« August 2004 | Main | October 2004 »

2004.09.30

表紙30000アクセス突破!

やっとです。2年と数ヶ月かかりました。ありがとうございます。

それにしても、ブログのアクセス数がわかっておもしろいです。ブログは、全体のアクセス数ですから、表紙だけよりももっとペース速いです。今週になって、急に検索エンジンからのアクセスが増えました。不思議です。

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.29

びぃめ~る40号配布 滋賀県立文化ゾーン

おいしーい滋賀のパン特集、載ってます。できたてほやほやを図書館に持って行きました。図書館は大津市の東側の山手、県立文化ゾーンにあります。

2004-09-29_3.jpg

↑広大な日本庭園の中には、「夕照庵(せきしょうあん)」というお茶室もあり、500円でお抹茶もいただけます。ちょっぴり紅葉も始まっていました。

図書館の隣は県立の近代美術館。ここにも配布しています。玄関前の広場には、木製のお棺が、一面に並べられていてぎょっとしました。今、展示中の「YES ONO YOKO」の「WAR IS OVER IF YOU WANT」という作品だったみたいです。お棺の中は空で、ほっとしました。大人の棺と子どもの棺が三々五々っていう感じで並んでいました。もしかすると家族の組み合わせになってるのかな。

2004-09-29_2.jpg
↑文化ゾーンの説明地図の看板。

2004-09-29_1.jpg
文化ゾーンに捨て猫が。鳴きながら、植木の上に飛び乗って近寄ってきました。声がかすれてて、悲しい。何も食べるものも持ってないし(持っていてもやらない)、連れても帰れない。

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「水曜の朝」河口恭吾、みたいな朝

ラジオから、流れる歌、河口くんの歌。今朝は雨、暗い空に気持ちも暗くなっていたけど、この歌聞いてたら、ほわんとした暖かい気持ちが、すこーし、おなかのあたりからわきあがってきました。

00548f.gif
「忙しい日々 がんばってる」そんな君が好き、という意味の歌。

この前の23日、滋賀に来て草津市の市制50周年イベントで、草津小学校のグランドでライブした河口くん。ナマで目撃したもんね。やっぱりヒゲは濃かった……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「探偵!ナイトスクープ」へ依頼を出した

今日、封筒に入れて投函してきました。朝日放送「探偵!ナイトスクープ」依頼係御中と、郵便番号だけで届くんですね。競争率は100倍、と番組公式ページに書いてあります。

依頼の内容は、前から気になって気になってしかたなかったこと、アレです。
採用されてのお楽しみ!


実は!!今から数年前、「もしかすると依頼者になれるかも」と家族中でわくわくドキドキしたことがあるんです。ある依頼を投函して、しばらくして、家に電話が。それがナイトスクープのディレクターさん(ADさんか?もう定かでない)でした。

いろんな話をして、「まだ採用と決定したわけではありません。採用の場合また連絡します」といったきり、電話はかかってきませんでした。それでも、数週間、家族はドキドキした時間をすごすことができました。

まだ二代目局長が不在の時期だったので電話で「新局長は西田さんですよ」と教えてもらって「どの西田さんですか?」と聞いたのをよく覚えています。

さあ、今回の依頼はどうかなあ。これっきり、この話題にふれなかったら、不採用だったんだな、と笑ってください。

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.28

オコジョ番長、嵐を呼ぶオコジョドラマー

このアニメは、ペンギン工房さんの作品です。オコジョのかわいいアニメがいっぱい!おすすめページです。

okojo-k.gif     drum.gif     bannero.gif

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

テンの陶板プレート

小学校の親子フォーラムの企画で、唐橋焼きの先生にご指導いただき、陶板で表札を作る、というのがありました。その時作った、テンのプレートです。目に白い釉薬が乗ってしまったので、ちょっと出来上がりがイメージと違ってました。そのうえ、このデザインでは表札にはなりませんね。

ten-yakimono.gif

粘土を立体的にするのが結構難しい。アップリケの要領で、パーツを別の粘土板から切り抜き、接着面を水で濡らして台になる粘土板に接着します。テンの口は三枚重ねてます。

唐橋焼きの特徴は青い釉薬と、フクロウ。先生はもうご指導も慣れたもの。「この陶板は1000年はもちますよ」というお話が印象に残っています。毎年小学校で作るので、学区内では、あっちの家にもこっちの家にも、親子で作った陶板プレートがかかっています。なにせ、1000年もつから。

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本酒イベントの秋

秋の日本酒イベント、近畿圏内なら、こちらのページをチェック! 吟醸酒、地酒、ビールのイベントもあるよ。
大阪酒イベント通信9月号

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本酒入り「くずどーふ」、うまいよ

木之本町の冨田酒造さんのお酒が入った和菓子「地酒七本槍 くずどーふ」を買いました。浜大津こだわり朝市で売ってたので。くず自体、食感が好きなんです。ぷるんとした、歯ごたえ。つるっとした、のどごし。

2004-9-27-KUZUMOTI.gif

「七本槍」のお酒が入っています。ほんのり麹のような微妙な風味がいい! 甘くてすこーし酸味が隠れています。お酒のアルコールは完全に飛ばしているので、お子様でもok。しっかり冷やしてどうぞ! 1個140円くらい、写真の箱入り6個セットも木之本の冨田酒造店頭で購入できます。

木之本の製造元のお菓子屋さんには、小豆味など、ほかの味もいくつかあるそうです。
「禄兵衛 居川製菓舗」tel:0749-82-2172


▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.09.26

今日の琵琶湖

今日の琵琶湖はちょっとどんより。大津市の琵琶湖ホールそばの湖岸から、比良あたりを望みました。今日は自転車で。3段変速なのでラクラク。ふふふ、カロリー消費倍増計画なのさ。


2004-9-26_bwako.jpg

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

酔醸会「かんすけでお燗」報告

錫のかんすけを使って、「ひやおろし」のお燗を楽しむ会、ゆうべてんしょくにて開催しました。てんしょくとしては満席の15名のお客様。ゲストは、「かんすけ」メーカーサンシンの西岡肇さんです。

↓ミニかんすけ(14000円くらい)
2004-9-25-mini-kansuke.jpg

↓お酒は、こちらのラインナップ。
「七本鎗」 純米 ひやおろし、「萩の露」 ひやおろし 本醸造、「浪乃音」 参年熟成 本醸造、「竹生嶋 金紋」、「竹生嶋 忘憂」、「不老泉」 ひやおろし 純米吟醸、「不老泉」 参年熟成 純米吟醸、「竹生嶋 黄はだ」 大吟醸 九年熟成
2004-9-25-sake.jpg

↓肴
2004-9-25-sakanas.jpg
酒肴盛り合わせ
  鯖のなれずし
  黄身の味噌漬け
  スーチカー(豚の塩漬け)
  丁子麩とアンチョビーのピザ
  白ねぎの胡麻油焼き
山芋そうめんオクラ納豆和え
秋刀魚の姿寿司
いしるなす
2004-9-25-isirinasu.jpg

きのこのホイル焼き
揚げ物
  チーズ春巻
  里芋のからあげ
  まいたけの天ぷら
焼き烏賊の肝ソース
2004-9-25-ika.jpg
のり吸い
高菜チャーハン

今回の肴も、Nさんお見事!
お客様がお帰りになるときの笑顔は、Nさんの腕によるところ大!!

今回は、京都新聞の取材もあって、最初落ち着かず、どうなることかと思いました。差し入れ「南」があってなんとかうまくいった気がします。最後までありがとうございました>ごんたさん
お燗は、予想以上に手がかかっていつもより、もっとバタバタ。ただ同じ酒を「ひや(常温)」と「燗」で味を比べていただくという趣向は、一応体験していただけたようです。

ご参加の皆様、お酒を仕切ってくださった姉御、「萩の露」を寄付くださったおーちゃん、フロア担当ようさんも本当にありがとうございました。

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.25

正式名「第四回 蔵元を囲む会」でした

昨日は、実はブログつけてたの覚えてない……。朝みて自分でびっくりしていました。(アホ)
で、続きは、頂いた資料から、記録ということにしたいと思います。

「第四回 蔵元を囲む会 里坊の宴(さとぼうのうたげ)」 

 ゲスト 日本名門酒会 本部長 飯田博さん

 於 慈光院 比叡山麓 坂本 
 平成16年9月23日(木)16時から
 真風会/杉玉の会
2004-9-24-jikoin.jpg

 本日の酒懐石 献立と日本酒 (カッコ内は家鴨メモ)

 琵琶湖の八寸 (ゴリ・小鮎・フキとシジミの佃煮。これはマイフォトに掲載)
 秋刀魚の焼き物 (一切れ。スダチをかけて)
 団子汁 (山芋すりおろしを揚げて吸い物の具に)2004-9-24-yamaimo.jpg
 河豚のへしこ (かなーり分解進んでるって感じ、こげ茶になっている小さな切れ)
 地鶏の肝煮 (うまい!味が上品に薄味。くどくない)
 鯛の昆布しめ (一切れ。透き通る琥珀色。もう生ではない、旨みが増してちょっと一夜干しのテイスト)
 冷奴 (竹の輪切りに豆腐がひとすくい。「酒屋の塩」がかけてある、憎いね!)
 自然薯の塩焼きと鮎の一夜干し (炭火で焼いたらしい自然薯、焦げ目がええ感じ。鮎は文句ない、うまい)
2004-9-24-ayu.jpg
 赤蒟蒻の田舎煮と丁子麩の辛し和え (出た!近江八幡名物!辛子酢味噌は自分でかける。辛子がききすぎず)
 山椒鰻 (これ、10ミリ×8ミリ角のウナギが3切れ。まるで味覚試験でもするみたい(笑)、さすが山椒は過ぎない)
 湯葉の刺身 (覚えてない)
 南瓜の煮物 (フツー)
 近江麩料理、地鶏の山椒焼き、揚げとろろ、にんじん葉のおひたし、焼きしいたけの酒盗のせ (覚えてない)
 山芋寿司 (山芋が海苔で巻いてあった気がする)
 秋菓子 (羊羹みたいなもの)

 「一ノ蔵 ひめぜん」 (昨日のブログの写真のように、まるでお薄を頂くように。泡立てて抹茶茶碗に入れて。うまい)
 「富久錦 播磨路」冷卸 (すっきり。飲みやすい。香り少な目)
 「月の桂 琥珀光 純米吟醸」冷卸 (味ある、けどすっきり、うまい)
 「若戎 辛口」 純米(ちょい辛、キレよし。味ある)
 「若狭 純米」★ぬる燗 (香りひかえめで、辛め。結構飲めそう。河豚のへしことサンマの塩焼きと合う)
 「男山 純米生」 (味のってない、けどうまい、あっさり)
 「小鼓 茶丹波杜氏」 (くせある)
 「嘉美心 大島伝 純米吟醸」 (ちょいにおいある、濃いなあ)
 「七冠馬 純米 冷卸」 (ちょいくせあり)
 「開華 山廃吟醸 冷卸」
 「天保正一 大吟醸」 (うまい。さわやかさあり)
 「芳薫 特別純米」 (うまい、濃い、甘い、あとキレよい)
 「飛良泉 山廃純米」★ぬる燗
 「旭日 特別純米」
 「豊の秋 純米 蔵出し」

 あとはお品書きにはいろいろ並んでるんですが、席を離れていたせいか、飲んでません。 
 しかし、見事に、キレイ系、軽い系から、しだいに重い系、濃い系に進みましたね。そして、すべて純米!
 で、〆の御飯ものはなくって、おなかもすっきり。
 酒飲みの宴会、ここに極まる、という感じでしょうか。

 サービスしてくれる若いスタッフの皆さん、聞いたらちゃんと答えてくれる、流石!


 「春鹿 極味 本醸造」「浅茅生 三百三十年 純米」「出羽の雪若蔵 純米吟醸 冷卸」
 片木茶園 お茶、薄茶
 
 

 源氏香 組香

 この遊びは、本来、香を聞くもので、それをお酒に応用して遊びました。初めて体験。

 源氏物語の各巻に、それぞれマークがついています。五本のタテ棒の端に横棒を組み合わせたものです。それを、5種類の香に見立てます。5回、香を聞いて、同じ香があれば、横棒でつなげます。
 
 5種類の組み合わせ52通りを聞き分けて、源氏のどの巻か答えます。

 今回は、5つのお酒のうち、最初と最後が同じ、2番目と3番目が同じ、4番目は同じ酒なし。ということで「鈴虫」の巻きと同じマークになりました。

 4番目のお酒は、濃く、どしっとして、えらいうまいな、と思ったら「七本槍」の特別純米ひやおろし生原酒 だったそうです。


 会費1万円。でも大満足でした。

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.23

木波屋雑穀堂主催の坂本のお酒の会

草津本陣近くにある、木波屋雑穀堂さんが坂本でお酒の会をされるというので参加してきました。

集合は3時半。それから滋賀院門跡とか律院とか見学して、日暮れくらいからやっとお酒と肴の会です。しかし、とっても雰囲気のいい会場に、日本名門酒会の、会長さん?80歳を超えなんとする方とか浅茅生さん、喜楽長さん、七本槍さんと、蔵元さんもおいでになっておられました。

2004-9-24-sake.jpg


肴もさすが、酒のあてにぴったり。リコーダー奏者の方の演奏も赤い和蝋燭に照らされ、すてきでした。


「源氏香」に模したお酒当てゲームも余興であり、なぜかまたしても全問正解。
やっぱり、お酒がええ加減回ってるほうがわかるのかしら。

喜多さんも含め5名が全問正解でした。

写真は、また改めて。


▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.22

10月いっぱい大阪で「お酒の個展」

大阪の酒屋さん『地酒売りの窓』からメールマガジンが届きました。秋においしい新着のお酒情報満載です。滋賀では、「浪乃音」「不老泉」が掲載されていました。さすが、いつもながら濃い~ラインナップ。

さて、「お?」と思ったのが「お酒の個展」の案内です。以下、メールマガジンからの引用。こういうのって初めて!行ってみたいなぁ。シェフの腕の見せどころ、料理とお酒をどう生かすか。そんな緊張感のあるメニュー、味見できるってお客冥利に尽きますわ。


もちろん、一人より、思ったことをわいわいと言い合える人といっしょに行ったら、もっとおいしい。誰かを誘ってお出かけください!!

-----------------------------------------------------

2004-9-22-cooking2.jpg

    ※ 10月中に大阪へ仕事・遊びに来られる方! ※
    ※  地酒と洋食系のコラボレーション 10月中開催!  ※
    ※  http://www.sakemado.com/koten/index.html  ※

頭のところでもご案内しておりますが、イタリアン2軒・鉄板焼1軒の3店舗にて、1ヶ月の期間で各蔵元さんのお酒を5種類ほどお楽しみいただけるようにしております。■晃市(コウシ) 大阪市大正区 ■タンポポ 大阪市北区堂島 ■ラ・マンミーナ 大阪市都島区

「タンポポ」さんは鉄板焼、「晃市」さん「ラ・マンミーナ」さんはイタリアンです。

2004-9-22-cooking.jpg


その間は、各シェフのお酒に合うお勧め料理と楽しんでいただきリーズナブルな価格設定にてお楽しみいただけるようお願いしております。

地元の方は別メールにてご案内いたしますが、遠方の方でも10月にご来阪されるご予定の方はスケジュールに入れていただければと思います。

-----------------------------------------------------
以上、引用終わり。


「地酒売りの窓」サイトは、インターネットの酒屋のはしりとして、かなりメディアでも紹介されたそうです。でも実店舗は、古い昔ながらのお店で、その落差に驚きます。だけど、数種類試飲させてくれるし、とってもええ感じのお店ですよ。オーナーの舌と自分の舌の傾向が似てたら、このお店のどの酒でもハズレはありません。無ろ過生原酒がお好みの方はおすすめ!

実はこのお店で、滋賀の地酒を教えてもらった私。わざわざ大阪から「琵琶の長寿」を。

最近は夏の終わりにだだちゃ豆の販売もされてて、最盛期は「八百屋か?」というくらいだそう。

そんな個性的なお店って、魅力的です。いわゆるオンリーワンですよね。メールマガジンがほしい方は、メールを出してみてください。↓


    土曜日の営業時間が短くなっております
平日:10:00~20:00 土曜日:10:00~18:00  日祝祭日 定休
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
『地酒売りの窓』   一昔前の街の酒屋  Tel 06-6951-2145
 大阪市都島区内代町3-2-4  Fax 06-6951-1708
** webmaster@sakemado.com ** <http://www.sakemado.com>
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お疲れ様の上原酒造「ひやおろし」山廃純米吟醸

昨日は、本当に朝から晩まで仕事をようがんばりました。そんなときは、ご褒美!「不老泉」のひやおろし。
2004-9-22-furosen-hiyaoroshi.jpg


なぜか、夕食のハムエッグとナスとシシトウ。味噌汁は、豆腐とカボチャと切干大根。

それらを肴に、ひやで。うう、やっぱ、燗で呑みたい。なんて思ってるうちに、もう今は夜中の12時過ぎ。ダメダメだーあ。でも、うまうまだぁー。


アクセス解析してわかること、すごくおもしろいんです。検索フレーズって、検索した単語の組み合わせもわかるんですね。「滋賀県神崎郡 キャンプ場」「珠洲焼き 地図」ごめんなさい!ほしい情報なかったでしょ。


てな具合で、申し訳ない、気持ちに。でも、ひやおろしはやっぱり「燗」ね。月は無慈悲な夜の女王だったり、電気羊はアンドロイドの夢を見るかもしんない。異星の客が地球幼年期の終わりにやって来て、オッドジョンと会って、狂風世界の渚にて。長い長いペンギンの話を聞いていたのは、きっと、いたずらラッコのロッコ。砦を築く彼らは火星年代記にも記されているし。

久しぶりによっぱあひるです、ごめんなさい。

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.21

満員御礼!よいかも会25日

おかげさまで、25日の酔醸会ご予約が満員となりました。
これにて締め切りとさせていただきます。

2004-9-21-tenshoku.jpg


しだいに秋らしくなって参りました。お燗のおいしい時期、お楽しみに!


▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本の「酒と食」を楽しむ会展示試飲会

やはり、秋は日本酒のシーズン到来って感じで、イベントがいーっぱい!
今日も、大阪から日本酒試飲会のお誘いが。私は行けそうもないのですが、行くと勉強になりそうです。大手メーカーでも、市販されてないお酒が出るそうですよ。


 日時:10/20(水)11:00~16:00(最終受付15:30)
 場所:ホテル日航大阪 4F「白鳥の間」
    地下鉄御堂筋線 心斎橋駅 8番出口より徒歩1分
 参加:無料、予約不要

 出展メーカー:大関、菊正宗、黄桜、月桂冠、沢の鶴、白鶴、日本盛ほか
         全国30蔵元150アイテム

 講演:村田祥氏(菊正宗酒造(株)新規事業部部長)
     菊正宗日本酒通信講座・日本酒ゼミナール講師
    12:00から15:00まで30分おきに短い講演を予定。
    日本酒に関する質問歓迎。

 問合せ:日本酒類販売(株)大阪支社営業部 06-6686-2595

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

折りたたみ自転車の野望

JR瀬田駅東口から線路沿いに草津方面に歩いていくと、駐輪場の向かいのビル1Fにリサイクル自転車屋「フィット」があります。前から気になってたので、先日思い切って行ってみました。

折りたたみのユーズドが7000円か8000円くらいで出ていました!しかも、5段変速付。これはいいかも。

というのも、蔵の取材に自動車やバイクでは行けません。かといって駅から距離のある場所の蔵に行くにはバスかタクシー。そうそう都合よく路線バスがあるわけもなく。志賀の姉御が車出すよ、と言ってくださったのですが、湖東や甲賀方面は真反対方向。正直遠いです。

そこで、折りたたみ自転車を持っていって、駅から蔵まで移動するという手を考えたのです。近江鉄道ならサイクルトレインも走ってるので折りたたまなくても電車に乗れます。カロリーだって消費してダイエットになるかも(うひょひょ)。全身運動するから健康になる!一石何鳥になるかしら。


しかし、店のおっちゃんが、さっさと折りたたんでくれた自転車を持ってみると、「重っ!」。12-13キロあるそうです。
おっちゃんはカタログを出して、軽さと値段の反比例について教えてくれました。軽い折りたたみ自転車は確かにありますが、ケタがめちゃめちゃ違います。

2004-9-21-kostuanzan.jpg

「だいたい自転車でも、飲酒運転したら罰金50万やで。そやし、飲んでこんな重いもん持たれへんって!飲まずに駅からレンタサイクル使ったほうがええよ」

(いや、もちろん吐きます)

会社をリタイヤして好きな自転車の店を始めたのかな、という雰囲気のおっちゃん。何も言わずに売ればもうけになるのに、正直に思ったことをアドバイスくれたのです。おっちゃん、ええ人や~、ありがとう!

こうして、折りたたみ自転車で滋賀の蔵を制覇する野望は、消え去ったのです。

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.20

ある日のランチ Open Sesameにて

この前チョイスした、ランチは、5種類のデリが選べる、オープンセサミセット。ブロッコリのパスタサラダ、カボチャとナッツのサラダ、フルーツサラダ、豆腐のキッシュとなんだっけかな?

思い出した、初めてスペアリブを注文したんでした。これがまた、ほんの一切れだけど、おいしくって!ほっぺの内側にじゅわっとうまみがいっぱいで、ずっと食べていたい感じなんですよ。骨ごと、口に入れてずーっとしゃぶってたい、そんな気分になりました。(さすがに人目があるのでできず)

また別の日のランチは3種類のデリを選ぶセレクトセット980円(税別)。↓写真:冷たいカボチャスープと焼き豚、夏野菜の煮物(ラタトゥユ)。それにフルーツサラダをプラスしました。

フルーツサラダは特にお気に入り。濃いヨーグルトにバナナやフレッシュブルーベリーなどが混ぜてあって、疲れ吹っ飛ぶ優しい酸味と甘みなんです。

ほーっと肩の力が抜けるよ。

2004-09-09_open-sesame.jpg


 ▼オーガニック・デリ オープンセサミ

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「どうしたらいいのだ?」というメール

「びぃめ~る」40号の編集追い込みの時期真っ最中。メーリングリストには「40号修正」「この情報入れて」「校正よろしく」などのメールが飛び交っています。

そんなとき、あるスタッフから「どうしたらいいのだ?」という題名のメールが。
何かあったのか!と思ってあわてて開いてみると……。これだったのにゃーん↓


9-nyanco.jpg

「用事から戻ったらこの状態、きゃあん。
はい、忙しいとこ添付しつれいしました、携帯ショットメールつかってみたかったの、削除してくらはい。I」

と、すっかりネコのママ言葉のメールが!
ちなみに、このネコさんのお名前は「にゃんこ」ちゃん。ネコ派のスタッフにDMしたつもりが、間違えてメーリングリストにUPしてしまったそう。かなり「デキル」スタッフなのですが、ことネコのことになると、この有様(笑)。

しかし、速攻でレスが連続。みんないやしに飢えていたみたいです。
この質感、たまりません。いやーん、かわいすぎるぅ。だっこしたぁい!←ネコのママ言葉になってるぞ>家鴨

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.19

浜大津こだわり朝市、絶好調

先月のように寒さに震えることもなく、大汗もかかず。心地よい秋の午前中。大津港から南の湖岸沿い一帯では、近江文化交流のイベントが大々的に行われました。それに参加する人の波が、浜大津駅から何度も通り過ぎます。

そのせいか、朝からお客様の「買う気」満々。上原酒造のお母様の漬物に群がる女性のパワフルさがまたお客様を呼びます。漬物人気に続いて、「辛辛(からから) 吟醸 生」と「ひやおろし 山廃純米 生」も、売れました。早朝から配達してくださった社長さんと奥様のおかげです。

2004-9-19-siin.jpg
↑このでっかい酒の容器の存在感も集客に一役買ってくれました。

300MLから買える手軽さ、飲み比べてから「こっちがすき」と選びやすい対照的な味だったこともよかったのでしょう。

おなじみのよいかもメンバーFさんも奥様とおみえになったりして、うれしかったです!

おーちゃん、姉御、続けていると山あり谷あり、商売って難しいけどおもしろい!疲れも吹っ飛びますね。


▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

西岡酒造「かわうその里すさき」特別純米

山口県の旭酒造「獺祭(だっさい)」だけかと思っていたら、カワウソの本場、高知県にもありました!イタチ科の名前を使った日本酒。


それが「かわうその里すさき」です。ラベルのイラストは見えにくいですが、確かにカワウソです。高知といえば最後にニホンカワウソが確認されたところ。あのアニメ「ガンバと仲間たち」の原作、『冒険者たち』のシリーズ『ガンバとカワウソの冒険』という本も四国と思われる土地を舞台に描かれていました。

#この本のシリーズ挿絵は動物画家の薮内正幸さん。めちゃめちゃノロイがかわいい!アニメのは怖いけど、原作のイラストは、うちのフェレットたちを彷彿とさせるほど。とってもらぶりぃ♪00297fa.gif

カワウソはとっても頭がいいから、もし生き延びていても人間に姿を見せないのかもしれません。


 ▼かわうその里すさき

| | Comments (0) | TrackBack (0)

酒蔵環境研究会 京都「たま妓(き)」で

家鴨は酒蔵環境研究会の会員です。ひさびさに、会に出席してきました。もちろん、今度の本の前宣伝にしようという下心アリアリで……。

この会の主催者の方は、NPO研修・情報センターの代表でもあります。それで、京都での研修の夜、研修生も会に参加されますから、全国各地からいろんな立場の方が来られるのです。

2004-9-19-tamaki.jpg
↑会場の「たま妓(き)」さん入り口

今回は徳島、大阪、石川、兵庫からの方のお近くに座りました。

場所は、京町家を利用したとっても雰囲気のよい「たま妓(き)」さん。お料理は、ミニ会席3999円。おいしかったです。
お酒は、蔵研会員の滋賀・木之本冨田酒造「七本鎗(しちほんやり) ひやおろし 原酒」と高知県の中土佐の西岡酒造「久礼(くれ) 純米大吟醸」「純平 純米吟醸」(マンガ「土佐の一本釣り」の主人公にちなむ)「雲の上の雫 純米吟醸」。お酒は特別に持込みさせていただいたのだそう。

2004-9-19-7honnyari.gif

2004-9-19-glass3.jpg


まず、京町家について、長く取り組んでこられた方からのお話。

それから、同じ酒を同じ形の酒器で素材の違う3つのグラスで飲む実験!

ガラス、漆器、磁器。

それぞれに、確かに違うんです。なんかガラスだと酒そのまんまストレートに。陶器はちょっとやわらかめ?そして漆器だと、なんかコクが出てまろやかーに感じるような傾向でした。

それも、みんなどれがおいしく感じるかは好みが分かれました。

自称「ビール党」の方も、この実験には驚いておられました。これですよ、「日本酒って深いのね!」みたいなサプライズ。これが必要なんですよ。

すごくいい企画だけど、酔醸会では、まねできないわ……。予算の都合で。うう。でも、なんか真似して器の違いで味が変わるって、体験してもらいたいなあ。

また、新しいご縁が結べた夜になりました。本の宣伝はできたようなできてないような。

さあ、明日のために寝よう!!

2004-9-19-food.jpg
↑牛肉と味噌のほう葉焼き。葉っぱの下には熱した小石。


カフェ&京菜美膳「たま妓(き)」

京都市中京区両替町通り二条下ル 金吹町472-1
TEL:075-213-4177 水曜定休

↓今日いただいた ミニ会席(月替わり) お品書き
造り (サーモン、はまち、あしらえ一式)
煮物 (丸豆腐、花麩、棒湯葉、あらせと、穴子なると巻き、絞り生姜、べっこう飴)
焼き物(牛肉と茄子の朴葉焼、銀杏、占地、針葱)
御凌ぎ(米のサラダ パセリのソース添え)
油もの(コントレッテ・ディ・ポレンタ ポレンタのカツレツ)
止椀(赤だし 魚身 なめこ 葱)
御飯(五穀米、香の物)
デザート(抹茶アイス)

ランチも800円台から、カフェもあります。

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.18

明日は浜大津こだわり朝市

初秋の琵琶湖観光なら、目の前の大津港から、ミシガンでクルーズ。あるいは少し西岸をおけいはん(京阪電鉄)で北上して坂本のまちを散策し、おそばを賞味。ドライブなら近江神宮のそばを山中越え方面へ登り、比叡山ドライブウエイへ。琵琶湖を眼下に一望できる眺望は最高!

その前に、浜大津こだわり朝市でおいしい地酒を味見してってくださいな!今回は上原酒造のひやおろしです。お燗で味見を。(運転手さんは、きき酒したら飲み込まずに吐いてください)
おみやげに、晩酌にどうぞ!

鯖のへしこや、鯖のなれ寿司も販売されると思いますので、肴も調達できまーす。鯖のへしこは冷凍保存可能なので、ちびちび長い間にわたって楽しめますよ。


日時:9/19(日)8:00~12:00
場所:京阪電鉄浜大津駅前 スカイサーカス

小川酒店ブースへどうぞ!今回は、草津のおくどさんの御飯屋てんしょくも初出店です。

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (3) | TrackBack (0)

さらば!地酒BARよ

ゆうべは地酒BARに行って名残を惜しんできました。いつもの仲間、姉御&おーちゃんといっしょです。

2004-9-17-panchsan.jpg

パンチさんおすすめのお酒を、何種類飲んだでしょうか。肴も、きずし、簡単こぶ〆、くじらの刺身、だだちゃ豆と、おいしいものばかり!

2004-9-17-kujira.jpg

2004-9-17-sakes2.jpg


新しいお店、早く決まってほしいな!

2004-9-17-sake.jpg

「十四代」でも、これは純米吟醸の垂れ口という(ちょっとうろ覚え)ので、独特の心地よい香り!うーん、ちょっと「天明」よりも、技あり一本!というところ。「天明」は、おいしいんだけど、「十四代」に比べると純米のどしっとした感じでストレートでした。「臥龍梅」はまた違う味わいで、おいしかった。

2004-9-17-sakes.jpg

「天明」の亀の尾は、うまい!文句なし。なんで、こんなに同じ酒米使っても違うのかしら。それぞれ違うもんですねえ。

んで、私好みっていうのは、「○○正宗」でした。あれ!何やったっけ。たしか、袋吊りだったはず。あれーっ?


そして、地酒BARの営業は、20日過ぎまで続きます。ぜひ、一度パンチさんをたずねてください。

「地酒BAR」
京都市中京区麩屋町通リ二条下ル 尾張町225
第二麩屋町ビル1階105
TEL 075-213-5447
18:00~0:00
日曜日定休


▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.17

これは熊谷さとし先生のイタチ作品

新しいデジカメで試し撮りした画像です。これは、もう10年近く前に「さとやま」というショップで特注した、熊谷さとし先生の壁掛けです。お願いして、いろんな野生動物の中から、イタチ科だけを使ってもらったのです。

2004-9-16-1st.jpg


よおーく見ていただくと、左右対称になっているのが、おわかりになるでしょう。上から、イイヅナ、テン、オコジョの、冬毛と夏毛になってるんです。真ん中は、上からアナグマ、カワウソ、ホンドイタチとなっていて夏と冬であまり変わりないやつらです。

イイヅナとホンドイタチは、オコジョを改造してくださった、オリジナルと思われます。世界で「たぶん」ひとつだけの、この壁掛けは とっても大切な私の宝ものです。

 ▼熊谷先生のサイトはこちら
 このサイトの、ギャラリーのボタン→キャラクター で、この動物たちの仲間が見られます。

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.09.16

アクセス解析っておもしろい

昨日から、ココログプラスにグレードアップしました。毎月450円かかりますが、容量は50MBに拡大、アクセス解析の機能が使えるようになりました。

私のブログにアクセスしてくださる方の数がわかるのはもちろん、時間別の数、ページ別ランキング、検索キーワードランキング、リンク元までわかり易く表示してくれます。


今日一日の時間別アクセス数を見ると、午前0時から1時、朝9時から10時、夕方から夜にかけて、とそれぞれ小さいピークがあります。こんな夜明け前にチェックしてくださる方もいるんだ、と思うとうれしいですねえ。リンク元は、表紙とブックマークが多いです。


あ、アクセスされた方の「メールアドレス」「リンク元のURL」など個別データはわからないので、ご安心を!


▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

祝!「浪乃音」蔵元中井さんBS生ご出演

そーなんです、ご趣味の俳句で生でご出演だそうです。BSを契約しておられる方は、ぜひアクセスしてオトコマエの蔵元さんをチェックしてくださいね!

 日時:9月25日(日)は11時から12時まで生放送
 チャンネル:BS2
 番組名:「俳句大国」 (in愛媛)

 ▼浪乃音酒造の説明はこちら!テレビでわかるように、中井さんのお顔をチェックしておいてね

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

デジカメ到着COOLPIX5700

新しいデジカメが届きました。Nikon COOLPIX5700です。もうメーカーに在庫がない、という古い型なんですが、最新版ほどの機能も必要じゃないのでこれで十分。

2004-09-16_coolpix.jpg

写真を見ていただくとおわかりでしょうが、手のひらサイズのかわいいやつです。持ったとき、しっくりなじむ感じがいいですね。でもレンズが大きくて、ズームにすると飛び出します、ひゃー。前のCanon PowerShotA40とは、さすがに違う!200万画素から500万画素にグレードアップです。

フラッシュは、自動的に立ち上がるし、モニター画面も大きくできるし。ちょっと無理して買った甲斐があるってもんです。ケースもついでに買ったら、本皮。ぷちゴージャス気分~。

早く蔵を撮ってみたいな。

このカメラの写真を、くっきり新しいカメラで撮ってアップしたかったのですが、それは無理ってものでした(笑)、携帯電話のカメラです。


▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.15

カマイタチだった

うちにいたフェレットたちは、アメリカの会社から来ていました。ほんの赤ん坊のときに去勢され、自然に育つよりも一回り小さめでした。

たまーに、手術が不完全な子がいて、ある日突然、片方だけぽこっと出現したりするんですね。すると、そんな子は体がでっかいんです。十分でっかくなってから改めて手術するのだそうです。

kuma1.gif
このつぶらな瞳。黒すぐり(カシス)みたい、って思ってました。(親ばか炸裂)


子孫を増やせない、ってことは逃げ出しても生態系を壊す危険はありません。って、悲しいカマイタチたち。

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.14

炊飯器カレー初チャレンジ

炊飯器クッキングが電通の今年上半期話題の商品にあがってたって聞いたもんで、さっそくチャレーーーンジッ!

材料を切って、お釜に入れ、水を入れてフタをして、スイッチ、オーン!(マジンガーZ調で)

後は昼寝してても買い物行っててもOK。こりゃええわ!(ホクホク)

炊き上がる直前にカレールーを入れてまぜまぜ。少し蒸らし時間をとれば、ハイー!できあがり。おいしそー!今回は夏野菜のカレーです。カボチャにナス、トマト。お肉はチキンね。

さあて、お皿に盛り付けて。そこで初めて気がついた。「ご飯は?」

そうです、カレーを作ったらご飯が炊けないんです。しかたなく、イキナリ、うどんをゆでてカレーうどんに。我が家では、カレーは翌日の昼、うどんにしてキレイに食べてしまうのが掟だというのに。とほほー!

2004-9-14-currey.jpg
私は、白いご飯と食べたかったのにぃ!

炊飯器クッキングには気をつけろ!何か大切なものを忘れているぞ!間違いない。(イヤ、あんただけじゃん>家鴨)

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.09.13

室井さんのblogは面白い

ココログが始まってから、どんどん有名人のblogや映画blogがオープンしています。現在21にもなっています。この前紹介した、手塚眞さんのもそのうちのひとつ。

おもろいなあ、とついつい読んでしまうのが室井佑月さんです。数年前、ふと聞いたラジオ番組のゲストとして印象に残ったのが最初で、あれよあれよという間にバラエティ番組の売れっ子に。

セキララな日記が、すごくおもろい!でも、きっと「セキララ」に感じるような文章を書いておられるんでしょう。プロなんですから。実際文章がうまいもん、結構長文だけど読んでて疲れないんですよ。しゃべり言葉が本当にリズムよく書かれてます。自分もこんなおもろい日記が書きたい、と思いつつもなかなか果たせない家鴨なのでした。

それと、驚くのはコメントを付ける読者とのやり取り、コミュニケーションまでとってること。インターネットの特性、双方向の情報発信を地でいってる有名人!こんな人もいるんだーー!今度オフしたい、単行本に解説書いてよ、なんて書いてあるし。

室井佑月blog

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | TrackBack (0)

すてきな社長さん

先日、仕事で女性の社長さんにお会いすることになり、びびりまくってました。だって、製造しておられる機械のことなんてサッパリ理解できず。それに、アポ取ったら「○月○日まで海外なので…」というお返事だったのです。

ところが、お会いしてみると、とっても魅力的!スーツのセンスも、すてきだし!

印象に残ったフレーズは「コレのせいでダメ、とできない理由を見つけるのが上手な人が多い。しかし、できるための方法を探すという考え方のほうがずっといい」という内容のもの。

そう、他人は恵まれているように見えるもんですよね。「それにひきかえ私なんて…」言いたくなるなる。でも言っちゃったらそこでお終い、かもしれない。

一通り、お話を伺って仕事は終了、すると、
「ご一緒に食事しません?」って誘われて、そのままランチもごいっしょさせていただきました。ワールドワイドなお話、ご家族との楽しいお話、愛情あふれるお話など伺えました。すてきな出会いに感謝!

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.12

おいしかった!きき酒選手権

今回は、最後の最後まで会場に残って、きき酒をしてました。なんか、うちらのテーブルともうひとつえらく盛り上がってたみたいです。
2004-9-12-kikishu-sake.jpg

結果は、優勝は草津市の木波屋雑穀堂のオーナーさん、準優勝は、過去にも全国大会で上位入賞の経験を持つKさん!全国大会でも、実力発揮なさってくださーい!!(Kさん、ブログ応援ありがとうございまーす!)

実は、準優勝のKさんと私、同じテーブルできき酒したんです。わけもなくうれしかったりして。

いやー、ほんとにきれいさっぱり、わかりませんでした。いつも飲んでる蔵元さんの酒も入ってたのに、ぜんぜんわからず。不思議ですね、きき酒で飲むとどうしてあんなに不味いのかしら。

2004-9-12-kikishu-food.jpg

というわけで、お寿司、茶碗蒸し、クリーム煮、カツオのたたき、ニシンそば、最後はフルーツとコーヒーまで、お料理を満喫!

2004-9-12-kikishu-gontasan.jpg

うちらのテーブルからは、お隣に座っておられたごんたさんが20位入賞を果たされました!!おめでとうございまーす!ほかにも、よいかもメンバーが集まってたので、なんか言いたい放題で盛り上がってしまいました。


今回、参加の皆さんに、テーブルに出ているお酒の味などのアンケートをお願いしました。

快くこの場を与えてくださった、滋賀県酒造組合の皆様、楽しい場にもかかわらず、真剣にコメントを書いてくださった参加者の皆様、本当にありがとうございました!


それにしても、参加76名のうち、女性が過半数を占めたのは初めてだそうです。確かに華やかなテーブルが多かったですね。日本酒の展望、結構明るいぞ!


▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.09.11

明日は滋賀県きき酒王選手権

明日、会場でお会いする皆様、お互い全力で、でも楽しくきき酒しましょう。あとのパーティが楽しみですね。ご協力をお願いすることもあります。どうぞよろしく!

2003-9-23.jpg
去年のきき酒会場のようすです。お料理もバイキング形式でこんなご馳走がいっぱい!

2003-9-23kikisakefood.jpg

おーちゃんは酒屋さんなので、参加できません。本当は酒屋さんや問屋さんこそ、きき酒能力が優れているところを見せてほしいところ。


▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.08

びわこタワーへ行こう!

というTVスポットは覚えています。世界最大と騒がれたイーゴス108にも1度乗ったことあります。

しかし、現在びわこタワーは取り壊し中。タワーといっても、すでに観覧用ではなくなっていて、あの遊園地のことを総称してタワーと呼んでいたようです。

まだ、観覧車イーゴスは琵琶湖大橋のたもとにあり、独特の景色を作っています。あれがないと、さびしいな。

2004-9-8-biwakotower.gif
(忍者屋敷の入場券は、こんなりっぱな巻物だったんです!1個いただいて、うれしい!!)

先日、びわこタワーの元社長さんのところに伺い、インタビューしてきました。顔出し看板のことを聞くのが目的でした。でも、顔出し看板のことは最初の10分くらいで終わり、あとはびわこタワーの歴史を延々1時間半くらい伺いました。でも、すごくおもしろくてあっという間に時間が経ってしまったのです。

びわこタワーのパンフレット写真には、サイケな女の子のイケてる写真が。ちょうど、今昭和レトロが人気です。びわこタワーはそんな昭和パワーを感じる聖地でもあったのに、残念です。イーゴスは復活するのかしら。


▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.07

よいかも会@てんしょく「ひやおろしをお燗で楽しむ」

またまたやります!滋賀の日本酒を楽しむ会です。錫のチロリで燗すると、とってもまろやか!


 日時:9/25(土)夕方5時より
 場所:てんしょく(草津市)
 会費:4000円
 定員:10名様(定員15名のうち5名様ご予約いただいております)
 申込:iegamoahiru@mail.goo.ne.jp
     てんしょく TEL077-562-8896(木・日曜定休)
 内容:秋の素材を使った肴と、ひやおろしの「かんすけ」でのお燗を、とことん楽しみます。
     お酒はもちろん、滋賀の日本酒です。
 ゲスト:錫のチロリ「かんすけ」メーカー
      サンシンの営業西岡さん

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

京都ゼロックス情報紙「まるまど」に

うちのサイトの紹介をしていただきましたー!ありがとうございます!

社員さんが作っておられる、お客様への情報紙なのですが、さすがゼロックス!フルカラーで美しい!!センスいい!京都らしい和風なデザインです。


▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

9月12日大阪で蔵元さんを囲む会

滋賀きき酒王決定戦の日、大阪では、シンポジウムと懇親会が開催されます。

浪乃音酒造「浪乃音」(滋賀県)、畑酒造「大治郎」(滋賀県)、宮本酒造店「夢醸」(石川県)、山岡酒造「瑞冠」(広島県)、藤岡酒造「蒼空」(京都府)。

みんな若い蔵元さんオトコマエばかり! ええなあ。滋賀の蔵元さんはお二人ともお会いしたことあるし、藤岡酒造と宮本酒造にはお邪魔したことあります。


酒好会は、焼酎やビールなどのイベントの印象が強かったのですが、こういう日本酒を応援する会もされてるんだー。うれしいな。詳しくはこちらへアクセス。定員100名、もう締め切ったかなあ?

主催はNPO法人酒好会

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.06

京町屋イタリアンレストラン「スコルピオーネ」

東山区清本町381 T:075-525-5054
▼お店の簡単な紹介ページ

お箸で食べるイタリアン。古い町屋を改造したお店。靴のままあがるのがちょっとためらわれました。二階の席は板の間にしてあってテーブルとイス。天井はなくて屋台骨の木材を見せる演出。

照明は暗めで、とっても和洋折衷の落ち着く雰囲気です。

ええお値段だけのことはありましたわ。イタリアンだけど、素材は和食と同じものを使っていたりして、日本酒にもあう味付け。「菊姫」の山廃と、シャンパンと、ビールを飲んだのですが、「菊姫」が一番かも。おいしかった!
栗、マツタケ、アワビ、近江牛など、季節のコース8500円は大満足でした。

アワビとか、トリュフは、ほんの小さな切れ端でしたが、近江牛はオーブンペーパーで包まれた小さな塊。ほおばると、口いっぱいにジューシーな肉のうまみが。中の肉はまだ桜色で、熱のとおり具合が絶妙です。何もつけなくても、ちょっぴりガーリックしょうゆ風味の味がついていました。思わずニンマリするおいしさ。「これが牛肉だよなあ」最近牛食べてなかったので、しみじみ。脂っこくなく、柔らかく。4切れくらい噛みしめていただきました。

シャンパンはなくなると注いでくれるし、サービスも過剰でもなく、そっけなくもなく、ちょうどよい感じ。

ごちそうさまでした!>夫のサイフ


▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.05

おいしい楽しいバーベキュー

おうみ未来塾2期生の同窓会を、姉御の民宿にて開催。元民宿を、仮の宿とされているので、大勢で押しかけても大丈夫なのです。前はすぐに渚、走ったら10秒で湖に飛び込めます。

2004-9-4ayu.jpg

そこで、地元の養殖場から活き鮎を買い、焼肉とともにバーベキュー。炭火焼きで味も最高でした!

ビールと日本酒、奈良の「篠峯」、滋賀の吉田酒造「花嵐」、滋賀の上原酒造「不老泉 山廃」。飲みに飲んでしゃべり倒し!幻に終わった枝豆も笑い話として酒の肴になりました。

お昼が終わったら夜の部。そのまま塩焼きのサンマにスダチをかけ、コロッケや焼き鳥と、食べる食べる。最後の最後に滋賀の吉田酒造の9年古酒「黄はだ」。秋の虫の音を聞きながらちびちびといけます。

笑い通し、それに、いろんな話が聞けてほんとに楽しかった一日でした。


▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.04

地酒bar閉店!?

パンチさんから突然のメール。

20日過ぎまで営業して、それからいったん閉店だというのです。そんなあー。

閉店までに一回は行っておかなければ、後悔します。ぜひ、あなたも!

地酒bar

↓オトコマエ!パンチ木下さん
2004-04-16-PANCH.jpg


▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

味芳のお惣菜サイコー!

草津商店街の味芳(あじよし)のお惣菜は、毎日食べても飽きない!

今日も、お酒のアテに、500円分のお弁当(ご飯なし)にしてもらいました。エビフライにカラアゲ、卵焼きに白和え、とにかく種類も多くてほっとする味です。

200円ごとにスタンプがもらえるので、集めてカードいっぱいにしよう!金券として使えるよ!

味芳 草津市大路1丁目4-12 077-561-8829 定休日:土・日曜日・祝日

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.03

リンク・メディア紹介の更新

リンク集、滋賀の蔵元欄に上原酒造のサイトを加えました。

それと、メディアでの紹介欄に、滋賀銀行クラブケイブン会報を加えました。これはフルカラーの情報満載雑誌です。日本酒のサイトとして、表紙のカラー写真つきで紹介していただきましたー!うれしいです。「クラブケイブン」読者の皆様、はじめまして、家鴨です。

滋賀県ではたぶん一番大きな地元銀行です。「チッパーくん」通帳もあるよっ。

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.02

『魂の酒』杜氏農口尚彦

最近、読み始めました。まだ半分きてません。

聞き書きの形式なので、まるで農口さんのお話を聞いているかのようです。言葉に重みがあります。

蔵人として修行時代のこと、「菊姫」時代のこと。

杜氏さんは技術だけでなはく、人を使わなければなりません。だから、「人は最初にうじゃうじゃしてたら、そのうじゃうじゃが最後まで取れない」とか「杜氏になる気持ちのあるものとないものでは仕事がぜんぜん違う」(正確な引用ではありません)など、はっとする部分がいっぱいあります。

おもしろいです。

題名の「魂」の文字が、ふとした拍子に「鬼」に見えて……。

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.01

「デンジャラス・ビューティー」「ザ・セル」

子どもが借りてきたのでDVD2本連続で見ました。

軽いノリでジョークたっぷり、美女がわんさか、という「デンジャラス・ビューティー」で気分よく次、と思ったら「ザ・セル」は連続猟奇殺人事件の話。重苦しく、頭痛までしてきました。映像は美しかったのですが。

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2004 | Main | October 2004 »