« 空気は秋色 | Main | キターーー!本が着きました! »

2005.09.16

振替用の郵便口座を開く

『大津百町物語』(サンライズ出版)を数年前に出された大先輩のウロウロお姉さまに聞いてみました。「とにかく郵便局に行けばいいのよ」。

ということで、さっそく行って、開いてきました。でも、振替用紙(?)の束を印刷してもらって、届いてから使えるようになるのだそうです。番号はもらったけどまだ使えません。もっと早く開いておけばよかった。

淡海文庫14
『大津百町物語-暮らしの昔と今を歩く-』
大津の町家を考える会 編
定価1,260円(本体1,200円)

しかし『大津百物語』だと怪談になってしまうのでは……。

|

« 空気は秋色 | Main | キターーー!本が着きました! »

滋賀の日本酒BOOKへの道」カテゴリの記事

Comments

私も、持ってます、「振り替え口座」。(笑) ^0^

もしかしたら、まだ幾らか、お金が入ったままかもぉ。(爆)

Posted by: はんな | 2005.09.16 at 10:21 AM

>はんなさん

 窓口で
 「利子つきませんよ」って言われました。
 もったいないことしてはるのでは?(笑)

Posted by: あひる@滋賀 | 2005.09.16 at 11:24 PM

私も持ってます。
案外と、便利です。
普通郵便でも、小包でも代引きにすることができるし、てすうりょも安いので安心ですわ。

Posted by: 瑠香 | 2005.09.17 at 10:20 AM

>るさま

 あら、結構皆さん上手に利用されていらっしゃるんですね。
 人生で初めての口座でございます。

Posted by: あひる@滋賀 | 2005.09.17 at 09:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 空気は秋色 | Main | キターーー!本が着きました! »