« やっと読了『魂の酒』 | Main | 「萩乃露」純米吟醸 »

2005.01.24

淡海文庫29『滋賀の獣たち』

サブタイトルは「人との共存を考える」です。

口絵に、カワウソの昔の絵があったので買いました。ほかにもアナグマの夜の写真、カラー写真で小さく、イタチのはくせいなども載ってます。

「チョウセンイタチからの挑戦」なーんてニクイ見出しも躍っています!

道路で事故死する野生動物の痛々しい写真もありました。そんな動物の死体を、はくせいにするのも博物館の仕事らしいです。大変だ……。

チョウセンイタチと、ホンドイタチのオスのはく製の比較写真もあります。


滋賀県では、各自治体の山すその集落での野生サルの被害が深刻です。ほかにも野生動物たちと共存はできないか。それをさぐっている本です。(イタチ科以外の部分はあまり真剣に読んでなかったりして)

淡海文庫29『滋賀の獣たち 人との共存を考える』高橋春成編著 サンライズ出版 1260円

|

« やっと読了『魂の酒』 | Main | 「萩乃露」純米吟醸 »

イタチ科」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 淡海文庫29『滋賀の獣たち』:

« やっと読了『魂の酒』 | Main | 「萩乃露」純米吟醸 »