« 紙面ができてきた | Main | 粕汁 »

2005.11.22

巨木の魅力

栗東市の大きな杉の写真をUpしました。

▼マイフォト

その威容には思わず手を合わせ、まずはご挨拶。そして口をぽかーんと開けて振り仰ぎました。下枝が南側にたくさん伸びて枯れています。上のほうには杉玉でおなじみの緑の葉。

恐ろしく太い根っこが石の垣根の下から伸びています。幹周りは約5メートルとのこと。もう神様と言ってもいい存在感があります。


私なんて枝一本分くらいの時間しか生きてないかも。枝一本、人間一人と思うと、ジプリアニメに出てくる妖怪のように見えてくる巨木。歩きだしてもおかしくない。あ、映画「ロード・オブ・ザ・リング」に出てきましたね、巨大な木の人間たち。

木に沿ってじっとたたずんでいると、風にそよぐ木の葉づれの音、ヒヨドリの鳴き声、はるか上空を飛ぶ旅客機の音などが聞こえてきます。時間の流れが計れない。この森の中で、何百年もの間この杉はすっくと立ち続けてきたのです。

これからもずっとずっと生き続けてほしいと願い、杉の木に挨拶をして帰りました。しかし立ち去りがたく、何度も振り返っては杉をながめてしまいました。

|

« 紙面ができてきた | Main | 粕汁 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

私も木は大好きです。なんかいろんなもんをすべて受け入れてくれそうで・・・・時々木を触っている私・・・・変人?でも木はいい。木のように歳をとりたいね。

Posted by: おーちゃん | 2005.11.22 08:30 PM

>おーちゃん

 そうそう。
 私も、木はさわりたいほう。
 でも、この杉の木はご神木なので
 囲ってあって触れませんでした。残念。

 木の存在感はすごいと思う。。。

Posted by: あひる@滋賀 | 2005.11.23 11:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 紙面ができてきた | Main | 粕汁 »