« 『東京タワー』と『宮尾本平家物語』 | Main | 高島町のマンホール »

2005.02.07

恋は

するものじゃなく、おちるものだ。

このフレーズ、結構ききます。『東京タワー』の中の一節。月曜日のお約束「あいのり」の切ない画面を見ながら、ふと思い出してしまいました。

『東京タワー』江国香織著、マガジンハウス 1400円

装丁もすてき。カバーは黒が基調、東京の夜景写真。東京タワーの明かりがブレて、落ち着かない心象風景。帯には、映画主演の黒木瞳さんと岡田准一さんのツーショット。帯裏側にはキメのフレーズが。

カバーを取ると、一転、輝くばかりのパールホワイト。憎い。

|

« 『東京タワー』と『宮尾本平家物語』 | Main | 高島町のマンホール »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 恋は:

« 『東京タワー』と『宮尾本平家物語』 | Main | 高島町のマンホール »