« 健康的なゲーセン?FUN&FAN LAND | Main | 「Club Keibun」の反響 »

2005.01.20

恵まれていたことに気づく時

恵まれている、その時は感じない。そうじゃなくなった時、初めて「あのころ自分はなんて恵まれていたんだ」と気づくもんですね。


今まで、蔵に初めてお邪魔するときは、たいていおーちゃんかはしもとやさんがご一緒してくださってました。見知らぬ一消費者が訪ねるのと、小売店の方と一緒に訪ねるのでは、どーも蔵側の心構えが全く異なるようです。特に、「本の取材です」というのは曲者・鬼門らしい(苦笑)。


今頃気づいているわけです。ほんとに、恵まれていたんだなあ、としみじみ思いました。今更ながら、改めて感謝しています。

|

« 健康的なゲーセン?FUN&FAN LAND | Main | 「Club Keibun」の反響 »

滋賀の日本酒BOOKへの道」カテゴリの記事

Comments

消費者こそがお客様、のはずです。
むしろ酒販免許取得者(小売店も含む)に対してこそ、蔵は厳しい態度で
臨んでいただきたいと思いますが・・・取り違えている人が多いですよね。
あひるさん、そういった現実も含めて、しっかり見つめて取材して下さい。
微力ながら、応援しておりますよ!

Posted by: マック次郎 | 2005.01.20 09:00 PM

マック次郎さん

 応援コメントありがとうございます。

 応援してくださる方も
 たくさんいらしゃるので、前に進んでいます! 
 

Posted by: 家鴨あひる | 2005.01.21 09:20 PM

あひるちゃん、私も次郎さんと同感です。
このごろの消費者の方は酒屋よりも舌が肥えているし、なによりも心から日本酒を楽しんでくれはリマ巣。そんな消費者の代表として、是非頑張ってくださいませ。応援していますね!!!ふぁいと!

Posted by: おーちゃん | 2005.01.24 12:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 恵まれていたことに気づく時:

« 健康的なゲーセン?FUN&FAN LAND | Main | 「Club Keibun」の反響 »