« 滋賀土産に関する一考察 | Main | 冨田酒造「玉栄」田植え »

2006.05.17

NHK大河で楽しんで頂く

『近江の酒蔵』本。お買い上げ後、どう読んでいただいているか、直接伺うことが少ないのですが、今日聞いたお話です。

P2546book

滋賀在住のご夫婦のお嫁さんから、東京のお舅さん・お姑さんに本と滋賀の地酒をセットを送ってくださり、その後も定期的に地酒2本セットを送って喜ばれているのだそうです。

お酒のセレクトは、比べて味の違いのわかるもの。燗でうまいものとヒヤでうまいもの、新酒と古酒、といったぐあい。

そんな気配りを、お舅さんたちは大喜び。毎回、その酒の感想を本に書き込むだけでなく、毎週NHK大河ドラマ「功名が辻」を見ながら本で地名の確認などされているというのです。本の中の風景写真などが、旅情をそそられて楽しめるのだそう。

なんてありがたい楽しみ方をしてくださっているのでしょう。遠い東京に熱烈な滋賀の地酒ファンが誕生した。そんなお話を伺って、本当にうれしくてうれしくて!

ありがとうございます。

|

« 滋賀土産に関する一考察 | Main | 冨田酒造「玉栄」田植え »

滋賀の日本酒BOOKへの道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 滋賀土産に関する一考察 | Main | 冨田酒造「玉栄」田植え »