« あずる! 真夏の夜 | Main | トラ参上!上原酒造ブログ »

2006.08.23

草津出身の落語家 桂三風さん

先日、仕事で取材に行った落語会で、草津市出身の落語家、桂三風さんの噺を聞くことができました。

いらっしゃっていた3人の落語家さん(ほかに月亭遊方さん・桂ひろばさん)、どなたもさすがプロ、座布団に座ったとたんにお客の心をぐっとつかんでおられました。

桂三風さんは、なにせ地元育ちなので、「私の人生を変えたのが、この会場のお向かいの○○書店さんですよ」との語り出し。エロ本を見ようとしてお店の方にどなられ、移動して手に取ったのが落語の艶笑噺集だったそうなのです。その本をネタに、学校で落語を披露したらえらく受け、落語部のある高校への進学を決めたのだとか。

「泣く泣く膳所高校をあきらめまして○○商業に行くことにしたんですわ」。ここで会場爆笑。「ここでそんなに受けんでもよろしいがな……」。そう、膳所高校は県内でトップクラスの進学校なのです。

枕もおもしろかったけど、桂三風さん独自に編み出したという、「観客参加型落語」の「3年1組同窓会」もおもしろかったです。観客も同窓会に参加した人になって、乾杯!といっしょに飲むふりをするんです。

この前、琵琶湖一周チームとしてごいっしょした、ラッキョ丸さんも大学の落研ご出身。仕事しながら、現在も現役でがんばっている方です。なんか落語づいてるなあ~。うれしいです。「タイガー&ドラゴン」以来落語が気になるのです。

|

« あずる! 真夏の夜 | Main | トラ参上!上原酒造ブログ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

♪おれの おれの おれのはなしをきけえええ(爆)

ワタシも落語大好きです。

新宿の末広亭にはよく両親につれられて行きました。
そのせいか、未だに上方より江戸前落語のほうになじみがあったりします。

吉本とか上方のお笑い大好きなのに、なぜか落語だけは・・・。

「崇徳院」なんか上方だといいですよね。♪せをはやみ~

いいなー。さぞ楽しい会だったでしょうね!演目はなんですか?オリジナル?それとも古典?

Posted by: ちか☆boom | 2006.08.23 05:19 PM

>ちか☆boom さん

 へええ!
 末広亭に子どものときに通ってたの?
 すごいなあ、落語も日本人の教養として
 基本は押さえておきたいものですよね。
 私は、「笑点」から。

 今回の演目は、三風さんが創作の「3年1組同窓会」と古典だと思う「青菜」。
 遊方さんが創作らしい「虚礼困惑騒動」、
 ひろばさんが「ろくろ首」、これは古典でしょう。
 どれも楽しめました。

Posted by: あひる@滋賀 | 2006.08.23 05:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« あずる! 真夏の夜 | Main | トラ参上!上原酒造ブログ »