« 木桶のモロミ | Main | 地酒BAR「膳」で勉強会(酒) »

2006.01.30

見てしまった…「不老泉」の秘密

姉御とおーちゃんの朝市のお酒選びにお供できなかった私は、昨日の日曜日、午後から一人で上原酒造に伺いました。

その日は、今シーズン最後の山廃モトが立てられる日だったのです。


今まで、蔵に伺っていろいろな場面を見せていただきましたが、その時のモロミやモトの状態だけを見ることになります。そのモロミは、何日目と聞いてもあまり実感がありません。

そこで、モト立てから仕込み、搾りまで、ひとつのモトを追っかけて、時間を実感したいと思ったのです。


今日のモトは、朝8時ごろ仕込んだところなので、粒粒がそのまんまでした。

米洗の作業がちょうど終わったところだったので、専務さんにモト部屋、槽場、木桶、など全部回って説明して頂けました。

そこで、初めて知った「不老泉」の秘密!!

2006-1-29-te

専務さんの手。こんなに傷だらけになって、がさがさになっています。麹蓋の作業で、ささくれた木が爪と指の間に刺さったとか……。うう、聞くだけでこっちまで痛くなる~。この手が、あの「不老泉」を造っておられるのです。味わいの深さはこれなんだ……。


上原酒造の皆様、お忙しい中、お時間をさいていただき、本当にありがとうございました。また、よろしくお願いいたします。

|

« 木桶のモロミ | Main | 地酒BAR「膳」で勉強会(酒) »

滋賀の地酒【湖西】」カテゴリの記事

Comments

先日はどうもお疲れ様でした。
山廃酒母は今日はずっと静かにしてました(打瀬)。
また変化あったらここにも書きますね。
予定通りに酵母を湧かせることが私の使命ですね。
ではまた。

Posted by: 不老泉 | 2006.01.30 at 09:37 PM

>不老泉さん

 無理をお願いしてしまってすみません!
 大切に大切にお酒を造っておられることがわかりました。
 これからもよろしくお願いいたします。

 あの米と麹と水が、どうなるのか
 楽しみです。

Posted by: あひる@滋賀 | 2006.01.30 at 10:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 木桶のモロミ | Main | 地酒BAR「膳」で勉強会(酒) »