« 岡山産 新高梨 | Main | 日本酒に関する疑問  »

2005.11.11

税を考える週間イベント

コラボしが21(大津市)にて、税を考える週間に関連した行事があり、大津税務署からお呼びいただき、参加してきました。

まずは午後1時から、「滋賀県酒類生販三層、飲料業者および消費者の意見交換会」。大津税務署長さん、酒造組合連合会会長さん、大津酒造協会理事長さん、卸売業理事長さん、小売組合理事長さん、ホテル関係の方、消費者として税理士会の方や納税協会の方。そうそうたる顔ぶれの中に、私は消費者として招かれたわけで、居心地悪いこと。

清酒の消費の現状の説明が済み、全員が一通り、意見を述べると時間がきてお開きとなりました。

それから「消費税完納推進の店」宣言式、その後、「税を考える週間」講演会で、中国酒造顧問の小幡孝之さんのお話を4時まで約1時間。

051111_1652001.jpg

その後、会場を移って、きき酒。イロハの酒を、吟醸・純米酒・本醸造をきき当てるもの。ほかに、アルコール度の高低、甘口・中口・辛口を当てるもので、全部で8問。

6問正解が10人?5問正解が?人(聞いてなかった)、私はやっと4問正解で、かすりました。賞品は「BOSSトレーナー」。

それが終わったら、別室の近江の蔵元さんのお酒を利くコーナーへ(上の写真)。蔵元の皆さんがずらっと並んでおられて、びっくり!この酒造シーズン開始の時期に……。お気の毒な気がしました。でも、料飲店さんが多く参加されてましたから、一応商談の機会という意味なのでしょう。

全員の蔵元さんのところをまわって、ご挨拶しました。汗だく。注いでいただいたお酒も、もったいなくて捨てることはできませんからすべて飲み干し、帰りにはかなり回りました。バイクで来たけど、帰りは電車で。

お土産までいただきました。中身は藤居本家「琵琶の舞」大吟醸300ml。ありがとうございます!申し訳ない気持ちで帰りました。

|

« 岡山産 新高梨 | Main | 日本酒に関する疑問  »

滋賀の地酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 岡山産 新高梨 | Main | 日本酒に関する疑問  »