« December 2003 | Main | February 2004 »

2004.01.31

滋賀の3人、京の夜に酔う

 姉御&おーちゃんと
 初めて夜の京都の居酒屋へ繰り出しましたー!

 今までにも、お会いしたことのある
 パンチさんこと、木下さんのお店
 「地酒BAR」です。

 お酒の種類がハンパじゃないっ!
 しかも、生酒ONLY!
 そのうえ、古酒であってもおいしいのばかり。
 生で、7年も経ってて、あの味と香り。
 ううー、すごいことだー。

 パンチさんご自身が、
 お酒にめちゃめちゃ詳しいので、
 こちらも楽しいんです。

 そして、滋賀に住んでいらっしゃるだけあって
 滋賀の地酒が飲める!

 ううう、うれしいじゃありませんか。
 うちら3人の盛り上がることったら!
 「おいしい!」
 「これは家では食べられへんわー」
 「あー、幸せ!」

 肴も、日本酒に合うものばかりなんです。
 サバの燻製は
 生っぽさが残る加熱ぐあいといい、
 お酒の香りを殺すほどきつくない香りづけといい、
 ほんまに絶妙!

 ほかにも豆腐の燻製、
 生タコのぶつ切りにミョウガ、
 鯨ベーコン(練りからし)、
 牛タタキ……。

 お店に来ていた見知らぬ東京のお二人も
 巻き込んで
 仲良くなってしまうくらい
 陽気に盛り上がりました。

 てなわけで、ゆうべはお約束の
 ばったり倒れこみ。
 日記も書いたつもりが残ってませんでした。(笑)

| | Comments (0)

2004.01.29

もう甑倒し


 1月ももうすぐおしまい。
 2月上旬には、甑倒しという蔵元さんもあります。

 うう、どうしよう、
 今年の造りの時期に伺えた蔵元さんは
 ほんとに少数。

 新規開拓もできてないし。
 あせるあせるあせるー。

| | Comments (0)

2004.01.28

日本酒が食玩に?


 カネボウフーズから「酒蔵紀行」という
 フィギア付のお菓子が発売されているそうです。

 コンビニにあるらしいのですが、
 京都なら「玉乃光」とか
 北なら「南部美人」とか。
 12種類+シークレット2種類。
 
 ど、どんなフィギア!?
 付いてるお菓子は日本酒味のラムネとか?

| | Comments (0)

2004.01.27

インカローズ、ローズクォーツ、ラピスラズリ

 てんしょくの近くの
 パワーストーンを売っているショップ
 「アルカイック スマイル」に伺いました。

 天然の石って
 いろんな形と色、輝きがあるので
 驚きました。
  
 ラピスラズリは、
 アニメ「耳をすませば」に出てきたのですが、
 本物を見たのは初めて。
 青い中に金色が散りばめられた
 存在感のある石でした。

 ローズクォーツは、
 透明感のある、薄いピンク色の石。
 それを立体的なハート型にしてあって
 とってもかわいい!

 
 「こんな石を眺めたり、
 身近に持っていると、気持ちいいだろうなあ」
 そんな魅力的な石がごろごろ。
 一番「欲しい!」と思った石の値段は
 2万円。
 危険です。(笑)

 何とか踏みとどまり、
 ペンダントトップに小さい石(980円)を1個買って
 帰りました。

 (酒ネタなしですみません)

| | Comments (0)

2004.01.26

「七本槍 しぼりたて 純米 中汲」 &QUEEN

 うう、うまい!
 搾りたてなのに、まろやか。
 甘さも上品だし、やさしい。
 荒々しさがありません。
 (香りは、かぜで鼻がきかないので不明)

 うっすらオリもからみ、
 色は黄金色。

 このラベルも手作りっぽくて
 好き!

 この前、冨田酒造の前掛けを買ってきました。
 勝手に蔵人気分です。


 月曜9時のフジテレビドラマ「PRIDE」の
 テーマソングはQUEENです。
 ほんとに古びないんですね。

| | Comments (0)

2004.01.25

ポルノグラフィティ

 最初聞いたとき、
 「何?それ」と聞き返してしまいましたが。

 今ではすっかり定着してますね、
 ポルノグラフィティも。

 彼らのふるさと、
 因島に行きました。

 市立図書館に寄ってみると、
 入り口に、彼らのアルバムのポスターが
 2枚貼ってありました。

 それから道路そばの
 電気店の外壁に
 「ポルノグラフィティ紅白出場おめでとう」の
 横断幕が。
 やっぱり応援してはるわー。


 尾道にも行きました。 
 一応、ラーメン食べました。
 でも、お酒もさがす余裕もなく……。
 なんとか行って帰って来られてよかった。
 

| | Comments (0)

2004.01.23

なかなか全快しませんね


 今日は伏見に小箱ショップ「たまり場」を
 見学に行きました。
 てんしょくの店長といっしょです。

 学生2人で、商店街の空き店舗を活用し
 貸しスペースとして手作りアート作品を売るお店を運営。

 若い二人の笑顔と元気な声で
 とっても入りやすいし、元気になれるお店でした。


 黄桜のカッパカントリーのすぐ近くの
 商店街です。

 ランチは、黄桜の
 おくどさんのご飯の定食でした。
 お漬物盛り合わせもおいしかったわー。

| | Comments (0)

犬と私

 
 小学生の頃、
 犬はまだ自由に飼われていました。
 つながれないで飼われている犬もいました。

 そんな犬が、
 子どものそばに生きていました。


 国道が新しくなる工事のさなかで
 「犬養源八」が私のそばにずっと座っていてくれました。
 「犬塚志乃」もいてくれました。

 今なら野良犬とされる犬たちだったかもしれません。
 でも、あの頃子どもと対等に
 生きていた犬たちが、本当にいました。

| | Comments (0)

2004.01.22

桜 リターンズ

 風邪の山も越えたようで、
 楽になってきました。

 
 ところで、
 オリコン6位の「桜」。
 これを歌っている河口恭吾さんは
 「滋賀の森山直太郎」と呼ばれたくらい。
 (ヒゲが濃い、というキャラでした)

 「桜」は滋賀で去年局地的にヒットしてました。
 河口さんはエフエム滋賀で
 番組パーソナリティをやってました。
 (私は、彼が局の忘年会で
 ウエイトレスの仮装をしたのを知っている)

 森山直太郎さんも、エフエム滋賀に来て
 歌ったこともあります。

 でも、全国区になったのは、
 「森山桜」のほう。

 昨日、「ちちんぷいぷい」でも注目されてましたし、
 今年は、なんだか「河口桜」が咲きそうです。
 滋賀から全国区へ!応援したい!
 

| | Comments (0)

2004.01.21

熱さまシート2箱目

 仕事の残りをなんとかクリア。
 それから、いつもの仕事に取り掛かりますが
 ふだんのふんばりがききません。
 
 
 こんな時には、どんなお酒を飲むと
 気分が晴れるかな?

 酸がきいてて、
 口に含んだ瞬間甘く、
 鼻に抜ける香りが、少しフルーツを思わせる。
 口全体に軽やかに広がって、
 飲んだあとキリリ、甘さが残らない。

 要するに、ちょっと軽めのがいいですね。
 
 今は風邪で鼻もきかないし
 あまり本来の味がわからず、おいしく飲めないので
 イメージだけー。

| | Comments (0)

2004.01.20

風邪の逆襲


 月曜日、すっかり回復したつもりで
 事務所に出たら
 夜、動悸はするわ、熱は出るわ、
 息苦しいわ、
 ちっとも眠れない!

 しまいにゃ、咳き込んだら
 「ゴホゴホッ!
 おとっつあん、大丈夫?
 いつもいつもすなまいねえ。オレがしっかりしてりゃあ…。
 それは言わない約束だよ、おとっつあん」
 と、一人ピーナッツ&ハナ肇コントを始めるしまつ。
 (こんなんわかんないよなあ、あーあ)

 
 てるさんの「能登の酒・輪島の酒」をリンク集に加えました。
 相互リンクということで、ありがとうございます。

 なんか、ご縁があるんですよねー。滋賀とは。
 酒も魚もおいしいし!
 珠洲焼きも素朴な魅力!

| | Comments (0)

2004.01.19

本当にごめんなさい! & リンク追加しました


 浜大津朝市の、姉御とおーちゃんに聞いたところ、
 なんと、大阪から訪ねてきてくださった方が
 おられたとか!!

 きっと、昨年の忘年会で
 「毎月やってるから来てね!」とお誘いしたおふた方。

 本当にごめんなさいーーー!!
 遠いところ、本当にありがとうございました。
 家鴨は不在でも、滋賀までの小さな旅を
 楽しんで頂けましたか?

 
 ところで、リンク集に
 みかんさんのサイト「みかん箱」を追加いたしました。
 先日、お出会いした方で、ほんっとに日本酒好きな方なんですよお。
 毎日、BBSは大にぎわい。

| | Comments (0)

2004.01.18

風邪で爆睡


 土日、風邪で倒れるように寝てました。
 額には「熱さまシート」、
 マスクは、「超立体」。
 いやな寝汗かいて、変な夢みながら、
 爆睡です。


 予定していたヨシ刈りと朝市も欠席してしまいました。
 申し訳ない!
 みなさん、ごめんなさい!!


 日曜お昼くらいになってやっと
 PCに向かうくらいに復活できました。

 
 ところで、新しい携帯電話が届きましたー!
 これで滋賀県どこ行っても通じるはず。 
 PHSだと、マキノ町なんて、駅前にいても圏外でしたから。

| | Comments (0)

2004.01.16

風邪


 おかんが悪寒、あかんわ、お燗やー!

 てなわけで、風邪ひきばな。
 お酒飲んで寝ます。
 おやすみなさい。

| | Comments (0)

2004.01.15

新年会ランチ 「不老泉 初しぼり」極寒手造り 生 限定品 木槽天秤しぼり

 「さ、さっぷい~!」
 と、ボブが言ってます。

 きっちり、受験生の下の子が熱を出して倒れました。
 今日は午前中仕事だったので、病院にも連れていけず。
 午後も、仕事関係の新年会ランチに連れて行っていただいたのです。
 明日、朝一番に行かなくては。
 
 キットカットの溶けたやつが
 受験生には縁起がええそうです。


 今日のお酒は、「不老泉 初しぼり」。
 ちょっとにごってます。
 生。

 これを燗すると、うまい、という
 上原さんの言葉で買いました。

 燗してみました。
 ひやより、うまいかも。
 ひやだと、甘さが結構きつい。
 でも燗すると、ええあんばいに味のバランス変わりますね。
 うーん、日本酒ってすごい。

 明日は、仕事関係の新年会ですが、
 もう仮装に力出せませんー。
 パス。 

| | Comments (0)

2004.01.14

蔵見学に行きたいっ!


 ちょっとづつ、見学の日程が入ってきました。
 行きたい!!
 でもいけるかどうか。微妙~。

 新規にテープ起しの仕事が入りました。
 簡単に引き受けるなよ>自分
 ほんと、肩が凝る仕事ですわ。
 でも、なんとかがんばるぞ。

 
 今夜は、たぶん麻原酒造の 手詰め中取り 純米
 八反錦 にごり 無ろ過生原酒です。
 これ、昨年の年末に飲みさしにしてて
 冷蔵庫にずっとおいといたんです。

 にごりの最後のどろっとしたとこが
 シュワシュワしてます。
 原酒はちとつらいなあ、という時でも
 炭酸味があると、飲めるもんですねえ。
 粒粒がまた。

 卵の黄身の味噌漬けといっしょに
 ちびちびやってますぅ。
 

| | Comments (0)

うるさい複合機


 複合機のプリンタを使うと、
 えらく派手な音がするので、びっくりしてしまいました。

 ウィ・ウィーン・ウィーン
 カシャカシャッ・チュイン!

 お前はロボコップかいっ!

| | Comments (0)

2004.01.13

「会津娘 生」(去年の)もらいました!


 かどやさんの冷蔵庫に
 眠っていた去年の生酒。
 これがまた、一口含むと「うふふ」って笑う味。
 ぜんぜん、古さを感じない香りと味です。 
 
 新年会の最後、このお酒をもらって帰りました。
 帰りの電車で抱いて帰ったので
 ちょっとぬくもったかも~。

| | Comments (0)

2004.01.11

どうしましょ

 今日は丸一日オフ。
 というとまったく動けませんでした。
 
 朝、子供の作った、
 けんちん汁の丸もち雑煮を食べ
 寝込んでしまいました。

 
 薪割りのことを思い出してから
 子どものころのことがフラッシュバック。

 子犬が産まれたとき、
 犬小屋に入れてもらって、
 母犬と子犬といっしょにいたこととか。

 実家で寝てたら、
 子ねずみがチョロチョロでてきて
 目が合ったとか。

 あと、下の子の出産で
 未熟児だったので、
 すぐに救急車に乗せられて行ってしまったこととか。

 その子が3歳くらいのとき
 温泉宿で2階の窓から落ちて
 青森県の病院で入院したとか。
 1針縫うだけであと何もなくてほっとしました。

 子どもたちも、
 たくさんの方に助けられて
 今がある、と再度確認しました。


 お酒は、上原酒造「奥琵琶湖 原酒」にごり酒。
 封を開けると、シュワシュワっと泡が吹き出します。
 にごりの沈殿していたのが上に浮き上がってきました。
 
 こぼれるほどではありませんでしたが、
 新酒のうまさ堪能。
 あ、もう4合なくなりそう。

| | Comments (0)

2004.01.10

グリーンプラザからすまのベジカフェでランチ


 てんしょくの仕事で、
 生産者の方の畑訪問でした。

 帰りに、草津市の道の駅、グリーンプラザからすまへ。
 琵琶湖博物館の向かい、夢風車(風力発電中のでっかいプロペラ)が目の前です。

 ここは草津市内の生産者がそれぞれに野菜などを持ち寄り
 名前入りで売っていますが
 お値段も自由なのか、
 市価より安いものも多いです。
 中には、有機栽培や低農薬の生産物も混じっています。
 いろいろで選ぶのも楽しい。

 土曜日のせいか多くの人で活気にあふれていました。

 
 今回のお目当てはランチ。
 レストランは「ベジカフェ」という名前です。
 近江米がメニュートップに載っているくらい、
 力を入れている様子。

 あとは、ハスを練りこんだハス梅うどん、
 五穀とろろご飯、
 それにハスの肉はさみ揚げや鳥の旨煮、味噌汁、小鉢などの
 ついた、ベジカフェごはん。
 野菜の入ったベジカレー。
 結構いろいろあって楽しいです。
 
 お気に入りは ベジカフェごはん800円。
 とろろ五穀ご飯だけでもボリュームたっぷり。
 
 でも、小鉢の中身が、どうも出来合いのお惣菜っぽく、
 平日の水菜の胡麻和えのほうがよかったなあ。
 残念。
 

| | Comments (0)

東京からの電話

 突然、03の市外局番から
 携帯に電話がかかってきました。
 懐かしい、埼玉時代の子どもの同級生のお母さんです。
 確か、練馬区だかに住んでおられるはず。

 お互い、いつしか受験生の母。
 エールの交換しました。

 
 そして、こんな夜中に、
 日本ハム「ミミガー」と吉田酒造の活性「にごりざけ」。
 う、うまいーっ。

 テレビは「ナイトスクープ」。
 薪割り名人を探すというもの。
 私も高校時代、お風呂用に薪割りしてたので、
 当時を思い出して楽しかったです。(どんな田舎や?)
 薪割りしてて、木が顔に当たって病院行ったりねー!
 (シロウト)


 もうすぐ、子どもの推薦面接。
 夫はそのころシンガポール出張。
 広島まで私が同伴です。
 がんばって安全運転しなくては。

 えーっと、広島の銘酒を事前チェックして、
 尾道ラーメンと、広島の地酒で、おいしい夕食は決まりですね。
 よーし、堪能するぞ!

 って、「おかん、こっちは真剣やで!」と
 子どもは怒るだろうな。(笑)

| | Comments (0)

2004.01.09

連携


 以前からご縁のあるある団体から
 酔醸会の協力を打診されました。
  
 おいしい農作物と地酒の会や蔵見学会を
 共同で企画運営しようというもので、
 目的は近いんです。

 協力しようと思いますが、
 うちらのできることってどんなことだろう?
 できることの少ないこと。

 

| | Comments (0)

「七本槍 純米 にごり酒」


 これも活性にごりで、
 炭酸味がきいています。
 お米の粒が少し浮いていたり。

 上澄みだけ飲んでも、
 どろりとしたにごりだけ飲んでもおいしい。
 くどくない甘み、上品な香り。

 17度から18度とのこと、
 飲みやすいけど実はアルコールはきつめですね。
 玉栄60%だそうです。

 なんかお腹が空くのは
 活性の酵母のせい?
 

| | Comments (0)

2004.01.07

このまえの日曜日、初蔵めぐり

 日曜日に、今年初めて、いつもお世話になっている
 蔵元さんにご挨拶に伺ってきました。
 
 朝市でお世話になった
 上原酒造さん、吉田酒造さん、冨田酒造さんです。
 
 上原さんは、まだお正月休みの最後の日、
 蔵人さんのおられない蔵で
 ウワサの天秤棒を拝見。
 すごい迫力です。

 古い樫の木を使っておられ、
 木製の槽でモロミを搾ると、
 粕歩合が上がって大変だそうです。
 そのぶんできあがるお酒の量が減るってことですもんね。

 それと、元気に育つ山廃仕込みの酒母の顔も拝見。
 いいですねー、元気な酵母や乳酸の泡。

 
 吉田酒造さんでは、杜氏さんにもお会いできました。
 今年はやはり「暖かいので、サーマルタンクでなんとか」と
 おっしゃっていました。

 高い気温対策に、吉田さんとこでは
 タンクに巻く冷水ジャケット新調されたとか。 
 これから吟醸などとなると、もっと気を使われるでしょうね。
 
 そして、最後は冨田酒造。
 お母様とごあいさつ。
 まず今年の杉玉の巨大さには驚きました。
 そして、初搾りのラベルがすごく感じがよくて
 全種類買ってしまいました。

 おいしいお酒が山ほど仕入れられ、
 蔵で凍えることもなく
 快適でしたが、仕込みのためには気温が高いと心配です。

 今回も、姉御とおーちゃんにお世話になりました!
 蔵元さんもお正月でお疲れのところ
 ありがとうございました!

 写真などもいっぱい撮ったのですが、
 またサイト移動してからUPいたします。

| | Comments (0)

2004.01.06

新年会だったー!

 ゆうべは
 新年会でした。

 そのお店には
 「開運」「松の司」「大治郎」が。
 
 「開運」(純米)は静岡のお酒で、
 おいしかったです。

 「松の司」は「楽」、
 「大治郎」は迷酒(まよいみず)、純米吟醸。
 無ろ過生原酒。

 で、肴がみんなおいしいので、
 新年から大喜び。

 土手焼き、砂肝とシメジ焼き、アナゴ焼き
 豆腐サラダ、焼きうどん。
 どれもちょっと一工夫あって、
 ええ味出てました。

 おいしい酒と肴、両方そろうお店で
 楽しい仲間と楽しい時間を過ごすことができました。
 でも、盛り上がりすぎて終電をのがしてしまったのは失敗。
  
 お店はくさつ平和堂の南向かいの「隠岐」さんです。
 

| | Comments (0)

2004.01.04

ジャン・バルジャンとエビイモ

 こんな夜中にエビイモをレンジで加熱中。
 浜大津の朝市でお隣のブースで買った芋です。
 これが加熱すると甘くておいしいの。

 お酒は、吉田酒造さんの「初しぼり」「にごり」と
 越の雄町(新潟の美の川さん) 純米吟醸 無ろ過生詰。

 おいしいです。エビイモも、味噌でいけます!
 でも、生酒がキツイ私は正月ボケ?

 
 で、どうしてこんな夜中に?かと言いますと
 今日、衝動的に複合機を購入してしまったからです。
 普通紙FAX、プリンタ、スキャナ。
 どれも、知人のお古か中古、しかも壊れかけでした。
 
 えいやっと、買ったのはいいのですが、
 設定中に、USBケーブルが無いことが判明。
 もうお店開いてない!

 あーあ、まったく自力で買って、
 独力で設定しようと思って
 がんばってたのに!!
 と、エビイモとお酒を合わせてみたくなりました。


 ところで、ここ数夜、
 NHKで「ああ無情」の海外ドラマを放映してます。
 これが意外におもしろいんです。

 吹き替えですが、なぜか江守徹さんの声の俳優さん、
 江守さんに激似!(ジャベール警部?)
 怖いです。

 そんなわけで、複合機が使えるのは明日以降ですね。

| | Comments (0)

2004.01.02

初ふぐ & シシ鍋の味つけ

 夕食、予約して京都へふぐを食べに。
 安い、うまいという情報が入っていたのです。

 しかし、その店は予約を入れているのに
 いつまでたっても座れそうにありません。
 接客最低。

 家族みんな疲れて
 しかたなくがんこ寿司へ。
 そこで念願のふぐのコースを堪能しました。

 ゆうべはシシ鍋、
 今日はふぐ。
 これでこれから1年間、ご馳走なくても生きてゆける。
 かもしれない。
 (あ、あと残るはカモか)


 そうそう、ゆうべシシ鍋の味付けを
 初めて家でしてみました。
 いつも、丹波篠山で買うときは肉屋さんで
 ミソダレをいっしょに買っていたので。

 味噌・みりん・砂糖・日本酒たっぷり。
 これを最初に鍋にいれて、
 火にかけ、練っておきます。

 それから水を入れ、
 根菜類(サトイモ・ゴボウ・こんにゃく・ゆがき大根)を
 入れて煮ておきます。
 柔らかくなったら、火をとめて少しさましておきました。

 それから、再度煮立てて
 シシ肉・ネギ・セリ・豆腐を入れます。
 すると根菜にはすでに味がしみこんでいるのでうまい!
 特にサトイモが絶妙!


 肉は赤身が多く、それほど脂がきつくなく、
 においもくさくありませんでした。

 今日はちょっとおなか周り、
 シシ肉……か。

| | Comments (0)

お正月の間にもモロミは蔵の中で


 ふつふつと沸いてはねているんだろうな…。

 というわけで、
 あけましておめでとうございます!

 2004年の幕開けは
 久々に家族せいぞろいの食事で始まりました。

 姑自慢のおせち料理と、
 うちから送った滋賀の地酒、
 お雑煮。
 子どもたちはお年玉をもらってニコニコ。

 お酒は「竹生嶋 純米吟醸 生原酒」
 「雪花 生原酒」
 「無名蔵 原酒」
 最初のおとそ代わりには
 金粉入りの有名メーカーの本醸造でしたが
 滋賀のお酒と比べて飲んでみると
 みんなあとが続きませんでした。

 そして、酔いが覚めたら午後から初詣。
 今年は初めてお多賀さん参り。
 多賀神社は、さすが、桧皮葺で派手さはなくても
 荘厳な雰囲気のあるたたずまいでした。

 人でごった返す参道の肉屋さんに
 しし肉発見!
 夕食はししなべで、あったまりました。

| | Comments (0)

« December 2003 | Main | February 2004 »