« 「黒龍」純米吟醸と温泉かれい | Main | 福井名物「おろしそば」「ソースカツ丼」 »

2004.10.14

フェニックス福井

「すみたくなるまちづくり全国交流大会」の時の福井市・順化地区の方との交流会。あっという間にもう1週間が経とうとしています。少し、印象に残ったことを書き留めておこうと思います。

「フェニックス福井」
2004-10-9-hukui-donou.jpg
↑今回の水害で水が入りそうになって必死で守ったという堤防

福井市の歴史を知るために、できたての「市立郷土歴史博物館」も説明していただきながらめぐりました。すると、福井市は空襲、震災、水害と、度重なる災害で、大打撃を受けながらも、そこから復興してきた、ということがわかりました。確かに、市内に江戸時代など古い建築物は皆無、大津市内にあるような町家の名残すら見当たりません。

だから市内に、「フェニックス通り」という名前の道路があったりするわけです。「フェニックス」にこめられた市民の思いをマンホールのふたにも感じました。
2004-10-9-hukui-gesui.jpg


「女性は結婚しても子どもができても働くのが当たり前」

福井市内の女性は結婚すると、同居、共働きをするのが当たり前。働いてなかったら「どうしたの?」と不審がられるほど。鮮魚店には、魚をお惣菜にまで加工して売っているので、他所から来た人には驚かれる。夕食はご飯だけ炊いておいて、お惣菜を食べる、それでも家族誰も文句を言わない。

順化地区の皆さんと昼食をとりながら、そんな土地柄のお話を伺って驚きました。特に、この地域の方は、ほとんどが自営業でいらっしゃるので、それが代々当たり前なのだそうです。

しかし、男性ばかりのお話だったので、帰りに福井駅で「まちづくり交流会」の受付をされていた女性にも聞いてみると、「確かに福井の女性は結婚後もみんな働いていますね」とのことでした。

2004-10-9-hukui-siro.jpg
↑穴太(あのう)積みの石垣が残る福井城址。しかし県庁や警察本部のビルが、現代へ意識を引き戻す。木に竹を接いだ、って感じですね。

▼滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅HOME

|

« 「黒龍」純米吟醸と温泉かれい | Main | 福井名物「おろしそば」「ソースカツ丼」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フェニックス福井:

« 「黒龍」純米吟醸と温泉かれい | Main | 福井名物「おろしそば」「ソースカツ丼」 »