« November 2003 | Main | January 2004 »

2003.12.31

もうすぐ2004年


 明日も、普通にいつもの仕事です。
 
 ということで、
 今、今年のまとめを書いておくことにします。


 今年は、日本酒関連の仕事が、
 本当にぽつりぽつりではありますが
 いただけるようになりました。

 ありがたいことです!

 また、思いがけないツテで
 いただいたお仕事もあり、本当にうれしかったです。

 来年、延びてしまった
 「滋賀の日本酒の本」を出版すべく、
 力をためて、チャレンジします。

 少し、お酒から遠ざかるように見えるかもしれませんが、
 本を出すためです。
 とにかく、来年には出します。


 運動して、現場に行って、書いて。
 あ、そして飲んで(笑)。

 今年、お酒を介して出会えた皆様、
 もっと前からごいっしょに楽しく飲んでいただいていた皆様、
 来年もどうぞよろしくお願いいたします!
 

| | Comments (0)

2003.12.30

松風焼き?


 子どもも、
 おせちを1品作ることにしました。

 なんと、今から仕込みを始めています。

 深夜できあがったのは
 松風焼き。
 ちょっぴり試食させてもらったら
 鳥ミンチにほのかな味噌味が利いてグー!
 
 お酒が進みます!
 お酒は、今日到着した
 「千代むすび 特別純米」五百万石、
 「琵琶のさヾ波 純米にごり」生原酒、
 「風の森 純米吟醸」斗ビン 雄町など。

 濃いお酒ばっかし(笑)。
 うう、しあわせー。

| | Comments (0)

2003.12.28

晴天の休日なのに

 この前からの不規則な生活がたたったのか
 起き上がれず、一日ぼーっと過ごすはめに。
 胃が重い、痛い。

 今年もあと数日、
 どれだけのことができるでしょうか。

 普通に31日まで仕事あるし。
  
 
 

| | Comments (0)

2003.12.27

夢を見た

 昨夜のこと。
 ブルーな夢?

 
 NHK見た。
 今日のこと。
 浜大津朝市。

 ちゃんと、小川酒店の布施さん、
 マイク向けられても
 お答えしてはりました! 
 やったね!!

 
 てなわけで
 今夜のお酒はフーシェです。うまい!
 なんか、さっき「ナイトスクープ」見てたら
 ルー大柴がおじいちゃんにソックリというのがあって
 不覚にも泣いてしまいました。
 
 だって、それまでの全部、
 泣けるネタばかり……。
 この波状攻撃に最後に泣いてしまいました。

| | Comments (0)

2003.12.26

NHK(たぶんローカル)ニュースで 浜大津朝市紹介!


 表紙にも書きましたが
 本日、夕方6時のNHKニュースにて
 小川酒店の布施さんが「竹生嶋」初しぼりにごり
 とともにご出演!!

 浜大津朝市のようすもいっしょに紹介されると思いますので、
 滋賀県周辺にお住まいの方は、
 ビデオセットのご準備を!

| | Comments (0)

信楽の幻の宮跡


 信楽の宮跡を取材しました。
 町の発掘担当の方にお話を伺ったあと
 夕暮れで仕事納めあとの
 誰もいない現場に一人で行きました。

 周囲は、普通の山里にしか思えません。
 ぐるっと、山に囲まれた田んぼの真ん中に
 発掘中の宮跡があります。

 ここが日本の首都だったと思うと
 不思議です。

 
 1000年以上も、
 田んぼの下にこの宮は眠っていたんですね。
 もうすぐ、名神高速道路の信楽ICができて
 宮から奈良・大阪へのアクセスもよくなります。

| | Comments (0)

2003.12.25

ふー、やっと仕事一段落 初めての小劇場観劇体験

 本日の仕事終了のごほうびは、
 スペシャルなお酒、ちょびっとだけ。

 
 
 そーそー、この前
 草津のギャラリー湖水さんで
 初めて観劇しました。

 滋賀の劇団「アンファンスフィニー」の
 参加している鼻息劇場というのを見に行ったんです。
 鼻息がかかるくらい近い、狭い、という
 題名の舞台だけあって、
 舞台(というか床)は4畳半くらいしかない。
 劇は見たことありますが、
 こんな小さい劇場はお初です。

 見てる人とスタッフ、同じくらいの人数?
 というくらい、席も少ない。

 5つの劇、アンソロジー。
 キーワードは「月下」。
 なんか、最初ちょっと俳優さんと目が合ったりして
 「はずい…」なあんて思ってたのが
 最後はもうちょっとでいっしょに
 踊りそうに。
 (あぶないあぶない)
 
 空間が演出しだいでそれこそ劇的に変化、
 これ、おもしろかったです。

 それと、指先まで神経が行き渡っていて
 ピリッとした動きをする人と、
 そうでない人に分かれる。
 それが一目瞭然で、
 見られる立場からすると、
 怖いな、と。


 下手な劇って、見る人を非常に疲労させます。
 でも、今回5つの劇のあとでも疲れてませんでした。
 すごいっ!!

| | Comments (0)

2003.12.24

聖なる夜に口笛吹いて


 めっちゃ古い曲が
 さっきテレビ番組のBGMとして流れていました。
 それが頭の中をぐるぐる回っています。

 「あー、クリスマスやなあ」
 と、うちの子どもがしみじみ言ったのは
 なぜか味噌煮込みうどんを食べながらでした。

 

| | Comments (0)

2003.12.23

忘年会 その2

 ゆうべは今年2回目の忘年会。
 ひたすら飲んで食べてアホなこと言って笑って
 楽しみました。
 さて、
 また今日から仕事をがんばらなきゃ。

 しかし、今回の忘年会で飲んだお酒の中にあった
 「1段仕込み」っていったい!?
 先日、スーパーの酒売り場で見たパック酒には
 「6段仕込み」ってあったし。
 何なの?

 普通、酵母がたっぷりのモト(酒母)に
 3回に分けて糀と蒸し米を加えます。
 このように3段仕込みで日本酒は造られますが、
 甘さを加えるために4段目の甘酒を、というのは
 よく聞きます。

 1段仕込みってことは、一気にタンクいっぱいに
 材料を混ぜてしまうことでしょうし、
 6段仕込みというのは、6回に分けて入れるんでしょうね。
 
 1段仕込みのお酒「高砂 純米」の味は
 じゅうぶん濃くて おいしいものでした。
 6段仕込みの酒は買ってません。


 それと、衝撃的なものも!
 デザートのアイスクリームにかけた
 「みりん」。

 常温でしかも夕日も当たりまくりで5年経ってて、
 見た目はまるでバルサミコ酢。
 味は……常温熟成を10年くらい?の日本酒みたい。
 これが、また、アイスクリームに最高にあうんですよ。
 どうしましょう。

| | Comments (0)

2003.12.21

朝市で景気よく新酒完売!

 今朝、湖西の山並みは真っ白!
 寝坊して7時過ぎに浜大津へ行く途中の道も
 凍っていました。

 さて、今朝の4時起きで
 姉御はマキノ町まで走り、
 吹雪の中
 新酒にごりを吉田酒造に受け取りに行ってくださいました。

 そのおかげで、新酒は完売!
 カメから木のひしゃくで、ビンに注ぐ、
 量り売り、
 そして、買って下さった方へは
 3本〆で景気づけ。

 なんだか小川酒店ブースは
 ぎわってましたー!
 
 このサイトを見てくださっている方も
 おいでくださって、うれしかったです!

 にごり酒、お正月用にもぴったり。
 試飲してもらうと、おいしい!と大好評でした。 
 みなさま、ありがとうございました。
 

| | Comments (0)

2003.12.20

明日は浜大津朝市!雪は大丈夫かな

 今日は朝から白い世界。
 滋賀でも南では雪景色は珍しいのです。
 一日、降ったりやんだり。

 今日の仕事は本陣取材です。
 こんなに寒い日には、
 足元からしんしん冷えます。

 しかし、誰もいない本陣の中の空気は
 なんだか不思議なざわめき。
 江戸時代の大名や、家老が、どこか角を曲がって
 歩いてきそうでなりませんでした。

 
 明日は、浜大津こだわり朝市です! 
 搾りたてをお好きなだけどうぞ。
  

| | Comments (0)

「探偵!ナイトスクープ」今夜も爆笑

 今夜の依頼は3本とも久々の大爆笑。
 真夜中に近所迷惑とは思いつつも、
 腹の底から笑える幸せを満喫してしまいました。
 (ウィークエンド虚無僧お父さんは、
 「めぞん一刻」の四谷さんを連想……)

 で、その中に、池の中の不気味な水クラゲのような
 コケムシというのを食べたい、という依頼がありました。
 姿形だけでなく、臭いもひどく、
 ドブ臭さが染み付いているようです。

 キレイにしたら、
 見た目はアロエのような感じでした。
 
 いつもの辻調理師専門学校の先生は、
 それに塩を振って、泥水を出し、
 その後よく水にさらして、
 ネギと、ショウガと日本酒に漬けて、
 ゆでていました。

 さーすが、日本酒!!
 こんなときにも大活躍です。
 つまり、それが書きたかったわけで。(笑)

| | Comments (0)

2003.12.18

新酒到着の知らせ

 実家に送った新酒セットが
 届いたという電話がありました。

 「こりゃあ、何と読むんじゃ?たけうまれしま?」
 「竹生嶋(ちくぶしま)。琵琶湖の中の島の名前!」
 「おー、琵琶湖周航の歌に出てくるけん、知っとるわい」

 「燗せんほうがええんか?」
 「うん!加熱してない生じゃけんな」
 

 ということで、大騒ぎの実家ですが、 
 「うまい!」「飲みやすい」ということで、
 今年も喜んでもらえました。

| | Comments (0)

今年2番目の新酒は「菊水 ふなくち」本醸造 生

 西友で探したけれど
 滋賀のお酒は無く、泣く泣く新潟の「菊水」の缶を。

 しかしなあ、生酒ですよ、これ。
 いくら缶入りとはいえ、棚にさらしておく?
 うーん…。

 (注:あとからわかったのですが菊水の缶は
    常温でも大丈夫なように加工してあるそうです)

 まあ、今年の新米での新酒とのことですので、
 まだそれほど熟成もしてない。
 楽しみましょう。

 いつも、「菊水」はおいしいな。
 甘口でとろりとしてて、新鮮で。
 ぴりっとしてます。
 
 肴は、生味噌です。 

 お酒って「ずずずっ」と音をたてて吸い込むと
 なんか風味が増すんですねー。
 あ、飲みすぎるぞ。

| | Comments (0)

2003.12.17

食と酒の王様 らいおん

 久しぶりに、家族で食事へ。
 JR南草津駅前の「食と酒の王様 らいおん」に
 初めて行ってみました。

 和とフレンチの融合をテーマにしているというだけあって
 和の素材を洋風に料理したものが出てきました。

 突き出しには、和風の焼き物の皿に
 シェリーグラスのような小さなグラスとか
 手塩皿のようなものを5つ。
 
 薄味の、上品な味付けの肴が5種類載っていました。
 かわいいイイダコの煮物、
 魚卵の煮物、
 昆布にとろろとイクラをあしらったもの、などなど。
 酒飲みならうれしくなる!

 焼きカキは、
 一人用炭コンロに、コンブを乗せて
 その上で焼きます。
 ふわっと盛り上がったら、裏に返して。
 火がちょっと通ったところが食べごろ。
 スダチを絞り、食べると
 コンブの味が染みて、そのままでじゅうぶんおいしい!
 
 カニのオムレツも、ソースはクリーミーなカニミソ入り。
 あと、一人用土鍋と、卓上炭コンロで
 ぐらぐらに煮えたボルシチも本格派。
 ラムチョップの香草焼きの付け合せは
 チコリのサラダとエビイモ。

 食器も、感じがいいし、行き届いてます。

 お酒は、「松の司 大吟醸」「大治郎 袋吊り」という
 滋賀の酒に、
 「綿屋」「九平次」などというラインナップ。
 焼酎も豊富。子どもには100%グレープジュース。
 さすがは、草津のとくち酒店さんのお店だけあります。
 お酒とお料理、どちらもうまい。
 どちらも引き立てあう、その相乗効果をわかっている料理人さんです。

 最後に食べたのは、蒸しウニの贅沢DON。
 どんぶりというには
 小さな四角い食器のフタをとると、一面ウニ。
 その下は、白ご飯です。
 ちょっとだけ、とろろイモも入ってました。
 味付けは甘辛く煮たシイタケ。
 ノリも付いていて、お好みでご飯を巻いたりして食べます。
 1300円。ワサビとあうー。

 夫が味付けなど、すごく気に入りました。
 お酒3種類と、以上の料理。3名で合計1万1千円4百円。
 (って夫のおごり。ご馳走様でした!)
 また、みんなで来られるといいな。

 草津市野路一丁目16-5サンマール南草津2F
 077-566-4024
 営業:18時~24時、お昼は予約のみ
 お昼メニュー:ランチBOX1800円、ランチコース2200円

| | Comments (0)

忘年会 欠席すると

 ゆうべは、ある集まりの忘年会。
 「絶対参加すべき」立場ではなかったので欠席しました。

 しかし、今朝の感想メールを読むと、
 「ゆうべは楽しかった」「ありがとう」
 「やはりあそこからの夜景はすごい!」
 …
 行きゃよかったか。ちょっぴり後悔。

 ささ、仕事仕事。

 

| | Comments (0)

2003.12.16

今年最初の新酒は道灌さん

 新酒買いました!

 草津の道灌蔵こと、太田酒造さんの搾りたて生原酒です。
 税金込みで4合1200円弱。

 草津市の中野酒店さんでゲット。 
 飲みやすいんで、かなりすすみます。

| | Comments (0)

2003.12.15

てんしょく説明会 大津百町館編

 夜の7時から、
 てんしょくの説明会でした。

 場所は大津市の丸屋町商店街の中。
 古いおくどさんのある町屋です。

 炭を使って、釜でご飯を炊くのも初めて。
 でも、うまく炊けました!
 もちろん、料理チーフのTさんの腕のおかげです。

 そして、湖北名物「とり野菜鍋」。
 お漬物、フナ寿司、佃煮のバイキング状態。
 乾杯は「竹生島 純米 生原酒」。
 姉御からの差し入れ「浪乃音 ええとこどり 純米吟醸」も。

 もちろん、てんしょくの現状と今後の説明やらも
 代表のお二人から。
 まじめに話ながら、
 でも、お鍋をおいしくいただきました。

 白菜、しいたけなど、お野菜がおいしく食べられる、
 とり野菜味噌、いいですねえ。
 
 おいしいものがあると元気が出ます。
 おいしいご飯はパワーの源です。

| | Comments (0)

2003.12.13

ついに満杯!15MB

 ニフティのホームページサービス、
 無料分の10MBでは足りないので5MBプラス。
 それがついに、いっぱいになってしまいました。
 
 来たかー。
 大々的にお引越ししなくては。

 ついでにヤフーBBも、8MBから12MBへ拡大。
 
 携帯も、いまだに070のPHSなのですが、
 そろそろFMも入るAUの機種にしたいなあ。

 
 「一本義」のDM「以心伝心」到着。
 以前プレゼントに当選してから
 くるようになりました。

 ベージュの紙に1色刷り、二つ折りパンフです。
 内容は、造りの現場の1つ1つをレポート。
 今回、糀担当ともろみ担当者のお話と写真。
 表紙は、地元の名物、にしんずし。
 「おいしいものに目がない党」党員からの投稿だそうです。

 「目覚ましテレビ公認 わがまま!気まま!旅気分!」
 という番組で紹介されるとも書いてあります。
 BSフジ 12月20日(土)ひる12時-13時25分

 力入ってるなあ…。
 しかし、この時期に「お歳暮」「新酒」の文字がひとつもない。
 「売りたい」という直接的なアプローチが
 まったく感じられない、珍しいDMでした。

| | Comments (0)

クリスタル・ケイを聞きながら

 夜中になると
 まるでハムスターが回し車を夢中で回すように
 子どもがケーキ作ったり料理したりしてます。
 ここ1週間くらい。

 おいしいんですよね、焼きたてのバナナマフィン、
 しかし真夜中だぜ。
 しかも、おでんに「亀亀覇」入れるなよー!! 
 あううー。

 
 卵の黄身の味噌漬け、「亀亀覇」「不老泉 特別限定品」と
 あいました。
 こってりー。

 吉田酒造さん、初搾りの酒の写真がサイトに。 
 うう、うまそう。
 池本酒造さんも、メールで初搾りのお知らせきました。

 ああ、早く飲みたいです!

| | Comments (0)

2003.12.11

黄身の味噌漬け大成功!


 今朝は地元のラジオに出てきました。
 今日の話題は、
 黄身の味噌漬け。

 やはり、冷凍しておいたら
 形がすごくきれいな半球形に。

 パーソナリティのOさんは、
 「からすみみたい!」とえらく評価してくださいました。
 よかったー。
 
 夕食は味噌煮込みうどん。
 味噌漬けに使った味噌を使用してます。
 粕漬けのササミと、お酒は「亀亀覇」「竹生嶋 純米」。
 気持ちよーくなりました。

 今日は朝から小雨の中を
 大津市内を行ったり来たり。

 お昼はオープンセサミさんで
 初めて5種類チョイスのランチ。
 大満足でした。

| | Comments (0)

本読んでますか?

 最近、気がつくと本を読んでないんです。
 映画は、子どもが借りてくるDVDで
 結構見てます。

 でも、本は読んでない。

 本を読まないと
 なんだか自分が枯れ枯れになってくるようで
 こわいです。

 こんなときには泉鏡花の「高野聖」に
 どっぷりつかるといいのかな。
 
 本といえば。

 思い切り 今、昼メロになってる「真実一路」には
 驚きですー。
 あの「真珠夫人」以来、純文学の中の
 純愛に皆が別のおもしろさを見出してしまったんでしょうか。
 #タワシコロッケのシーンって原作にあったのかなあ。

 (なんでこの時間になるとお腹がすくのかな)

| | Comments (0)

2003.12.10

肴にぴったり!ササミの粕漬け

 粕と味噌と砂糖の床が
 まだいけそうなので、
 今度はササミを漬けてみました。

 魚焼きグリルで
 焼いてみると、こんがり。

 ササミの身が締まって、ちょっと固くなってます。
 裂くようにして食べます。

 粕の風味と、
 味わいが染みて、えもいえぬ肴にっ!

 卵の黄身も、ササミも、
 そんな高い素材でないし、
 そんなに複雑な持ち味ではないのに、
 粕と味噌のうま味が
 まるで別のもののように深みのある食材に
 変えてくれます。

 おためしください。

 突然、燃える子どもが
 昨夜作ろうとしたのは、カニクリームコロッケ。

 しかし、油に入れると姿を維持できないで総崩れ。
 できあがったのは
 衣の塊と、ぼってりしたクリーム。
 
 結局、カニクリームは
 今日の夕食のドリアのソースとなりました。

| | Comments (0)

2003.12.09

忘年会 その1、衝撃の出会い

 土曜日が今年の忘年会のトップでした。
 なんか、すごいお酒に出会ってしまった!

 ロックでよし、
 燗でよし。
 一口飲むとわかる、その差。
 燗でも温度でえらく味が違う!

 はあー。なんて幸せなんでしょう。
 でも、市販されてないんですって。
 悲しい。

 銘柄いわんとこかな。 って「大黒正宗」です。(言うとるがな)
 ただし、5年もの。かどや酒店さんの秘蔵品らしい。
 なんか、同席した方たちとも、
 えらくこのお酒で盛り上がって楽しかったです。


 電子レンジに「弱」があるのを発見して
 (アホか>自分)
 お燗に使えることを覚えてしまいました。

 そりゃ、鍋で水からがいいんです、
 でも弱レンジでも結構いけるもんなんですね。
 今夜は「竹生嶋 純米」。
 ちょっと熱めの燗がうまい!

 卵の黄身の味噌漬けは、うまくいきました!
 とろーり、珍味。つまよう枝でなめます。

 「幸せ探して何十年~。黄身の味噌漬けが
 うまく漬かったら幸せになれるでしょうか……」
 今夜も幸せウサギなあひるでした。

| | Comments (0)

2003.12.05

「フーシェ」噴出


 ゆうべは顔出しテレビで
 喜びの杯を一人であげようと、
 平井商店の「フーシェ」を空けました。

 にごり分がずいぶんたまってる……。
 ひっくりかえして、と。
 
 「おかん、顔出し看板始まったで!」
 「あ、ほんま」
 
 と目を離して手だけが栓を明けました。
 すると
 プシュー!!

 「うわあああー」吹いてる吹いてる!
 結局1合は軽くこぼれることに。

 もったいなーい。
 でも、味は炭酸がきいて、
 上のほうは軽く、下のほうはモロミの甘みがあって
 うまい!
 
 アルコール度も13-14度なので
 軽めです。
 おいしくて、たっぷり飲んでしまいました。

| | Comments (0)

2003.12.04

顔出し看板NHK放映!


 今日の夕方、
 NHKのローカル版ニュースで
 顔出し看板コンクールが紹介されました!

 委員長と、幹事さんが中心となり、
 土山町と信楽町と大津市の顔出し看板に顔出したり、
 「顔出し看板とは」とか
 「顔をナナメに出したほうがいいですね!」と
 顔の出し方を指導したりと
 がんばってました。

 結構時間とってもらえてたので、
 うれしかったー!
 うちのサイトからリンクしてる
 サイトの表紙も写ってました。

 うちでは子どもたちに
 「あのサイト、おかん作りましたー」
 「この看板、おかんが写真撮りに行きましたー」
 なんて解説していると、
 もろに自分が顔を出して満面の笑みを浮かべている写真が。

 子ども「見とうなかった」
 「塾の先生に見られてなければいいけど」。

 こんな犠牲も出しつつ、
 進行する顔出し看板コンクール。
 応募殺到を夢見て明日もがんば!

| | Comments (0)

赤魚の粕漬け


 黒米の粕と、味噌を適当な割合で混ぜ、
 ちょっと砂糖を加えたもので
 赤魚の切り身を漬けました。

 ゆうべ、漬けておいて、
 今日の夕食に焼いたら、大好評です。

 見た目がすでに、
 白身のところが
 透き通るようなべっ甲色に変わっていて
 ちょっぴり残しておいた粕が
 焦げ、香ばしい。

 魚だけでは出せないこのうまみ。

 調子に乗って、
 卵の黄身の味噌漬けにもチャレンジです。
 漬けたあとで、「黄身を冷凍したらいいの知ってた?」
 Iさんがずっと前に叫んでおられたことを
 思い出しました。

 つぶれませんように。
 

| | Comments (0)

2003.12.03

秘書は アウトルックという

 今夜は胃が痛むなあ。
 と、味噌っかす漬けの大根をぽりぽり。
 微醗酵してるので、腸にいいようです。

 大根は、草津市にある湖南農業高校の
 生徒さんたちで自分たちの育てたものを
 本陣の街道でリヤカーに積んで
 1本100円で売ってたんです。

 生味噌をちょいとつけるだけでも
 大根スティックは
 みずみずしく、
 いくらでもシャクシャク食べられてしまいます。


 私を応援してくれる秘書が
 最近やってきました。
 (性別は不明ですね!)
 名前はアウトルック。
 仕事を済ませるまで
 何度でもやかましく言ってくれます。
 この調子でスケージュール管理よろしくね。

| | Comments (0)

2003.12.02

表紙に思い出の滋賀の地酒アルバムをUP

 お酒がおいしそうな写真を表紙に飾りたいと思って
 物色しているうち、
 思い出がよみがえってきて
 たくさんUPすることに。

 それぞれに詳しいページをリンクしてみました。

 去年は、新酒が搾れた頃を見計らって
 蔵元さんに伺って、
 買ってきたというのに、
 今年はネットで予約です。
 
 ちょっと悲しい。

 それに、姉御に会ったら
 「あひるちゃん 夜中にカロリー摂取し過ぎ!」
 と指摘されてしまいました。

 そのとおりでございます…。

| | Comments (0)

« November 2003 | Main | January 2004 »