« アダレバエのマクワウリ | Main | ももけたキャミソールの秋 »

2006.08.31

長澤蘆雪「朝顔図」のカワウソ

緑茶パフェを食べに寄った、大津市石山の伽藍堂(からんどう)。

パフェが来るまで見てた雑誌の表紙に、どう見てもイタチ、の日本画がぁ~っ!

説明を見ると、長澤蘆雪「朝顔図」の一部だそうです。ただ、朝顔の大きさからすると、イタチとしか思えないのに、カワウソだとされていました。顔つきは確かにカワウソっぽいですが、体つきはイタチですよ。

▼『和楽』7月号表紙の写真はここで見られます

|

« アダレバエのマクワウリ | Main | ももけたキャミソールの秋 »

イタチ科」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

こんにちは

2000年に開催された「長澤蘆雪展」の作品「朝顔図(和歌山草堂寺蔵・重要文化財)紹介には「図柄は、右下から左斜めに伸び上がる朝顔が図面の上辺に消え、左方の上辺から再び蔓先をのぞかせるというもので、根本近くには、朝露をしのぐ蜻蛉を狙う鼬が描きそえられている。」とありまする。和歌山県立博物館学芸課長による解説です。

Posted by: むちゃ | 2006.09.01 at 03:27 PM

>むちゃさん

 おおー、ありがとうございます。
 やっぱしイタチじゃん!!

Posted by: あひる@滋賀 | 2006.09.02 at 05:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アダレバエのマクワウリ | Main | ももけたキャミソールの秋 »