« 「遊亀 淀屋橋」ぽた郎さんのレポ | Main | 店番デジオ »

2005.03.24

『村落社会と「出稼ぎ」労働の社会学』

サブタイトル
「諏訪地方の生業セットとしての酒造労働と村落・家・個人」

そうなんです。杜氏さんをヘッドとした酒造集団を研究した本なんです。

まだ、目次を見たくらいでぜんぜん読めてないのですが(っていうか、いつ読めるか自分でも不明)、楽しみです。


『村落社会と「出稼ぎ」労働の社会学』 
矢野晋吾著・御茶ノ水書房刊
5900円+税

2004年11月20日初版

|

« 「遊亀 淀屋橋」ぽた郎さんのレポ | Main | 店番デジオ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『村落社会と「出稼ぎ」労働の社会学』:

« 「遊亀 淀屋橋」ぽた郎さんのレポ | Main | 店番デジオ »