« くさつ街あかり・華あかり・夢あかり | Main | 『近江の酒蔵』の会 »

2005.11.06

恩師の感想2

高校時代の恩師、今度は国語を教えていただいたA先生から。

先生がおとんへ送ってくださった手紙を、おかんが郵送してくれました。

プリントアウトされた縦書きの手紙。

私のこと「よほどの酒好き」はいいけれど、「若い女性」って……。まだ先生の中では高校生なのか?

先生ご自身も「日本晴れ」をつくっていたけれど、酒米と知りつつも周辺の田んぼに、晩生なので水管理で迷惑になるからやめた、と書いてありました。

そして、若山牧水の「しらたまの…」の歌も。

私がこの歌を知ったのは高校時代。『あぶさん』のマンガからでした(笑)。(あぶさん、好きだったなぁ。15巻くらいまでは。昼の定食代としてもらったお金、素うどん食べて差額を貯めては、コミックスを買ってたっけ)

最後に、直筆でサイン。先生の字、黒板でいつも見ていた。懐かしい字でした。A先生、ありがとうございました。

|

« くさつ街あかり・華あかり・夢あかり | Main | 『近江の酒蔵』の会 »

滋賀の日本酒BOOKへの道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« くさつ街あかり・華あかり・夢あかり | Main | 『近江の酒蔵』の会 »