« 『Leaf』8月号にブックレビュー | Main | ゲソのキモ焼き »

2006.06.23

研ぎは研ぎ屋

スーパーに出張してはる、堺の包丁屋さん。まだいてはります。

菜切り包丁がとんでもなくなっているので、研いでもらいに行きました。

2006623mae
研ぎ前。こんな悲しい姿……。

2006623ato
研ぎ後。生まれ変わってます! どこのメーカーかもわかんなくなりました(笑)。

もちろん、言うまでも無く、切れ味はすばらしくなり、料理が快感!

「小さいときから、やっとったからな」「4種類の砥石使うて、20分くらいかけてやるから、そらもうよう切れるわ」

本当は他社の包丁は一回800円だったのですが、この前出刃を買ったので、今回無料!

出刃は、ずっとメンテしてくださるそうです。私の出刃は機械研ぎなので、手で研いでからが本当の切れ味なのだそうです。

やっぱ、職人さんってすごい!

|

« 『Leaf』8月号にブックレビュー | Main | ゲソのキモ焼き »

」カテゴリの記事

Comments

<自慢話>
ウチの実家のお父ちゃんはちゃんと自分で包丁を研ぎます。
釣った魚を美味しく食べたいがため。
<自慢にならない話>
だから娘はいつまでたっても自分でできるようになりません。

Posted by: 椿四十恵 | 2006.06.24 at 05:26 AM

>椿四十恵さん

 そーそー、うちの実家のオトンも、
 魚をさばくため出刃は自分で研いでいます。
 もともと、鎌とか研いでましたし。

 でも、やっぱ、餅は餅屋ですわ。

Posted by: あひる@滋賀 | 2006.06.24 at 01:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『Leaf』8月号にブックレビュー | Main | ゲソのキモ焼き »