« 豆藤のお弁当 | Main | ケーキ »

2006.03.03

カプロン酸エチル

カプロン酸エチルはリンゴのような芳香、
酢酸イソアミルはバナナのような芳香。

酢酸イソアミルは強すぎるとセメダイン臭く感じられるそうです。
吟醸造りの過程で酵母がつくる香りは不思議です。どうしてこんなにいろんな香りになるのでしょうか?

化学の世界ですね。


目にはさやかに見えねども……酒の香にぞ驚かれぬる


みたいな〜♪

|

« 豆藤のお弁当 | Main | ケーキ »

日本酒全般」カテゴリの記事

Comments

逃げ出したくなる香りだ。

Posted by: 煮酒 | 2006.03.03 at 08:16 PM

>煮酒さん

 私も吟醸香のうちの一種類がダメな体質です。実際、悪臭に感じます。そう感じんだから、しかたないですよでね。努力とか、官能を鍛えるとかの範疇ではない部分のことなので。

 この記事は上原先生の『純米酒を極める』を見ながら書きました。先生の文章にも、私のにも、それらの香りがいいとも悪いとも書いていません。

Posted by: あひる@滋賀 | 2006.03.05 at 10:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 豆藤のお弁当 | Main | ケーキ »