« 山椒の苔玉 | Main | NHK大河で楽しんで頂く »

2006.05.16

滋賀土産に関する一考察

JJさんから、ご質問がありましたので、自分なりに滋賀のお土産を考えてみます。

選ぶのは、地酒と地元の食材の組み合わせです。

●地酒となれ鮓の組み合わせの場合、
 地域的に近いもののほうが合いやすい。
 また、一般的には吟醸酒より純米酒、山廃仕込みの
 酒のようにどっしりとした酒のほうが合わせやすいような気が。

 なれ鮓との組み合わせの場合、
 できれば、酒は燗で飲ませてあげましょう。

  
●全国的に鮒寿しが有名だが、値段的にはハス寿司のような
 他の魚のなれ寿司のほうが買いやすい。


●肴の具体例

 《なれ鮓系》
 
 朽木の鯖のへしこ、余呉の徳山鮓のサンマ鮓、
 ハス寿司、ブラックバス鮓、ブルーギル鮓

 福井県だけと思われていますが、へしこが作られています。
 これは地酒に最高の肴になります。切ってあるパックを選んでおくと、
 切らなくて、かなりの人数に一切れずつ行き渡ります。

 ブラックバス、ブルーギルのなれ寿司は、一匹600円からあり、
 これも琵琶湖の外来魚の実情を訴える絶好の食材ですよね。
 切ってないので、包丁・まな板は借りなければなりませんが。
 草津市の烏丸半島の道の駅グリーンプラザからすまに以前売ってました。
 味は、鮒寿しに似てて、ヨーグルトみたいな酸味で、比較的あっさりしてると思います。

 《佃煮系》

 エビ豆、しじみの佃煮、小鮎の飴炊き、ゴリの佃煮、など

 意外と、エビ豆とかゴリなど、県内ではポピュラーな佃煮が
 他府県には知られてないですから、説明してあげると珍しがられます。

 どこでもおいしいお店のが選べますが、例えば沖島のものなら、
 日本の淡水湖で唯一、人が住んでいる島で作られている、
 という話題提供にもなります。

 《インパクト系》

 赤コンニャク

 見た目、みんな驚いてくれますよね~。
 色はどうやって着けているか、など説明してあげて
 女性に「鉄分が普通のコンニャクより多いよ」と勧めてあげましょう。
 
 翌朝、トイレで驚かないで、という注意もしてあげておきましょう。
 大腸ガンかも、と不安になる人がいるかもしれません。(実話)

 味付け済みのものは、ちょっとアミノ酸
 効き過ぎのような気がしますが、
 パックされているので、手軽で移動にも便利ですね。

 
 ほかに、おすすめの組み合わせがあれば、
 ぜひ教えてください!>詳しい皆様

|

« 山椒の苔玉 | Main | NHK大河で楽しんで頂く »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

滋賀の地酒」カテゴリの記事

Comments

ありがたやありがたや♪
佃煮か~すっかり忘れてましたよ
佃煮から沖島の話に及ぶのは面白いですね
迷うところです

Posted by: JJ | 2006.05.17 at 01:11 AM

>JJさん

 ほかにも、きっといろいろあるんでしょうが
 このくらいしか思いつきません。

 こんどの日曜日、
 浜大津こだわり朝市においでくだされば、
 佃煮、へしこなどが手に入りますよ。

Posted by: あひる@滋賀 | 2006.05.17 at 04:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 山椒の苔玉 | Main | NHK大河で楽しんで頂く »