« 地酒BAR膳 薪能の夜 | Main | 古墳もかもされてる »

2006.06.02

理想の政治と腹鼓と

マック次郎さんの田んぼと畑に行ったり、マック次郎さんの農業生活の日常を伺うと、この歌が頭に浮かぶのです。これ以上の生活はない、という見本かもしれませんね。


「日出而作、日入而息 鑿井而飲、耕田而食、帝力何有於我哉」

おじいさんが、何か食べ物を口に入れたまま腹鼓を打ち、地面を足で打ち鳴らしながら歌ったという歌。「お日様が出たら働き、お日様が沈めば眠る。井戸を掘って水を飲み、田を耕して作物を食べるだけ。皇帝の力なんてワシの暮らしにのどこに及ぶというのよ~、さっぱり関係ないのよ~♪」(家鴨の意訳)

ぐぐってみると「詩経」だと思ってたのに、私の記憶間違いで、「十八史略」みたいです。しかも詩だったし……。

腹鼓は、私も無意識に打っていることがあり、ふと我に返って驚くことがあります。先日、ATMの機械の処理待ち時間に、何もすることがなく、鼻歌うたってポポン・ポンポン!とリズム打ち。「今日もええ音やなあ、やせたいなあ」と思ってたら後ろに順番を待っているお父さんが一人ぃ~っ(滝汗)。

お金が出てきたら、そそくさと立ち去りました。まあ、社会が平和な証拠だということでしょう<腹鼓

|

« 地酒BAR膳 薪能の夜 | Main | 古墳もかもされてる »

田んぼと畑」カテゴリの記事

Comments

そりゃあ、私も適度に太鼓腹ですから・・・って、違う?
(ちょっとはお腹へっこんだつもりですが)

Posted by: マック次郎 | 2006.06.02 at 11:09 PM

 幼稚園に行ってる娘の腹が…ちょうどええ感じで…腹たたくと、「何見てんのよー!!」って、青木さやかみたく突っ込まれています。

Posted by: ごんた | 2006.06.03 at 12:36 AM

>マック次郎さん

 また、たたいてみてください♪
 楽しいです。

Posted by: あひる@滋賀 | 2006.06.03 at 06:37 PM

>ごんたさん

 お子さんは嫌がりそうですね。
 ぜひ、ご自身のお腹でおためしください(笑)。

Posted by: あひる@滋賀 | 2006.06.03 at 06:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 地酒BAR膳 薪能の夜 | Main | 古墳もかもされてる »