« あとは搾りを待つばかり | Main | 愛と味の関係 »

2006.03.28

ひゃあくれるし、みゃあみえんし

岡山弁です。

「ひゃあくれるし、みゃあみえんし、どがいにもこがいにもおえりゃあしませんぞなあ、せんせい」→「日は暮れるし、目は見えないし、どうにもこうにもいけませんねえ、先生」

中学校のときの社会科の先生が、地元のおばちゃんの会話をまねしておっしゃったのが忘れられず。


「アル・ジャロウゆうミュージシャンが、おるじゃろう?」と弟は言いました。

別に、ちばけとるわけじゃあありません。やっちもねえ。


ずど、ほん、ぼっこう、おえりゃあへん♪ 時々、意味も無く岡山弁が使いたくなります。なんでじゃろう?

|

« あとは搾りを待つばかり | Main | 愛と味の関係 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

思わず長門 勇の顔が浮かびました。(笑)

メンテが終わった途端、コメントの投稿にまで認証が必要になっちゃいましたね。
スパム対策とはいえ、もっと簡単な手があるでしょうに…。

Posted by: 燗酒おやぢ | 2006.03.29 10:36 AM

>おやぢさま

 長門勇さん……、そうでしたねえ。
 でも、もう知らない世代のほうが多いかも。

 ほんまにコメントの付けかた、変わっててびっくりです。

Posted by: あひる@滋賀 | 2006.03.29 01:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« あとは搾りを待つばかり | Main | 愛と味の関係 »