« 氣志團ヤバイ | Main | 昼夜逆転 »

2005.11.03

文法はあっているのか酒の歌

 酒造シーズンの蔵の中の、わくわくするようなモロミの香り。
 タンクの中でふつふつと湧く、数え切れない泡たち。

 お酒を造る酵母や乳酸などは目には見えない。
 けれど、生きていて、しっかりと働いている。

 モロミの泡の中で
 大昔、酒を醸していたという乙女のように、可憐な姿をした酵母たちが浜の真砂の数ほども働いている。
 なーんて、想像をすると楽しくなった。

 古の 酒かむ乙女 いますらむ モトにモロミに 消え行く泡に

|

« 氣志團ヤバイ | Main | 昼夜逆転 »

日本酒全般」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 氣志團ヤバイ | Main | 昼夜逆転 »