« M-1終わった | Main | 大津の西岸に本配達 »

2005.12.26

『心を探る色彩マップ』松村 潔

『ムーン・ダイアリー』といっしょに購入。

9つの枠のどこにどの色を塗るかで、今の自分の状態を知る、というもの。


最初に塗るのは真ん中の枠。ここは自分の基本の色だそうです。私は、今は○色を選びました。でも少し前までは△色だったのです。それで、両方の色の説明を読みました。△色の説明を読むと、自覚していなかった当時の自分の状態が納得できました。

自分の色、どんどん変わってゆくものなんですね。あんなに好きで、きれいに感じていた△色だというのに、今は何にしても選ばなくなっています。

分かりきったところで間違って、「どうしようもないヤツ」と自己嫌悪に陥ることが多かった私。でもいつしか「こんな自分でもなんとかつきあっていかないとな~」と思うようになりました。色で自分の状態を理解して、意識して動くのも、ひとつの方法かもしれませんね。


○色、△色は何色かって?
いや、これ知られると自分の状態バレバレですやん、秘密にしときます。

『心を探る色彩マップ』
松村 潔/著、飯塚書店/刊
1,680円 (税込)

|

« M-1終わった | Main | 大津の西岸に本配達 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

面白そうな本ですね!
色は心の深層心理を映し出す、みたいな
単純そうで奥が深そうです。一種の心理学
の様でもありますね!投資の世界でも
行動ファイナンス理論などというものがあり、
経済は心理学も影響するらしいですよ。
また戦略でもブルーオーシャンとか
レッドオーシャンとか呼ばれているものも
ありました。小難しいのでよくわかりませんが。

Posted by: 鹿@転寝斎 | 2005.12.26 at 08:21 PM

>鹿さん

 ええっ、色で変化する投資の世界?
 わかりませんー。
 ヴァイオレットオーシャンとかある???

Posted by: あひる@滋賀 | 2005.12.26 at 10:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« M-1終わった | Main | 大津の西岸に本配達 »