« 第57回京都薪能 行きました | Main | 地酒BAR膳 薪能の夜 »

2006.06.02

平安神宮薪能の月

ゆうべの薪能、ふと空を見上げるといつしか白い三日月が、おぼろに中空に姿を現していました。

200661takigistuki

すごい数の人がいるのに、能・狂言の舞台の間は静まりかえっています。少し湿気を帯びた風がときどきほほをなでてゆく、初夏の夜。風向きによって、薪の燃える煙のにおいも流れてくるのでした。

京都の町中なのに、うちの実家の田舎の夜を連想してしまいました。


|

« 第57回京都薪能 行きました | Main | 地酒BAR膳 薪能の夜 »

ちくわ笛奏者への道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 第57回京都薪能 行きました | Main | 地酒BAR膳 薪能の夜 »