« 振れ幅2% | Main | 楽に長距離走るために »

2006.07.26

助成金プレゼンと執筆依頼

この前、滋賀県文化課の助成金のためのプレゼンが行われ、委員長が一人パワーポイントで説明してくれました。お疲れ様でした!!>ひぐひぐ委員長さま

どうなるでしょうね~。

「顔出し看板」本の出版の企画だけでは苦しいか?


それと、ある博物館のある先生に、寄稿をお願いに行き、ご快諾いただけました。さすが、研究者。サイドライフワークとして、数十年、ご本業の研究のための旅行(世界中)で見かけたら必ず写真を撮っていらっしゃったのだそうです。

写真の歴史とともにある、顔出し看板の存在を、旅行の形態の変化によって見ることをおっしゃっていました。

おもろいなあ~。

「たかが顔出し看板、されど顔出し看板」とも。いやあ、原稿が楽しみです。

|

« 振れ幅2% | Main | 楽に長距離走るために »

顔出し看板BOOKへの道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 振れ幅2% | Main | 楽に長距離走るために »