« 臨時で託児係 | Main | 別れと出会い »

2005.09.30

『陰陽師』13太陽

ついに、完結。こんなふうに終わるなんて。最初の頃の、清明と博雅の絶妙な掛け合いを楽しんでいるうちは、まだついていけたのに。

スケールがあまりにも大きすぎ、自分の理解を超えています。悲しい……。


だけど、あとがきを読んで、占というものがおもしろそうに思えてきました。目に見えない不思議な力、というのはある程度信じているもので。


『陰陽師』13太陽 岡野玲子 夢枕獏/原作
白泉社
定価930円

|

« 臨時で託児係 | Main | 別れと出会い »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

陰陽師、13まで行ってたんですね。
カワウソの話もありましたよね。
確かに、後へ行けば行くほど難しくなっていく感じでした。
私のノーミソだとファンシィ・ダンスまでかも。^^;

Posted by: ermine | 2005.10.02 at 01:03 AM

>ermine さん

 おおー、無事引越し完了しましたか?

 カワウソの話、ありましたよねえ、あの頃はまだついていけたものです(遠い目)。

 ファンシイダンス命!
 陽平クン!ボウズ命!(ウソ)

Posted by: あひる@滋賀 | 2005.10.02 at 01:31 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 臨時で託児係 | Main | 別れと出会い »