« 酒ビンリサイクルグラス | Main | パート終了 & 「純米吟醸 雪花 無ろ過生原酒」2004新酒 »

2004.02.27

彦根エバーグリーン リサイクルガラス工房


 迷いながらたどり着いた
 彦根駅すぐの工房で、
 ガラスを1300度の炉で溶かして
 砕いた酒ビンをまぶし、
 グラスにしました。

 みんなで協力し、30個が完成。
 しかし、ビンにも使えるのと
 使えないのがあるとは。

 ビンの底には、ビン会社の記号が。
 滋賀工場のビンもありますね。

 藤居本家さんの「美湖(ひこ)」は
 実験済みで、ちゃんと使うことができました。
 でも、喜多酒造さんの「喜楽長 大吟醸」の濃い緑は
 確認できず、仕上がりに不安が残ったまま。

 今日作ったグラスは、
 まだ窯の中。
 500度にさましてから取り出すそうです。

 ああ、早く対面したいな。

 それにしても、先生は休まずに11時から4時くらいまで
 きっちりご指導くださり、
 本当に頭が下がりました。
 グラスなんて、自分で50個くらい作るのは
 わけもないことで、
 こういう体験の指導が一番疲れるということです。

 そうでしょうねー。
 私も、作りかけで1個割ってしまいました。
 おばちゃんが、なかなかできない、とおっしゃってました。

 私もおばちゃんかぁぁぁー!
 

|

« 酒ビンリサイクルグラス | Main | パート終了 & 「純米吟醸 雪花 無ろ過生原酒」2004新酒 »

酒肴日記 」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 酒ビンリサイクルグラス | Main | パート終了 & 「純米吟醸 雪花 無ろ過生原酒」2004新酒 »