« 3校は週明けに | Main | 『グリーン・ノウの子どもたち』L・M・ボストン »

2005.08.26

トンボがいっぱいの文化ゾーン

県立図書館のそばの埋蔵文化財センターに行きました。隣の公園管理センター(?)前の芝生広場に、トンボがいっぱい。
2005-8-26-tombo

何枚も写真に撮ったはずですが、一番撮れていたのはこれ。

緑を背景に、何匹もナニかが写っています……。悔しい。

|

« 3校は週明けに | Main | 『グリーン・ノウの子どもたち』L・M・ボストン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

ほんと!セミからトンボ、季節は確実に移りつつありますね。
このへんでも、あきあかねがいっぱい。
わたしも去年、近所の原っぱで、おそろしいほどのトンボの群れに遭遇。誰かに写メールしようと、あわてて携帯で撮ったのに、なーんも写ってません。あんなにいっぱい飛んでるのにい!
しばし、ひとりでトンボの群れのなかにたたずんでいました。

Posted by: てんどんかあさん | 2005.08.26 09:21 PM

結構このトンボは大量発生するので注目されていますね。
名前はウスバキトンボ(薄羽黄蜻蛉)といって、赤色をするんですが、実はアカトンボの仲間ではありません。

このトンボ、実は日本では冬が越せないので、毎年南の国から飛んでくるんですよ。
飛んできて、繁殖してまたそれが北上して・・・という生活を繰り返しています。

我が博物館の上にある公園にもよく飛んでいるのですが、私が毎日カエルの餌で何匹も捕っているので、どんどん数が減ってきて、餌を捕るのが大変です。ましてや、トンボもこちらの姿をみると、一目散に逃げて行きますし・・・完全にトンボのブラックリスト入りをしてしまったようです。

Posted by: シゲ。 | 2005.08.26 09:31 PM

>てんどんかあさん

 いやあ、ほんまに、見事に写りませんね!
 あんなにいーっぱい飛んでいるのに。
 悔しいですわ。


>シゲ。さん

 トンボのブラックリストとな。
 川魚のブラックリストにも入ってません?

 いや、シゲ。さんは「川魚界のゴットハンド」でしたね。

 でも、あのトンボが、そんな長距離の旅人だとは知りませんでした。
 海を越える渡りをする生き物には、無条件に感動する私。(サシバファン)

Posted by: あひる@滋賀 | 2005.08.27 01:50 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference トンボがいっぱいの文化ゾーン:

« 3校は週明けに | Main | 『グリーン・ノウの子どもたち』L・M・ボストン »