« 本日の八重桜 | Main | 筍の木の芽和え »

2006.04.21

くまのコーンクリームスープ

たまねぎと鳥ミンチをバターで炒めて、途中で小麦粉を入れて焦げないよう炒め、水を加えてからカブとコーンクリーム缶を入れ煮ます。

煮えたら、牛乳を加えて、煮立ったらカブの葉を投入、すぐに火を止めます。味付けは塩。適当に入れて味をみます。

洋食器でいい大きさのスープ皿がなかったので、塗りのお椀によそいました。

塗りのスプーンで食べてみると、気分は森のくまさん!
2006421kuma

外国の昔話で、小さな女の子が森で迷い、一軒の家にたどりつきます。うちの中のテーブルには、大中小のスープ皿とスプーンが用意されていて、それぞれ大中小のくまがあたたかいスープを食べる、という場面がありました。女の子がスープを食べてしまうんですが、それ以外のストーリーは忘れてしまいました。

ただ、よく覚えているのは、くまたちの食器が木で作られていたこと。

今朝のスープはその物語のくまになった気分で食べました。磁器の皿に金属のスプーンで食べるのと、味まで違うような……。

|

« 本日の八重桜 | Main | 筍の木の芽和え »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

Comments

あひるちゃん・・なんちゅう懐かしい風景。私はこの物語がだいすきである日、夢のなかでこの絵本の中に入っていったんですよ。だからこの絵本に再会したい気持ちもあるけど、こ密かなあったかあい思い出大事にしたいしそうっと・・・きっとこのままがええな。

Posted by: おーちゃん | 2006.04.21 at 07:24 PM

>おーちゃん

 すてきな夢を見られてうらやましいです。
 まるで、「ライオンと魔女」で
 タンスの奥からナルニア国に行ったみたい!

 私のブログでプチ再会したように、
 きっとどこかで再会できることでしょう。

Posted by: あひる@滋賀 | 2006.04.21 at 11:22 PM

たしか・・・

おとうさんくまの名はミハイル・イワノビッチ
おかあさんくまの名はナスターシャ・ペトローブナ
こぐまの名はミシュートカ

上の子がちいさいときに買った絵本では。

Posted by: 椿四十恵 | 2006.04.22 at 12:02 AM

> 椿四十恵 さん

 うおおおー、そんなロシア系の名前だったんですかああああ!

 覚えてない~!

 イベント、てんこ盛りで大変ですね。
 でも、やりがいありそう。
 ファイトです~!!

Posted by: あひる@滋賀 | 2006.04.22 at 02:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 本日の八重桜 | Main | 筍の木の芽和え »