« イタチの染み | Main | 倉吉市 山枡酒店訪問記 »

2005.10.06

お国なまり

おかんが来たとたん、私は「えせ関西人」ではなく、岡山県民に戻りました。言葉が。

岡山だと、うら若き乙女も「どうするんじゃろーか」とか、「あの店のケーキなら、たぶんおいしいじゃろー」「JAROに聞いてみたらどうじゃろ(これはTVCM)」と、アニメ「日本昔話」の市原悦子さんのようです。

リズムもいくぶん、関西より遅いかもしれません。少なくともうちのおとんとおかんの間では。独特の間がありますね。

「お父さん、あんまり飲みんさんなよ!」
「やかんしー! うれしいんじゃ、今日はええがな」

どっぷり岡山人に戻った一泊二日。でも帰ってきて、滋賀の知り合いに電話したらもう、普通に関西弁混じりになってました。東京や静岡の知り合いに電話すると「でさー、○○なの。 だよねー!」繰り返しますから……。

|

« イタチの染み | Main | 倉吉市 山枡酒店訪問記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

やっぱり地元に帰ると出ますよねー。
僕も再来週法事があって、実家に帰るので、そのときはどうなっていることやら・・・

って、こっちでもフツーに使っとるけー、あんまり変わらんじゃろー。とツッコミが来そうです。

あ、ちなみに「JAROって何じゃろー?」っているCM、私は滋賀へ来て初めてあれがダジャレという事に気がつきました・・・

Posted by: シゲ。 | 2005.10.07 at 01:19 AM

>シゲ。さん

 出ることあるじゃろ、
 気持ちがゆるうなっとる時に、ふと。

 あわてて、関西弁モードに戻すんじゃけど。
 なんでじゃろうか。

 イントネーションは、関東系じゃけん。

Posted by: あひる@滋賀 | 2005.10.07 at 01:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« イタチの染み | Main | 倉吉市 山枡酒店訪問記 »