« 次回への課題 | Main | 田舎はええとこ »

2005.06.11

『村落社会と「出稼ぎ」労働の社会学』表紙写真の謎

『村落社会と「出稼ぎ」労働の社会学』の、表紙には、一枚のカラー写真が掲げられています。

よく晴れた青空に、遠くかすむ紫の八ヶ岳。そのふもとの、秋の収穫前の のどかな農村風景。カバーの折り返しのクレジットは調査を行った地域名と「著者撮影」とあり、最初は「きっと、大好きな村の風景なんだろうな」「幸せな景色なんだろうな」と思っていました。

2005-6-11-book-dekasegi

でも、よーく見るうちにいくつか謎が浮かび上がってきました。稲穂は台風の後のようにすべて倒れてしまっているのです。しかし、農家にとって稲が収穫前に倒れてしまっているというのは、悪い光景です。田んぼの左側には、薄紫の花。ジャガイモ? となると季節は夏。田んぼの黄金色は麦ってことに。しかし、周辺の草はどう見ても夏ではありません。

??? 


その謎を直接、ご本人に聞いてみると、やはり季節は秋。咲いているのはキク。倒れているのは台風の後の稲。

老夫婦が田んぼの刈り取りを委託している農家が、忙しくて刈り取りに来れていない、しかもキクはつぼみで出荷しなければならないのに、時期を過ぎてしまったため花が咲いて、もう出荷不可能。


「幸せな光景」どころか、「農村の今の問題」を写し撮った一枚だったのです。

|

« 次回への課題 | Main | 田舎はええとこ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『村落社会と「出稼ぎ」労働の社会学』表紙写真の謎:

« 次回への課題 | Main | 田舎はええとこ »