« 実家の釣堀 | Main | 「おこぜ」生モト純米 »

2006.03.15

「七本槍」純米吟醸

2006-3-15-7honyariこれ、蔵見学のときに買って帰ったものです。

おいしくて、あっちゅう間に飲んでしまいました。おととしくらいより以前の印象と違う酒みたい。

で、小川酒店で同じ純米吟醸を買おうとしたら、ラベルが違う?

中身もなにか違うのかしら。(蔵元さんに聞けよ>自分)

|

« 実家の釣堀 | Main | 「おこぜ」生モト純米 »

滋賀の地酒【湖北】」カテゴリの記事

Comments

ごめん!私も意味不明・・・・どちらも火入れやもんなあ。酵母の違い?それとも去年のとをブレンドしているか今年のだけで作っているかの違い?ちょっとお待ちください。必ず答えを導きますね。

Posted by: おーちゃん | 2006.03.15 at 08:22 PM

>おーちゃん

 あ、ありがとう!
 どう違うんやろね?

Posted by: あひる@滋賀 | 2006.03.16 at 12:09 AM

じゃあ~ん!電話しましたよん。なるほど以前蔵にうかがった時に新商品として吟吹雪でお酒を仕込んではりまして、ええお酒なんやけど若かったんです。それがええ按配に熟成して火入れされたのがあひるちゃんのそのお酒です。で、うちにおいているのは定番の玉栄の純吟でした。ううん。納得。すかっとしたわ。それもおいしそうやなあ。

Posted by: おーちゃん | 2006.03.16 at 11:02 AM

>おーちゃん

 おお、さすがプロ!
 さっそくにありがとうございました。

 吟吹雪の味でしたか。
 それで、それまでの味わいと別の顔だったのね。納得!

Posted by: あひる@滋賀 | 2006.03.16 at 06:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 実家の釣堀 | Main | 「おこぜ」生モト純米 »