« 同窓会@てんしょく | Main | 「ミニかんすけ」到着! »

2004.07.31

暑い暑い京都、思い出すこと

「花に嵐のたとえもあるぞ さよならだけが人生さ」と歌った詩人がいて、「さよならだけが人生ならば 人生なんていりません」と歌った詩人もいる。

交通事故の知らせ、突然すぎました。

24年前、今日のように暑い夏のある日、岡山から一人で京都に行きました。尊敬していた先輩に長い長い「さよなら」をするために。

7年前、滋賀県民になって初めての夏、京都にある、その先輩のお墓参りをしました。お墓への道々先輩のご両親と、学生時代の先輩との思い出をお話しました。それが、本当につい昨日のことのようなので、涙が止まりませんでした。


いつでも会えるなんて思っていたら、いけないんですね。
もらった時間や言葉の暖かさ。でももう、返せない時間や言葉。大切な人には、そのとき、そのときに気持ちを伝えていかないと。その人のためにできることを、その時していかなければ。わかってるつもりやったのに。学習能力ない自分。

今日、あるできごとが先輩との出会いと別れを思い出させました。でも、長い長い「さよなら」、本当はできていないんです。先輩は今も24歳のままで私の心の中にいてはるんです。普通に。きっと、出会ったたくさんの人の心の中に、先輩は生きてはるはずです。

先輩に、今てんしょくで、私の大好きな日本酒を飲んでもらえたら。最高なのに。
あ、でも、きっと、生まれも育ちも京都の先輩のことだから、岡山育ちの私のヘンな関西弁を笑わはるやろなあ。


|

« 同窓会@てんしょく | Main | 「ミニかんすけ」到着! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 暑い暑い京都、思い出すこと:

« 同窓会@てんしょく | Main | 「ミニかんすけ」到着! »