時までとなっています。

 この仕事は、
 コミュニティビジネス支援の一環なので
 勤め先事務所は、上司、にあたるAさんと私で
 立ち上げからとなります。

 今日のメインの仕事予定は、
 電話や通信の各社見積もりをとること、かな。
 
 お弁当持参で、
 せっかくの日当を無駄遣いしないようがんばろ!!
 では行ってきます!

| | Comments (0)

2003.10.02

初出勤は日本酒の日

 まずは滋賀県産業支援プラザに行き、
 いろいろと雇用のことについてお話を伺ってから
 草津の事務所に行ってきました。
 
 緊急雇用対策だそうです。

 ところで、今日は、じっくりと
 これからの事業の計画などを聞きました。
 うーん、おもしろそう。

 

 お昼ごはんは、木波屋雑穀堂で
 ちょっと気張ってとろろ御膳。1500円。
 五穀を使ったご飯に、お芋のとろろをかけ、
 卵も入れてずるずると食べると、
 あっさりとおいしい!自らお代わり。

 味噌汁に、玉子焼き、長芋の揚げ物、
 お漬物、などなど、いろんなものがついてて
 満足でした。

 今度からはお弁当を持っていくから、
 今日だけは贅沢しちゃお~。

 木波屋さんのメニューには、
 全国の日本酒がかなり載ってました。
 オリジナルの日本酒は、
 喜多酒造のお酒だそう。
 旭日、松の司、草津川などなど。
 お昼から思わずシゲシゲ見入ってしまった私でした。

草津市草津二丁目4-6
077-565-0142
11:30~14:30、17:00~00:00
定休日/月曜日

http://www.bmail.gr.jp/spot/taberu/kobaya/

 そんなこんなで、
 無事に第一日目は
 事務所の備品を買ってきたり、
 掃除などで終了~。

| | Comments (0)

« September 2003 | Main | November 2003 »