« ミニかんすけ発注 | Main | サカイの中心で愛を叫ぶ(ナイトスクープ) »

2004.07.22

『風と出会う』NPO法人ひとまち政策研究所編

サンライズ出版1200円。 これはたくさんの現場の方がその専門分野を 分担して書かれた、滋賀のまちづくりの記録です。記録だけではなく、分析などもあります。

おうみ未来塾の先輩も、未来塾でのグループ活動がふくらんでいった様を書いておられます。また、滋賀総研の方が、Eまち滋賀のことをまとめておられます。信楽の狸学会のことも。(代表の方はお会いするたび、どんどん狸らしくなっておられる……)

ちょこちょこっとお会いしたりかかわりのある内容だったりと、興味深く読めました。

中でも、「おっ」と思ったのは彦根市の夢京橋キャスルロードや、花しょうぶ商店街のまちづくりのことに触れた部分。商店街の店主さんたちは、昔栄えていたけど、もう高齢だし、できれば何もしないでこのまま、という意識の人が多い。そんな人は話し合いの場にも出てこなかったそうです。

でも、お店を訪ねて昔のことを聞いたそうです。すると、「まだ花街があって、つやっぽいお姉さんがよく寄って話し込んでいった。そういうときは店も華やいだものさ」と、いきいきした場面を語ってくださったそうです。そこで「もう一度、そんな店にしたらどうでしょう。人が寄って話し込んでいけるような店・商店街にする、それが私たちの言うまちづくりなんですよ」と説明したら、今度は、そのお店のオーナーは毎回、会議の最前列に陣取るようになったとか。


このエピソードが、一番印象に残りました。


▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME


|

« ミニかんすけ発注 | Main | サカイの中心で愛を叫ぶ(ナイトスクープ) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『風と出会う』NPO法人ひとまち政策研究所編:

« ミニかんすけ発注 | Main | サカイの中心で愛を叫ぶ(ナイトスクープ) »