« 自転車1時間&徒歩1時間 | Main | 酒米粉団子カレー »

2006.04.19

『自分の仕事をつくる』の言葉

『自分の仕事をつくる』、一回目読んだところです。

デザイナーが中心とはいうものの、パン職人や舞台演出家も。

その言葉がきらきら光っているように感じます。

そんな言葉を見つけたら、蛍光イエローのマーカーで線を引いています。受験の生物の教科書みたいに。

でも、でも、自分の道を自分で作って歩いている人の言葉はほんとうに光っています。そして力を与えてくれます。探していた答えをくれるかもしれない……。


「色や感触がどうこういうことより、そのモノ自身が”大事”か”大事じゃない”かということの方を、私はずっと気にしています。」ヨーガン・レールさんの言葉


もちろん、直接お会いして話を聞くほうがいいのでしょうが、私にはこんな光る言葉を引き出す質問力がないでしょう。


もいっかい読んで、今度は蛍光ピンクのマーカーで線を引こうっと。

|

« 自転車1時間&徒歩1時間 | Main | 酒米粉団子カレー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

あひるさん

わたしも付箋紙たくさんしましたよ。
実は図書館で借りてこれは・・と思ったのでいずれ買うつもりですが線は引けなかった。
なにか共通してるとおもいませんか?
インタビューの考え方が反映されてるのか・・・
勉強になります。
ちなみに、象集団でしたっけ、の設計した小学校がむちゃくちゃ素敵です。

Posted by: sally | 2006.04.19 at 06:58 PM

>sally さん

 インタビュアー、というか著者の方の考えでできている本だと思うので、彼の心に残った部分という意味で、似ているんでしょうね。

 繰り返し出てくる言葉も多いもんね。

 象設計集団の小学校、本には紹介してなかったので、今検索してみました。確かに行ってみたくなりました。埼玉県の笠原小学校。

 

Posted by: あひる@滋賀 | 2006.04.19 at 08:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 自転車1時間&徒歩1時間 | Main | 酒米粉団子カレー »