« 楽園の扉開かず | Main | ゴムくちばしのエマ »

2005.07.07

『魯山人味道』北大路魯山人

冨田酒造さんの額と、『美味しんぼ』でおなじみの、魯山人。その唯一の本らしいです。

文章としては、全然。なんか構成も無いし、思いつきをつづった感じです。でも、内容は「フムフム」と思う部分がちりばめられています。

こんなフレーズがあるんですよ。
「日常料理は常に自分の身辺から新しい材料を選び、こみあげてくる真心でつくらなければならない。」

「こみあげてくる真心」ですよ。料理・味道は深いわ!


『魯山人味道』北大路魯山人/著、平野雅章/編、中公文庫
743円+税

|

« 楽園の扉開かず | Main | ゴムくちばしのエマ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『魯山人味道』北大路魯山人:

« 楽園の扉開かず | Main | ゴムくちばしのエマ »