« 山廃モト(31日目)今頃枯らし | Main | mixiで再会 »

2006.02.28

どこからアプローチするか

日本酒は文化。多くの要素を持っているように思います。

味、香り、質だけじゃなく、飲み方、肴との相性、酒米、微生物、仕込み方、長い歴史、神とのつながり、などなど。

それに加えて、地元の風土、杜氏や蔵人集団が農閑期に酒造りに携わるシステム、酒器、稲作や水源に関連して環境問題、蔵という建築物、税、流通などの要素まで。そうそう、近江商人も深い関りが。

手にした1本の日本酒には、これだけの背景が存在します。

複雑です。しかし魅力的です。


どこからこの魅力的な日本酒にアプローチするか。それは人それぞれ。

蔵を継いで蔵元になる人、造りに魅了され蔵人や杜氏になる人、酒米を作る人、美味しい酒と肴を提供する居酒屋になる人、蔵とお客さんを結ぶ酒販店になる人、ただひたすら自分の理想とする酒を追求する飲み手になる人、写真を撮る人、プロデュースする人……。


で、私は美味しいお酒と造り手の顔を伝える人になりたいと思ったのです。


まだまだ道半ば。ってか、自分、これからっす!


|

« 山廃モト(31日目)今頃枯らし | Main | mixiで再会 »

日本酒全般」カテゴリの記事

Comments

私は3年前まで日本酒に対するイメージも悪かったし飲んでみようとも思わなかったんです。
でも、ひょんなきっかけで美味しいお酒に出会いました。
そのときわかったんです。
今まで良い日本酒を飲んだことがなかったんだって。
そういう人がいっぱい居ると思います。
イメージや既成概念に縛られてるままじゃ、せっかくの日本酒との出会いを逃してました。

私にとっては人との出会いが美味しい日本酒との出会いでもありました。
楽しい仲間と美味しい日本酒で素敵な時間を過ごせることが今はシアワセです♪

難しいことはわからないけど、好きか嫌いか、だけで飲んでまーす
(-^^-)

Posted by: 七海 | 2006.02.28 at 08:09 PM

>七海さん

 そうそう、人との出会いは重要ですよね。
 楽しい仲間とおいしいお酒、
 これがないと、お酒の世界には入れないと思います。

Posted by: あひる@滋賀 | 2006.03.01 at 12:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 山廃モト(31日目)今頃枯らし | Main | mixiで再会 »