« オコジョ狩 | Main | 「ガストロノミーレビュー」 »

2005.01.30

くまチャンというフェレット

以前飼っていた、くまチャンは小さい時は白地に黒の模様のあるフェレットでした。顔には麻呂眉があって、背中には昇り竜の模様。なんて矛盾しているんだ?(笑)

HOT
そんなくまチャンは、成長するにつれてまっ白くなってゆき、ついに、ホワイトファーブラックアイ(白い毛で黒い目)に変身。うちの自慢のフェレットになりました。
(写真は北海道の温泉でのんびりバカンスを楽しむ、くまチャンとシーナモン)


しかし、くまチャンは幼い頃、かなり危険なフェレットでした。

オヤツをやると、人の指を噛んでから奪い取る癖があったのです。指にぷすっとキバがささって血がピュー!同時に体を回転させ、まるでワニのような動き。しかも、サメのような目になりました。

そこで分厚い手袋をしてオヤツをやり、もし噛み付いたら鼻を指でピン!と徹底的にはじく、という体罰を与えました。これを3日続けたら、くまチャンは絶対人間を噛まなくなりました。

ただし同僚のフェレットに対しては厳しい態度もとりました。アニキーッ!

|

« オコジョ狩 | Main | 「ガストロノミーレビュー」 »

イタチ科」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference くまチャンというフェレット:

« オコジョ狩 | Main | 「ガストロノミーレビュー」 »