« 楽園の扉開かず | Main | ゴムくちばしのエマ »

2005.07.07

『魯山人味道』北大路魯山人

冨田酒造さんの額と、『美味しんぼ』でおなじみの、魯山人。その唯一の本らしいです。

文章としては、全然。なんか構成も無いし、思いつきをつづった感じです。でも、内容は「フムフム」と思う部分がちりばめられています。

こんなフレーズがあるんですよ。
「日常料理は常に自分の身辺から新しい材料を選び、こみあげてくる真心でつくらなければならない。」

「こみあげてくる真心」ですよ。料理・味道は深いわ!


『魯山人味道』北大路魯山人/著、平野雅章/編、中公文庫
743円+税

|

« 楽園の扉開かず | Main | ゴムくちばしのエマ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21333/4860513

Listed below are links to weblogs that reference 『魯山人味道』北大路魯山人:

« 楽園の扉開かず | Main | ゴムくちばしのエマ »