« 脳みそ 煮えそう | Main | ミニかんすけ発注 »

2004.07.22

「真菜板」の杉田さんに電話インタビュー

東京の有名なお店らしい!高田馬場の居酒屋さんの店主杉田さんに、滋賀のお酒について伺いました。
「小さなお店なので20も置けない」中に、滋賀の「浪乃音」と「不老泉」の2銘柄が席を確保しているのはすごいことですよね。

杉田さんがお酒を選ぶ基準は、有名無名関係なく、無ろ過生原酒で、燗がおいしい、個性がある酒。(おおーっ、パンチさんとこと共通かもっ) それと滋賀の酒は知名度が低い。とのことでした。

杉田さんは、燗の研究を20年続けておられるそうで、それでもまだ日本酒は奥が深い、とおっしゃっていました。水から、じっくり温度をあげていく燗、その酒のタイプによって、適温が違う。いろいろ試しました、と。

おおー、もうそのお話伺うだけで、杉田さんの燗を飲みたくなってきます。絶対東京に行くぞー!!


営業時間中なのに、長くお話してくださり、ありがたかったです。Yさん、ご紹介感謝ですっ。
でもでも、こんなにお酒を愛している方が認める酒、「不老泉」と「浪乃音」やはり個性的な酒ですねー。


この杉田さんのコメントを、今度のプレゼンに組み込んでっ!!明日中にメールでデータを送らねば。
しかし、燗など、お酒の話を聞いていたら、飲みたくなってしまいました。いかんっ! >_<


▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

|

« 脳みそ 煮えそう | Main | ミニかんすけ発注 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「真菜板」の杉田さんに電話インタビュー:

« 脳みそ 煮えそう | Main | ミニかんすけ発注 »