« 「遊亀 淀屋橋」ぽた郎さんのレポ | Main | 店番デジオ »

2005.03.24

『村落社会と「出稼ぎ」労働の社会学』

サブタイトル
「諏訪地方の生業セットとしての酒造労働と村落・家・個人」

そうなんです。杜氏さんをヘッドとした酒造集団を研究した本なんです。

まだ、目次を見たくらいでぜんぜん読めてないのですが(っていうか、いつ読めるか自分でも不明)、楽しみです。


『村落社会と「出稼ぎ」労働の社会学』 
矢野晋吾著・御茶ノ水書房刊
5900円+税

2004年11月20日初版

|

« 「遊亀 淀屋橋」ぽた郎さんのレポ | Main | 店番デジオ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21333/3413905

Listed below are links to weblogs that reference 『村落社会と「出稼ぎ」労働の社会学』:

« 「遊亀 淀屋橋」ぽた郎さんのレポ | Main | 店番デジオ »