« ベーコンとレタスのスープ | Main | 恋は »

2005.02.07

『東京タワー』と『宮尾本平家物語』

1冊の厚みは同じくらいなんですが、読み通すのに必要な時間はきっとかなりの差になるでしょう。

平家物語を、借りてくる時、すぐに読めてしまったら次を借りるのが手間やな、と思って全巻(4冊)借りたのですが、とても読みきれません。年を越してしまいました。人間関係が複雑で、訳がわからなくなります。


『東京タワー』はおもしろいのですぐに読めてしまいました。映画の配役もわかっているので、イメージしやすいのもあります。読みやすいなあ、うまいなあ。マンガ『課長(途中から部長)島耕作』を作者が「サラリーマンのフェアリーテイル」と表現していましたが、『東京タワー』は、「主婦の」フェアリーテイルかもしれません。

|

« ベーコンとレタスのスープ | Main | 恋は »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

「『東京タワー』する」って最近はやりとか?

ちょうど私は黒木瞳と近い歳で、
毎日まわりにうじょうじょいる子らが、20歳そこそこで、
ここで「愛」が芽生えても不思議ではないのかー、
と、この映画の宣伝を見て思ったのですが、
残念ながら、というかなんというか、
そういう男子にめぐり合えない(涙)。

「悩殺」斬りっ!してみたい。させろーっ!!

Posted by: ひぐひぐ | 2005.02.08 01:29 AM

ひぐひぐ

そこにマツジュンや岡田准一くんがいたら大変よ~。

ひぐひぐなら、まだ黒木瞳路線でいけそうだけど。

私なんて、「残念!あんた太ったマチャミですから~!関西のオバハン斬り!」だわ。笑いながら人をたたいたりするし。はぁ。。。思わぬところで新ネタか~。

Posted by: 家鴨あひる | 2005.02.08 02:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『東京タワー』と『宮尾本平家物語』:

« ベーコンとレタスのスープ | Main | 恋は »