« 琵琶湖一周の後遺症 | Main | かつおの刺身 »

2006.08.22

8/17余花朗「和太鼓とマリンバの夕べ」

大津市堅田にある、浪乃音酒造のうなぎ屋さん余花朗(よかろう)で、ウナギ御膳と「浪乃音」のお酒と音楽を楽しむイベントがありました。

今回は、和太鼓とマリンバということで、

ふんどし姿のお兄さんとマリンバのお姉さんが、どうセッションしはるんや?

と、あまりイメージがハッキリしないままに伺いました。

最初に、ウナギ御膳とお酒を頂いて、その後、中井社長さんのお宅のベランダへ移動し、音楽鑑賞というスケジュール。

姉御のご一家といっしょに、お酒もお料理も堪能しました。白焼きのウナギに、ハワイ産の赤い岩塩を取り合わせたのは、印象的でした。サクッとした外側と、中のジューシーさ。白身に脂たっぷりなのですが、塩であっさりと食べられます。

お酒も、大吟醸 「雄町」の酒が、「山田錦」の酒とは全く違ううまさで驚いてしまいました。浪乃音さんは「山田錦」を得意とされてて、「雄町」の酒はあまり印象に残ってなかったのです。でも、今回、「雄町」の辛さが心地よく、ウナギの脂を洗う感じがしました。

出てきたお料理どれも、お酒とあわせないともったいないものばかり。刺身はもちろんのこと、中に具が入ったくず饅頭の、よくきいたダシの味は、大吟醸にぴったり。

お料理が終わって、お酒もまわり、うっとりした気分でお庭の席に移動しました。

男女4人組のユニットは、見た目は黄色と紫の布を使った衣装で、ふんどし姿とは全然違う雰囲気。マリンバと和太鼓のほかに、アフリカの太鼓もありました。

演奏された曲は日本お祭り、阿波踊りのお囃子みたいなのもあれば、サルサだったか南米風の踊りもあり、バラエティに富んでいて楽しめました。神秘的な神を呼ぶような曲では、やっぱり琵琶湖から何か来ているかのようでした。

演奏を聴きつつフリードリンクということで、生ビールと大吟醸を飲んでました。なんて幸せな夜。ありがとうございます!


帰ってから写真をUPしようとして、がっくり。間違って全部消してしまっていたのです。琵琶湖の神様の指示なのでしょうか……。

|

« 琵琶湖一周の後遺症 | Main | かつおの刺身 »

イベント」カテゴリの記事

滋賀の地酒【湖西】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 琵琶湖一周の後遺症 | Main | かつおの刺身 »