« 蔵見学会の打ち合わせ | Main | ベリーベリーパイ »

2006.02.02

ネット生活10年

子育て真っ最中で普通免許もなく、あまり出歩けない時期に関東に引越し、私は社会との接点に飢えていました。

そこで、夫が入ったニフティサーブに家族アカウントで参加したのが10年前のこと。当時の気分の高揚はよく覚えています。

○○ちゃんのママ、○○の奥さん、ではない、自分のハンドルネームで呼ばれる快感。情報交換も積極的に行いました。そして会ったこともない全国、海外の人ともひとつの目標に向かって協力できました。

当時は、パソコン通信の中でなら、別の人になれるような錯覚に陥っていました。「はじめの一歩」を踏み出せた半面、ある意味痛い目にも合いました。


10年続けてきて今思うのは、やっぱりネットの中も外も結局は実社会と同じだということです。匿名性があったとしてもWEBやメールの向こう側には生きた人間がいる。だから礼儀作法やルール、心遣いが必要なのは当たり前ですよね。むしろ実社会よりも細やかに気を使う必要のある世界です。

別の人なんかじゃない、ネットの中においても自分は自分でしかありません。それは自覚していなければ。


自分の目的を達成するためのツールとして、上手に使いたいですね。ネットを。


……なーんてまとめてしまうと、ありきたりじゃのう。

|

« 蔵見学会の打ち合わせ | Main | ベリーベリーパイ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

私もおそらくネット生活10年になりまする!
しかも最初はNiftyServe!!。
フォーラムとか覗いていました。
百科辞典のようでもありますし、
大変勉強にもなります。実践すれば
役にたつようなこともしばしばです。

Posted by: 楽鹿@転寝斎 | 2006.02.03 08:29 PM

>鹿さん

 ニフティサーブ、フォーラムもいくつか参加してました。

 マンガ家さんが直接管理してるフォーラムなんてありませんでしたか?
 作者と直接やり取りができるなんて、画期的でしたねえ。

 えっと、ネット生活、実は10数年です。
 サバ読んでました~。(笑)

Posted by: あひる@滋賀 | 2006.02.03 09:42 PM

職場での自分。家庭での自分。ネットでの自分。立場は違えど同じ自分なんですよね。

あひるさん同様。ネットの中だけではなく、実際におつきあいしている人が増えてくると、ハンドルネームも本名同様自分だけの特別なものとして染み付いてきますよね。

ネットを人とのふれあいに使うか、自分の利己性のためだけに使うかは結局自分の人間性なのかもしれません。

ある意味ネットというのはそう言うところを映し出す鏡なのかもしれませんね。

Posted by: マーキー | 2006.02.04 01:46 AM

>マーキーさん

 何でも匿名で書き込めば
 無責任でいられる、というのも錯覚だろうと思います。

 でも誰だって、いい面もあれば悪い面もあり、ちょっとした機会を与えられると
 そんな面を使ってしまうものかも。

 直接お会いする方と、
 オンラインでも交流する、というのが一番
 健全ですね。

Posted by: あひる@滋賀 | 2006.02.05 01:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 蔵見学会の打ち合わせ | Main | ベリーベリーパイ »